2017/06 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017/08

P7201080.jpg



唐突なお知らせですが

明日から1点ものトリッカーズのセールを開催します☆



場所:銀座店 1階と2階のTheUpperGalleryでの同時開催!!

両店共に12:00〜オープンとなります。


銀座店へのアクセスはこちら→http://www.union-works.co.jp/shop/ginza/

TheUpperGalleryは銀座店が入っている奥野ビルの二階にある物販店です。
土曜、日曜日のみ営業になります。



対象商品は・・・


P7200998.jpg

今年の6月下旬、英国出張に行ってきた際に仕入れてきた、

めずらしいスエードのブローグシューズ。


カラーは、


P7200987.jpg

ブラウン、




P7200990.jpg

キャメル、




P7200980.jpg

グレー、


P7200983.jpg

ネイビー(こちらは1点のみ)
 


P7200994.jpg



すべてダブルソール仕様のダイナイトソールがついてます。

雨の日にも気にせず履けておすすめです☆



P7200999.jpg

このようなシンプルなプレーントゥシューズもあります。

こちらはシングルレザーソールで、休日などに合わせやすいのではないでしょうか。

新入荷の商品は以上になります。





残りわずかですが、販売中の商品も合わせて値下げいたします。



まだまだおもしろいデザインが残っています。


P7201033.jpg

めずらしい色味のカントリーシューズや、




P7201044.jpg

キルト付きのブローグブーツとコンビシューズ。




P7201022.jpg

夏の時期に合わせやすいスリッポンやローファー、


P7201017.jpg

ドレスシューズとしても履けるシングルモンクなども。

これらの商品すべて、¥39,960-(税込み)です!!

※リジェクト商品の為、商品によっては小キズがある物もございます。
また商品によっては、箱、シューバック等が付かない事もございますのでご了承ください。


サイズが合えばかなりお買い得の物ばかりです。

この機会に、普段なかなかチャレンジ出来ずにいる色やデザインのシューズはいかがですか?




ご来店お待ちしております。

ありがとうございました。



ユニオンワークス銀座店  黒須






2017/07/21|販売靴コメント(0)トラックバック(0)TOP↑


 アルバートサーストンのブレシーズ 

 どこかで一度は見たことがあるアイテムではないでしょうか。

 不思議と同じ物はあまり見ないなぁ… なんて感じていましたが


 取扱いをはじめ、そのの理由が分かりました!


 ブレイシーズは無限ともいえるバリエーションがあり

 注文の際に、アレコレ細かく仕様を決めていきます。




 メインとなるストラップは
    
DSCN5113.jpg


 ボックスクロスと呼ばれるフェルトのような素材やリボン、

 エラスティックがメインですが、モコモコのウール生地やレザーベルトなども存在します。

 それぞれに幅と色のバリーエーションがあり、それプラス柄モノが加わりますので


DSCN5121.jpg

DSCN5122.jpg


 ストラップだけでもすごい種類です!



DSCN5123.jpg
 
    
 金具の色はブラスとシルバーから選べ


 留め具にも種類があります

 

DSCN5116_201707201536485f8.jpg 

 レザーエンドや


DSCN5120.jpg

 
 レザーとクリップの両方が使えるTWOinONE。



 
  IMG_2389_2017071022502224b.jpg 


 最もフォーマルなのは、ブレードと呼ばれるタイプで

 木綿などを編み込んだ帯状のモノです。


 昔は羊の腸を乾燥させ、ヒモ状にした留め具も存在したようですが

 生産者が廃業して、今では手に入らないそうです。

 根強い人気があり、それに似せたタイプも留め具として存在します。



 他にも、レザーに穴飾りのしてあるタイプが有ったりと…

 同じ物を探すほうが大変なんじゃないかと思うくらいです (笑)




 ユニオンワークスで取り扱うブレイシーズのストラップは、

 白シャツに溶け込むシルバーやピンク

 スーツに合わせやすいグレーやネイビー、ワインを選びました。




DSCN5115.jpg


 留め具はレザーにしましたので、ちょっとした解れや裂けならおまかせください!

 

 様々な素材や色、柄から厳選したブレシーズを並べておりますので

 ご来店の際は、ぜひご覧ください☆



 WEBでも販売中です。




 はじめて注文した時に、留め具のレザーは直ぐに決まったのですが



IMG_2391.jpg

  
 レザーの種類の多さに驚かされました (笑)



 何パターンあるのでしょうか…

 




 工場あおき


 

2017/07/20|その他コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 

DSC05179.jpg 


昨年末に銀座店の入る奥野ビル2階にオープンしたThe Upper Gallery。

週末のみの営業ですが、
今年はJames LockSoundmanとイギリス靴以外で魅力的なモノをポップアップショップという形でご紹介してまいりました。

第3弾となる今回は【ヴィンテージウォッチ】

期間:7月29日(土曜日)、30日(日曜日)、8月5日(土曜日)、6日(日曜日)の4日間。

場所:The Upper Gallery(銀座店奥野ビル2階)


経年変化が魅せてくれる表情など靴とも重なる面も持っているヴィンテージの時計。
 当ブログをご覧頂いている方もお好きな方は多いのではないでしょうか。


この度、The Upper Galleryでご紹介するお店は、火曜日のみ渋谷でひっそりと営業している

アドヴィンテージ
様。

イギリスのヴィンテージウォッチに特化し、ブランドネームには囚われない独自の視点と表現でヴィンテージウォッチの世界観を感じさせてくれる素敵なお店です。



それでは、以下アドヴィンテージ様より。




時計台 

ヴィンテージウォッチショップ〈アドヴィンテージ〉は、オメガやロンジンと言った名門ブランドだけでなく、それほど有名ではないブランドや、現在では存在していないメーカーが手掛けた腕時計を多数セレクトしています。

時計にとってブランドバリューは欠かせない価値であることは言うまでもありません。ですが、無名だからといって看過されてよい存在ということは決してありません。それらには一般には知られていない、秘められたストーリーが必ず存在します。同時に有名ブランドにも引けを取らない作りの良さと個性を持ち、何より美しい腕時計です。



ユニオンジャック 


革靴の面白さは、腕時計のそれと近い。私自身も革靴が好きで、今回ユニオンワークス様でトランクショーを開催するにあたりそんなことを考えました。その製造工程(ビスポークを除く)はもちろんのこと、ステッチやフォルムの細部にまで至るこだわりや、リペアしながら永く使うという独特の付き合い方まで、よく似ています。

そして同時に、大きく違う点も浮かび上がりました。それはブランドの存在感です。

革靴の場合、ブランドネームよりも靴自体のクオリティが前面に出ることが多いと思います。良質な靴は外見だけでもそれと分かります。ブランド名は靴の内側に記載されているため外からは分かりませんが、革の質感やステッチの仕上がり、全体のシルエットでブランドの見分けがつくと言う人も少なくありません。良い靴だなーと思って内側のブランドネームを見て、なるほど、と納得することも多々あります。

しかし腕時計はと言うと、何よりもまず文字盤に誇らしげに冠されたブランドロゴに注目が集まるようにできています。ブランドネームで良し悪しが判断されやすい分、良い時計でもブランドバリューに乏しいと見向きもされないことも多い。特に日本人はそのような傾向が強いように思います。



スミス 


アドヴィンテージの主な仕入先、英国では、皆さんが想像する以上に良質なヴィンテージウォッチが充実しています。それらは日本人には馴染みがなくても、現地では名の知れた老舗メーカーだったり、ジュエラーだったりします。とりわけ〈スミス〉という英国生まれの腕時計メーカーは、アドヴィンテージの世界観を体現しているブランドのひとつ。決して派手さはないものの、質実剛健にして上品、かつ個性的なラインナップは、腕時計の醍醐味を再認識させてくれる数少ない存在です。比較的保存状態が良いのも特徴で、これは英国人のモノに対する付き合い方に依るところが大きいのかもしれません。

巨大なホールディングカンパニーが無数の傘下ブランドを恣意的に操作して成り立つ現行品とは違い、各ブランドの良さが素直に表れているのもヴィンテージウォッチの魅力でもあります。アドヴィンテージが選ぶ、知られざる「本物」の味わいを是非お店で体験して下さい。


※アドヴィンテージで販売する腕時計は、すべてオーバーホールを済ませ、動作保証を付帯してお渡ししています。一本一本異なる性格を持つ各個体を丁寧にメンテナンスし、お引き渡しの際にも使用上の注意点や保証内容をわかりやすくお伝え致します。またヴィンテージウォッチに関するあらゆるご相談を受け付けておりますので、是非お気軽にお問い合わせ下さい。



ロンジン 






いかがでしたでしょうか。

当日は50本以上のヴィンテージウォッチが店頭に並び、実際に手に取ってご覧頂けることに加えて、アドヴィンテージ代表の方にも4日間全て店頭にお越し頂きますので、1本1本にまつわるエピソードを伺える良い機会になるかと思います。
ご興味ある方は是非お立ち寄りくださいませ。

それでは、後日商品紹介の記事もアップ予定ですので、どうぞご期待ください。

ありがとうございました。


銀座店 長谷川



2017/07/18|イベント、SALE情報コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ラザ 009 

リッチフィールドのデニムの入荷がありましたが、

デニムスタイルにもよく似合うバッグとしてオススメしたいのがこちら。




ラザフォードのフォリオケース。

スーツには勿論のこと、この時期の軽さのあるスタイルにも程よくマッチしてくれるフォリオ。

暑い時期は軽装になる機会が増えると思いますが、

時にはカジュアルというよりラフにも見えてしまいがち。

そんな時はこういったフォリオケースを小脇に抱えれば、

不思議と品良く見えてきます。

そんなスマートさが魅力のフォリオですが、

悩ましいのはどちらのデザインにするか?









ラザ 006 

まずは差し込みタイプのトング(タング)タイプ。

シンプルであり、なんといっても開け閉めがラク☆







ラザ 005 

さらには差し込み式なので可動域の広さもポイントです。







ラザ 004 

結構膨れてもフラップを閉じることができます。
(あまり恰好が良くないのでおススメはしませんがw)

思いがけず荷物が増えてしまったときにもなんとかなります。








ラザ 003 

対するロックは留める位置が決まっていますので、

あまり膨れてしまうと厳しいかもです。

ただ、こんなに膨れずに思ったより物が入りますし、

せっかくのスマートさですので、入れる物は適量がオススメではあります。









ラザ 007 

なんといってもロックの最大の魅力はこの豪華な顔つき。

ただただカッコイイですよね。







ラザ 008 

一見仰々しく思えるロックかもしれませんが、

この806というロックにしか出せない何かがそこにはあるように思います。

毎回開け閉めするその所作にも高揚感を感じるのではないかと。







ラザ 001 

Tongue か?







ラザ 002 

Lock か?



そこは、ピンときたほうで♪

これらのフォリオケースはユニオンワークス各店にてご用意がございます。

カラーバリエーションも含めて、お手に取ってご覧になられてみてください。



Tongue Folio

¥40,000 + tax


806 Lock Folio

¥50,000 + tax




皆様のご来店お待ちいたしております。



平日は新宿店、週末は渋谷店 花田

2017/07/17|ラザフォード バッグ 鞄コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 
001_20170714215422b08.jpg

リッチフィールドのデニム、J1(細い方)が入荷してまいりました!









003_20170714215424d6c.jpg

細身の方への朗報。

今回、新たに27インチが加わりました。

小さいサイズのご要望を多く頂いておりましたが、

これまで最少だった28インチでも大きかった方にも対応可能となりました。



























004_2017071421542474d.jpg

ごくごくシンプルなデザインと癖のないテーパードのシルエットは、

レザーシューズとの相性が良く、

大人も履けるデニムとなっています。











009_201707142154268ea.jpg

バックスタイルも余分なものがなくシンプル。

本当に必要なものは素材とシルエットの良さ。

この2つの具現化を目指したこのデニムに余分なものが無いのは必然。

ある意味、控え目に足元を支える大人のための上質な革靴のよう。

「結局はこういうものなんだよな」

という一本として履いて頂けるのではないかと思います。

それには履き込んでいった際の表情も大事な点かと思いますが、

そこもいい表情になっていきますので是非楽しんでいただければと思います☆








以前にもブログで細かい点は記事にしておりますので、

是非そちらもご覧頂ければと思います。

http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2283.html

http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2275.html

http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2202.html

http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2070.html






010_20170714215427f00.jpg

そんなリッチフィールドのデニムですので、

足元も上質なレザーシューズが良く似合います。

クラシックなローファーでいくか?


C&J Boston 2

Color : Black, Brown / Size 5h ~ 8h

¥76,000 + tax


Rutherfords 806 Lock Folio

Color : Black, Navy, Ginger Nut, Chestnut, Conker, Chocolate

¥50,000 + tax


Union Works Original Socks

¥2,900 + tax















011_2017071421542947f.jpg

夏らしくグルカサンダルでいくか?

これらだけでなく、冬場にはブーツなどにも良く似合いますので、

色々と楽しんで頂きたいと思います。







013_20170714215431116.jpg

せっかくなので、メルツとマーティンフェイジーのベルトも合わせて。


Mertz b. Schwanen

Color : White, Nature, Grey / Size 4,5,6

¥13,000 + tax


Martin Faizey

Color : Black, Brown / Size 30,32,34,36

1 inch ¥10,000 + tax

1/4 inch ¥11,000 + tax

1/2 inch ¥12,000 + tax


Rutherfords Tongue Folio

Color : Black, Navy, Ginger Nut, Chestnut, Conker, Chocolate

¥40,000 + tax


Cheaney Gurkha Sandals

Color : Black, Brown / Size 5h ~ 9

¥55,000 + tax


デニムとTシャツでカッコよく見えるのは男の憧れかもしれませんが、

愛着持って身に着け続けていると自然とその人のものになるのかもしれませんね。

だからこそシンプルで長く愛用できるものはいいのでしょうね。

リッチフィールドのデニムもそんなものの一つになれば幸いです。



Richfield J1

Size 27,28,29,30,31,32,33

¥22,500 + tax


ユニオンワークス各店にてご用意いたしております。

是非お試しになられてみてください。

皆様のご来店お待ちいたしております。



週末は渋谷店 平日は新宿店 花田
2017/07/15|ウエア、その他コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ。

   ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード