2017/03 ≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017/05
DSCF9051.jpg

革の質感がなんとも独特なグイディ。







DSCF9055.jpg

裏側を見てみると、

オリジナルのレザーソールにラバーで補強がなされています。






前回、レザーでのオールソールをご紹介させていただきましたが、

今回はお客様のご希望でちょっと変わった素材を使ってお修理いたします。








DSCF9177.jpg


DSCF9189.jpg

今回使用したのはなんとビブラムの2021ソール!

ガラッと雰囲気が変わりました!






DSCF9179.jpg

つま先からかかとの方までしっかりとした厚みがあるのが特徴。

クッション素材の為あまり重さを感じさせず、

足あたりもやわらかくなっています。







DSCF9186.jpg

ミドルソールにはラバー素材のものを使用し、







DSCF9183.jpg

ヒール部分にはオリジナルの傾斜に出来るだけ近づける為、

ウェルトとミドルソールの間にレザーを追加して挟んでいます。







DSCF9184.jpg

後ろから見ても違和感ないですね。








DSCF9180.jpg


暖かさに拍車がかかり、

冬に活躍したブーツの出場回数も少なくなったことかと思います。


来シーズンに向けて、

忘れないうちにメンテナンスしておいてはいかがでしょうか。





ありがとうございました。


新宿店 青山店 高野






2017/04/20|グイディ、カルペディエムコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

本日水曜日は全店定休日になります、ご注意くださいませ。








 IMG_3055.jpg

こちらはトリッカーズのカントリーシューズ、よく履きこまれていていい味が出てますね☆






IMG_3059.jpgIMG_3062.jpgIMG_3064.jpg

ソールはコマンドソール、ヒールがかなり減っています。

前半分はまだ大丈夫そうですが、ちょっと重いのでオールソールにて軽いソールにしたいとのご希望。

レザーソールやラバーソールは軽くはないので、候補としてはスポンジ系のソールのどれかになります。

スポンジ系のソールもいろいろありまして、ビブラム#2021ガムライトソールモルフレックスソールレンガスポンジソールなどたくさん種類があります。












IMG_3127.jpg

沢山あるスポンジソールの中でもトリッカーズにおすすめなのはこのソール☆

ロンドンスポンジソールに交換しました☆






IMG_3141.jpg

横からの見た目もいい感じです☆

ちょうどよいボリュームで、トリッカーズとの相性はバッチリじゃないでしょうか☆






IMG_3124.jpg

元々ついていたコマンドソールは重いソールだったので、ビックリするほど軽くなっていると思います☆










IMG_3085.jpgIMG_3088.jpgIMG_3092.jpgIMG_3116.jpg

こちらはパラブーツのシャンボード

こちらも素晴らしく合っていますね☆

もちろんオリジナルのラバーソールに比べるとかなり軽くなってます☆






IMG_3098.jpgIMG_3101.jpgIMG_3104_2017041203005652f.jpgIMG_3106.jpg

ドクターマーチンにもロンドンスポンジソール☆

かなりいいですね☆

こちらも元々のエアーソールよりも軽くなっております☆






このロンドンスポンジソール、トリッカーズやパラブーツ、ドクターマーチンなどボリューム感のある靴やブーツに抜群に合います☆











All Soles London Sponge  :  ¥10,800~ (税込)
※今回紹介した3足はいずれも¥12,960でした。













ただいまDMご利用期間中、ぜひご利用くださいませ☆









忙しくて店舗にご来店いただけない方も多いかと思います。 

工場に直接靴を送っていただいてのお修理も大歓迎です。

※もちろんDMも使えますので、お靴と一緒にお送りくださいませ。



How To Order :http://www.union-works.co.jp/contact/

Web Repair :http://unionworksrepair.com/#!/ 

Web Shopping :https://unionworks.stores.jp/#!/




(工場 森田)






























2017/04/19|メンズ靴修理コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
DSCF9049 のコピー

今回お持ちいただいたトリッカーズのカントリーシューズ。







DSCF9038 のコピー

ヒール部分が大きく削れてしまっており、






DSCF9037 のコピー


ソールには穴があいてしまっています。


穴があいたらオールソールのタイミング。

今回は現状と同じレザー素材でオールソールのお修理をさせていただきます。






DSCF9042 のコピー

ついでにアッパーの革のメンテナンス。

補色も兼ねて色付きのクリームで全体的に栄養を与えていきます。








ここからはお修理後のお写真。





DSCF9131 のコピー


DSCF9138 のコピー


全体的に潤いやツヤ感、元の色を取り戻すことができました!

本当にトリッカーズのアッパーの革の回復力には毎回驚かされます。








DSCF9144 のコピー


DSCF9133 のコピー


ソールの仕上げはオリジナルを忠実に再現。

厚みのあるダブルソールが、なんともトリッカーズらしさを演出してくれます。








DSCF9145 のコピー

DSCF9135 のコピー


トップピースにはDOVEヒールを使用。

かかと周りの色が薄くなってしまっていたところも、

しっかりと色を入れることが出来ました。








DSCF9132 のコピー


最近ではポカポカ陽気の日が増えてまいりました。

通気性の良いレザーソール。

これでまたガシガシ履いていただけることかと思います。



ありがとうございました。

新宿店 青山店 高野






2017/04/10|トリッカーズコメント(0)トラックバック(0)TOP↑



レッドウィングで定番モデルの1足。





DSC03964_201703151936540a5.jpg




エンジニアブーツ。






ですが、よく見るとシャフトにこんな切り込みや、





DSC03970_20170315193656ad7.jpg 







こういったストラップポケットが付いています。







DSC03971_201703151936568df.jpg 





こちらはエンジニアブーツの中でも、



「ナイフポケット」の愛称で人気を博したモデル☆






今ではその名の通りナイフを入れられている方は多くないと思いますが(苦笑)






comb.jpg  



こういったジャックナイフ型のコームをブーツのポケットに入れたりして


愉しんでる方は少くないと思います♪





そんなワイルドなタフガイですが、






DSC03972_2017031521270552f.jpg  



ウェルト部分に亀裂が入ってしまい履く事が難しい状態です。






今回はウェルトから交換してオールソールのお修理♪




DSC04025_20170315212936ad2.jpg 




出来るだけオリジナルの形状に近いウェルトを巻き直し、






DSC04027_20170315193659c2a.jpg 



しっかりと縫い込んでいきます☆





底材も、元々ついていたソールの雰囲気をこわさない様に、




DSC04028_20170315212511a3b.jpg 








DSC04029_20170315212513e23.jpg 




ビブラムの#100を装着☆








DSC04034_201703152125148fb.jpg 





これでまたタフにお履きいただけると思います♪



ワークブーツのお修理も行なっておりますので、

お気軽にお問い合わせください☆





只今ユニオンワークス全店にて、



DSC04441.jpg 




こちらのおハガキをお持ちいただくと、




お修理代の合計金額より10%オフさせていただいております。




是非この機会にご利用下さいませ。








青山店  フナヤマ



2017/03/16|レッドウィングコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
DSCF8742 のコピー

今回お持ちいただいたのはこちらのチャーチの靴。





DSCF8745 のコピー


元々は薄いラバーが貼られているレザーソールでしたが、

お客様のご要望でラバーソールにオールソールいたしました。






DSCF8847 のコピー

ラバーソールにも様々な種類がありますが、

よくご利用いただくものが左から

コマンドソール、リッジウェイソール、ダイナイトソール。


右に向かっていくほどドレスシューズ向きのソールになるのですが、







今回お選びいただいたのは、、、、








DSCF8826 のコピー


リッジウェイソール!

都会のアスファルトや多少の悪路にも対応でき、

カジュアルに履きたいドレスシューズには相性抜群です。






DSCF8833 のコピー

DSCF8836 のコピー

横から見てみるとソールの突起部分はほとんど見えないので、

グリップ力は欲しいけどあまりゴツゴツしたソールは、、、、

という方にはとてもオススメです!





DSCF8830 のコピー

DSCF8829 のコピー


ヒール部分はレザーの積み上げをはさむことで、

スッキリした印象になりました。





DSCF8854 のコピー


いつもは同じソールをお選びいただいている方も、

用途に合わせて普段とは違うものを選んでみると、

意外な出会いがあるかもしれません。






DSCF8856 のコピー


他にもまだまだラバーソールの種類はあります!

お気軽にご相談くださいませ。



ありがとうございました。


新宿店 青山店 高野




2017/03/07|メンズ靴修理コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ。

   ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード