FC2ブログ
2019/01 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2019/03


IMG_4949.jpg 

先日に続きまして今回もREDWINGのお修理です。

モデルは9015 BECKMAN

ベックマンというとプレーントゥの靴を想像される方も多いと思いますが、モカシンタイプの物もあるのですね。

現在は廃盤となっているそうで、今後新品での入手は難しそうなレア靴です☆



それでは靴の状態はというと・・・

IMG_4950.jpg 


IMG_4953.jpg 

履いているうちにアウトステッチが切れたためか、オリジナルのハーフラバーが剥がれ



IMG_4951.jpg

レザーソールまでもがすり減っています。
(ウェルトまで削れると修理が大掛かりになりますので爪先の状態には注意してください。)



IMG_4954.jpg

ヒールもかなり減っている状態。



IMG_4952.jpg 

部分修理も可能でしたが、お客様のご意向によりオールソール交換することになりました。



仕上がりはこちら


IMG_4955.jpg 



IMG_4957.jpg



IMG_4956.jpg 

コマンドソールにてオールソールしました☆

登山用として生まれたこのソールは強いグリップ力、耐久性を兼備え、軍用靴などにも採用されるタフなソール。

Vibramの#100やタンクソールとパターンが似ていますが



IMG_4961.jpg

パターンがエッジまで伸びず、中に控えていることが特徴。

そのため、パターン上をステッチが走らずステッチ切れが起きるまで長くもちます☆



IMG_4960.jpg

また中に控えたパターンは横からは見えません。



IMG_4959.jpg 

茶から黒になったコバ色とも相まってかなり引き締まった印象になりました☆





IMG_4952.jpg


IMG_4950.jpg





IMG_4959.jpg
IMG_4957.jpg


今回のお修理は

料金 ¥15,000+Tax  

お預かり期間 2週間

となります。

コマンドソールは強靭なタフさとグリップ力を備えながらも、そこまでワイルドなコバにしたくない方にオススメですよ♪

他にも多くのソールをご用意しておりますので、受付時にご希望のイメージをお聞かせください。



IMG_7833.jpg



ただいまDMとお修理品を一緒にお待ち頂ければ、期間中何度でもお修理代金10%OFFになります☆
この機会に是非、ご活用下さい!
詳しくはコチラをご覧ください。



DMはカスタマー登録がお済の方にお送りしております。
カスタマー登録がこれからの方はコチラからご登録いただけます。


カスタマー登録についての詳細は下記からご覧ください。


http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2390.html


http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2393.html


皆様のご来店、お待ちしております。



ありがとうございました。


新宿店 シン

2019/02/18|レッドウィング||トラックバック(0)TOP↑



IMG_7786.jpg



今回お持ちいただいたのは、『RED WING』の王道中の王道、『875』。


アメカジ好きな方であれば、ほとんどの方が所有しているのではないでしょうか。
レッドウィウングは私も複数所有しており、未だに増え続けています☆


そしてこちらは…



IMG_7791.jpg



アッパーに『犬刻印』のある、1996年~97年の1年間のみ発売された希少なモデルです。


発売当初から、年代を追って赤茶色になっていった革を、発売当初のカラーに戻そう、ということから、薄茶色の革に変更されたのがこちらの1足。


ですが当時、日本国内では『レッドウィングは赤茶色』というイメージが強く、
人気の赤茶色は無くしたくないという想いから、代理店がメーカーに依頼し、今までの赤茶色のモデルは『8875』と名を変え、残る事に。


以後、赤茶色の革は『オロラセット 』、薄茶色の革は『オロイジナル』と名付けられ、販売されるようになりました。


当時『875』は『8875』に比べると人気がなく、世に出回る数が少なかったため、今ではそれがレアとなり人気が出ています☆


と、ついつい紹介が長くなってしまいましたが、ここからは本題のお修理です。



IMG_7787.jpg


IMG_7790.jpg



ソールはオリジナルのトラクショントレッドソール。


軽量で、悪路を歩いても足音が立ちにくく、狩猟用靴に広く使われてたのが特徴です。



IMG_7788.jpg



つま先はまだまだ厚みがあるので問題なさそう…



IMG_7789.jpg



かかと部分は削れているので、継ぎ足してお修理をした方が良さそうです。



ですが今回は雰囲気を変えるため、オーナー様のご希望で、オールソールさせていただきました☆



IMG_7794.jpg


IMG_7795.jpg


IMG_7797.jpg



ワークブーツの定番、Vibram #100を使用し、オールソールしました☆


グリップ力が高く、耐久性、クッション性にも優れ、見た目に反して柔らかい履き心地が特徴です。



IMG_7798.jpg



ソールが剥がれてこないよう、アウトソールまで、しっかりとアウトステッチをかけています。


個人的に、アウトステッチのかかったこのソールに、ものすごくカッコ良さ、男らしさを感じます…



IMG_7792.jpg


IMG_7799.jpg



また、ソールとヒールが分れているセパレートタイプのソールなので、トップピースのみの交換が可能です。



IMG_7800.jpg



オリジナルは白いミドルソールでしたが、ここも雰囲気を変えるため、レザーのミドルソールを使用。



IMG_7801.jpg



狩猟には向かなくなってしまったかもしれませんが、より無骨でワークブーツらしい表情に☆


ナイスコバです☆



IMG_7793.jpg



弊社では様々な素材、形状、カラーのソールをご用意しています。


オールソールをするだけで、気分転換にもなりますし、その靴の雰囲気や履き心地がガラリと変わります。


好みが変わり、履かなくなった靴などがありましたら、是非ともお気軽にご相談下さい。



IMG_7833.jpg



ただいまDMとお修理品を一緒にお待ち頂ければ、期間中何度でもお修理代金10%OFFになります☆
この機会に是非、ご活用下さい!
詳しくはコチラをご覧ください。



DMはカスタマー登録がお済の方にお送りしております。
カスタマー登録がこれからの方はコチラからご登録いただけます。


カスタマー登録についての詳細は下記からご覧ください。


http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2390.html


http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2393.html


皆様のご来店、お待ちしております。



ありがとうございました。



新宿店 中田




2019/02/15|レッドウィング||トラックバック(0)TOP↑
本日水曜日、ユニオンワークスは定休日でございます。
お気を付けください。



先日に続きチャーチのお修理のご紹介です。

前回はスタッフ中田がソールの部分補修をご案内しておりましたが、
今回はソール全体の交換致しました。



靴は前回と同じ定番のCONSUL

IMG_0907.jpg



しかし今回はラバーソールタイプのモデル。

IMG_0908.jpg

一見ソールはまだ厚みがありそうですが、
フロント部の真ん中(一番地面に接する面)を指で押してみるとペコペコと凹んで
だいぶ薄くなっているようでした。



今回はこちらDainaite Sole(ダイナイトソール)を使用しソール交換致しました。

IMG_0910.jpg




元はこのようにアウトソールとウェルトの間に革を一枚挟んである
ダブルソール仕様でしたが、

IMG_0909.jpg




元々薄いラバーのアウトソールとレザーのミドルソールでしたので
今回は厚みのバランスとコストを考え、
ダイナイトソールをシングルソールでお仕上げ致しました。

ナイスなコバですね。

IMG_1125_201810162113001ee.jpg



裏から見た時のこのイボイボが特徴的なダイナイトソール

きっちり綺麗にパターンも収まっています。

IMG_1123.jpg


ウェストからヒールにかけても美しい仕上がり。

これまたナイスコバです。
IMG_1124_201810162112585e8.jpg


アウトソールの厚みが元のソールよりありますし、裏のパターン(模様)も溝が深いので、
耐久性とグリップ力が上がったと思います。

ご満足していただけるのではないでしょうか。



割と見落としがちなこちらもソール交換と一緒にお修理いたしました。

靴の内部の小指側側面に穴が開いてきています。

IMG_0912.jpg



加工を施した革パッチを当てて補強

IMG_1126.jpg


これで安心してガシガシ履けますね!



今回の費用

・ダイナイトソール ¥15000 +tax
・ライニング サイドの革パッチ(左右で)¥2000 +tax

納期  ~2weeks




2月1日(金)からこちらのDMがご利用いただけます!

image1_20190128204803ecc.jpg

image1 (2)

今回は期間中何度でもご利用いただけるDMとなっております。

詳しくはこちらのブログをご確認下さい。
http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2626.html


是非ご活用下さい!





最後までお付き合いいただきありがとうございました。



青山店 銀座店 山田
2019/01/30|メンズ靴修理||トラックバック(0)TOP↑



IMG_6514.jpg



英国が誇る1873年創業の老舗シューメーカー『Church's』。


これまで数多くのモデルを世に送り出してきましたが、その中でもビジネスを含む、幅広いシーンで活躍してくれる1足が、日本語で「領事」の意味を持つ、この名作『CONSUL』。


イギリス人大使や政治家の多くがオックスフォードシューズを履いていたことにちなんで名付けられたようです。


今回はそんな王道の一足をお修理…


と、その前に…



IMG_7121.jpg


こちらは弊社で販売しているチャーチのコンサル。


経年変化が楽しめそうなこの一足。


通常¥85,320のところ…


今ならなんと30%OFFの¥59,724


余ったら購入したいと思っていましたが、マイサイズは瞬く間に売り切れてしまい、残すはこの8ハーフの1足のみとなってしまいました…


新宿店でご用意しております。
サイズの合う方、売り切れてしまう前に是非☆


コチラからもご購入頂けます。


それでは話を戻して、ここからは本題のお修理です。



IMG_6515.jpg



ソールは全体的にすり減っていますが、厚みはまだあるので、ソール全体の張り替えは、まだしなくても良さそうです。


気になるのはつま先とトップピース…



IMG_6516_201901230058590ba.jpg



ソールのつま先は、ウェルト付近まですり減っています…


このまま履き続けていくと、ソールの張り替え時に非常に重要なパーツである、ウェルトまで削れてしまいそう…


ということで、まずはつま先の補強から☆



IMG_6869.jpg



こちらはヴィンテージスティールで補強しました。


ラバー素材やレザー素材でも補強が可能ですが、圧倒的強度を誇るスティールがおすすめ☆


私もレザーソールの靴にはほとんどと言っていいほど、このヴィンテージスティールで新品時から補強しています!



IMG_6864.jpg



コバの仕上がりも違和感なく、スティールの存在を忘れてしまいそうです♪


続いてはトップピース☆



IMG_6517.jpg


IMG_6518.jpg



トップピースもすり減り、革が積んである土台の層まで削れてしまっています…


ですが、問題なくお修理できますので、こちらもお修理させていただきました☆


IMG_6866.jpg



トップピースはオリジナルと同じダヴテイルを使用しての交換。


飾り釘もオリジナルのトップピースと同じように打ち、なるべくオリジナルに近い仕上げにしております!


IMG_6867.jpg



削れていた土台は、同じレザー素材で継ぎ足しを行い、土台を整えてからトップピースを付けています。


継ぎ足した跡はほとんど分からないレベルです!



IMG_6865.jpg



つま先はヴィンテージスティールで補強、トップピースはオリジナルと同じダヴテイルに交換しました☆


これでまたガシガシ履いていただけそうです☆


…と思いましたが…



IMG_6520.jpg


カウンターライニングに破れが…


気にはなっていたけど、こんなところ交換なんてできないしなぁ…


なんて思っている方も多いのではないでしょうか?


交換はできませんが、お修理する事は可能です☆


こちらもお修理させていただきました!



IMG_6868.jpg



何が起きているか分からない方もいるのではないでしょうか笑


ライニングの色に近い革を新たに貼り、貼った革が剥がれてこないよう、トップラインのステッチを使って縫いとめてお修理しています。


ステッチ上部の革の断面は、黒に着色することで履き口に馴染み、より自然に仕上がりました!


これで今度こそガシガシ履いていただけそうです☆



IMG_6519_20190123005904440.jpg


IMG_6863_20190123005908d9b.jpg



合わせて、アッパーも磨かせていただきました。


細かな汚れは綺麗に落ち、色もしっかりと入り、より黒くじんわりと艶が出ました。


ソールのメンテナンスはもちろん、アッパーのメンテナンスも欠かせませんね☆



IMG_6862.jpg



今回はソールのつま先、トップピース、カウンターライニングのお修理に加え、アッパーも綺麗に磨かせていただきました。


ソールやアッパーの定期的なメンテナンスは、靴を長く履く上で欠かせません。


少しでも気になることがあれば、お気軽にご相談下さい☆



皆様のご来店、お待ちしております。



ありがとうございました。



新宿店 中田

2019/01/28|メンズ靴修理||トラックバック(0)TOP↑

 
fullsizeoutput_5e8.jpeg  
 
 
IMG_5389.jpg 
   

只今販売されている「LEON 2月号」で
 
シュナイダーのジョッパーブーツをご紹介いただきました☆
 
 
IMG_5387.jpg   
 
 
 
 

 
fullsizeoutput_5cc.jpeg 
 


デザインはシンプルなワンストラップ、
 
 
fullsizeoutput_5da.jpeg 
  
 


IMG_5352.jpg  
 
 

つま先から甲にかけての綺麗なアッパーラインが印象的なジョッパーブーツです。
  
  
 


fullsizeoutput_5d3.jpeg  

 
程よいロングノーズ、 
   
 

 

fullsizeoutput_5e7.jpeg  

 
キメ細かでエイジングが楽しめる上質なカーフ、 

 
 

IMG_5353.jpg  



甲から足首へかけて吸い付くようなアッパーライン。

 

 
 
fullsizeoutput_5fc.jpeg 

 
 

それらが相まって生み出されるフィット感は他では味わえません☆ 
  
 
 

 

fullsizeoutput_5f1.jpeg 
  
 

IMG_5365.jpg 
 


fullsizeoutput_5c6.jpeg  


ソールは弊社でイギリス材料に拘り取付けております。
  
 
  
 
IMG_5371.jpg 
 

ウエスト部分はシングル、
  
 

fullsizeoutput_5fd.jpeg  
 


土踏まずからつま先にかけてダブルソールになっているスペードソール使用。
 
  
 
fullsizeoutput_5fb.jpeg 


コバのギザギザしたファジングもしっかり入ってます♪
   
 





 
fullsizeoutput_5be.jpeg 


 
シンプルなそのブーツはスラックスに合わせてもスマート。
  
 
 


IMG_5307.jpg  
 
 
 

IMG_5309.jpg 
 

 
ブーツでありながら上品な大人の印象を与えてくれます。
 
 
誌面の見出しの通り、まさに「ドレスなブーツ」ですね☆
 
  
 

 
fullsizeoutput_600.jpeg 

 
 


お色はブラックの他にチェスナットもございます。
 

 
fullsizeoutput_5eb.jpeg 
 
 

 

fullsizeoutput_5e4.jpeg  
 

 
綺麗なチェスナットカラーはジーンズに合わせたくなりますね☆
 
   


 


fullsizeoutput_5dd.jpeg  


ソール等の仕様はブラックと同じですが、
  
 

fullsizeoutput_5f9.jpeg 
 
 

バックルの色がゴールドです。 
 

 

 
 

IMG_5384.jpg  

 

どちらの色にするか悩んじゃいますね♪
 

 

 
まだまだ寒くブーツが離せない季節です。
 
 
 

ユニオンワークス 全店で販売しておりますので、

ご来店の際にはドレスなブーツを是非お試し下さい。
  


Schnieder Riding Boots × UW / Strap Jodhpur Boots

 
Color / Black , Chestnut

¥160,000- + tax 
 
 

 

青山店  フナヤマ
 

 

 

 

2019/01/26|シュナイダー ||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ。

   ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード