FC2ブログ
2019/06 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019/08


※毎週水曜日は全店定休日になります、ご注意くださいませ。



昨日の続き、私物トリッカーズの修理です。

昨日はソールをつけ終わりましたので、ヒールの取り付けからスタート☆



IMG_8370_20190702222110ea4.jpg

ヒールトップピースはソールに合わせてVibram#430ヒールを取り付けますが、少しヒールを高くしたいため積み上げの革をプラスします。



IMG_8373.jpg

貼った積み上げはグラインダーでトリミング

素材によってグラインダーで削ったり、カッターで切ったり、道具や機械を使い分けます。



IMG_8378.jpg

トリミングが出来たら長めのスクリュー釘でしっかり鉸めます☆

ここで釘は中底まで貫通させますので、中敷きはあらかじめ剥がしておきます。



IMG_8313.jpgIMG_8319.jpg

トップピースのVibram#430ヒール

元々は左のようにザグリ(接着面が少しへこんだようになっている)が入っていますが、積み上げの革の上に貼りますのでザグリを削ってフラットに加工しました。



IMG_8379.jpgIMG_8381.jpgIMG_8388.jpg

積み上げとトップピース両方にボンドを塗り接着



IMG_8387.jpg

#430ヒールは釘の穴があらかじめ開いているので、すべてに釘を打ち込みます。



IMG_8393_2019070422200363b.jpg 

ヒールがしっかり固定出来たら、余ったトップピースを削るのと一緒にコバ全体をグラインダーで仕上げます。

セルフ(三脚+タイマー)でとっていたため ほとんどまともな写真が撮れませんでしたが、ここは腕の見せ所☆

グラインダーを扱い始めのころは、跳ねてしまい滑らかに削ることができませんでした。
熟練の技が必要な、難しい作業です☆



IMG_8401.jpg

コバにインクを塗り



IMG_8403.jpg

ワックスで仕上げます
インクだけでなくワックスもかけることでいい感じの質感になります☆

これでようやくオールソールが終わりました‼‼ 長かったな~(笑)




ついでなので、ちぎれたプルトップも交換します。

IMG_8409.jpg

革を傷つけないよう慎重にステッチをほどき、元々のプルトップを外します。



IMG_8412.jpg

トリッカーズ純正のプルトップ、黒、濃茶、白の3色ご用意があります☆



IMG_8413.jpgIMG_8415.jpg

新しいプルトップをセットして、八方ミシンで縫い直します。

八方ミシンは手回しのミシン、一目一目 元のステッチ穴を追いながら丁寧に縫います☆



IMG_8416.jpg

ぴしっとしたプルトップ、気持ちいですね☆



IMG_8420_201907022233139d6.jpg 

いよいよ最後の仕上げ、磨きです☆

磨きにはサフィールノワールのミディアムブラウンを使いました。



IMG_8422_201907022233159a9.jpg 

まったくお手入れしていなかったかっさかさの革、クリームがよく入ります☆



IMG_8425.jpg

最後に新しいシューレースを通して、これで全て完成☆☆☆

勿論シューレースもトリッカーズ純正です☆









IMG_8426.jpgIMG_8427.jpgIMG_8428_201907022227079da.jpgIMG_8429.jpg

我ながらなかなかの仕上がり、#430は厚めのソールなのでカントリーブーツにもよくなじみます☆





IMG_8433.jpgIMG_8449.jpg IMG_8452.jpg 

早速履いて、数日作業してみました☆

ヒールは少し高すぎたかなと思っていましたが、履き心地も特に違和感なくいい感じです☆







・オールソール ビブラム#430 ダブルソール : ¥18,360~

・プルトップ交換(片足) : ¥2,160~

・ポリッシュ : ¥1,080~

・トリッカーズ純正シューレース 70cm(カントリーシューズ用) : ¥1,296
                120cm(カントリーブーツ用) : ¥1,620
                150cm(モンキーブーツ用) : ¥1,620











7月限定、カスタマー登録をしていただいた方は返送料をサービスしております。
※詳しくはこちらをご覧ください→http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2701.html

カスタマー登録がこれからの方はコチラからご登録いただけます。
※7月25日までに登録して頂けた方には、8月のお盆前あたりに特典付きのDMをお送りいたします。





忙しくて店舗にご来店いただけない方も多いかと思います。 

工場に直接靴を送っていただいてのお修理も大歓迎です。


郵送でのお修理 :
https://www.union-works.co.jp/order/

リペアメニュー :
http://unionworksrepair.com/#!/ 

ウェブショッピング :
https://unionworks.stores.jp/#!/









ありがとうございました☆






工場 森田

2019/07/09|トリッカーズ||トラックバック(0)TOP↑
  IMG_8238.jpg

こちら私物のTricker's Country Boots、工場で作業用として履いております。

だいぶ味が、というよりはかなり汚いですね(笑)



IMG_8241.jpg

ソールは耐久性とグリップ力が自慢のコマンドソール、作業履きにはピッタリです☆



IMG_8240.jpg

ソールが減りすぎてアウトステッチが切れてしまっています、全然気づきませんでした(汗)



IMG_8243.jpg 

プルトップは左は無くなってしまい、右はちぎれてしまっています。



IMG_8244.jpgIMG_8245.jpg

しかし汚いですね、我ながら良く履きました(笑)

オールソールしてしっかり磨きます!!

今回は私物の為 時間外の作業、各工程の写真を撮りながらゆっくり修理したいと思います☆



今回は かなり細かく修理工程を説明いたします、少し長くなりますがお付き合いくださいませ☆





IMG_8246.jpg

まずはヒールを剥がします

ピンサーを使い勢いよく、入社当時はこの作業で手にまめができ痛かったな~☆



IMG_8250.jpg
IMG_8253.jpg

ヒールを外したらソールを剥がす工程

ウェルトとミドルソールの間に包丁を入れてアウトステッチを切り、ピンサーで一気に剥がします。



IMG_8255_201906222339479aa.jpgIMG_8256_2019062300085863c.jpg 

こちらソールがはがれた状態

コルクは劣化していて、ほとんどソールに引っ付いて取れてしまいました。



IMG_8270.jpg 

ウェルトに残ったアウトステッチは丁寧に抜きます。

ひと目でも抜き残しがあれば先輩に怒られるので、大変注意が必要です(笑)



IMG_8258_20190622234029f4c.jpg

欠損したコルクはきちんと補充☆



IMG_8278.jpg

コルクを盛って1晩乾かした後。

乾くとコルクがやせるので、最初から多めに盛っておくのがコツ☆



IMG_8281.jpg
IMG_8283.jpg

余分なコルクを削り落として平らにします、これでようやくソールの貼り込みができるようになりました☆



IMG_8286.jpg

カントリーはやっぱりダブルソール、まずはレザーのミドルソールを貼り込みます。

コルク面とミドルソールの両方にボンドを塗り、両者をしっかり接着。



IMG_8287.jpgIMG_8288.jpg
IMG_8293_20190702221806c4d.jpg

余った部分をゴム切りやコバカッターでトリミングします。

ここではウェルトを削らないように注意しますが、ぎりぎりまで攻めます。

ビビッて削らなすぎると、やはり次の工程担当の先輩に怒られます(笑)



IMG_8289.jpg
IMG_8296.jpg

トリミングが出来たらプレス機にかけてしっかりと圧着し、ミドルソールの貼り込みは完了。



IMG_8297.jpg

アウトソールはVibram#430、こちらもコマンド同様ワークブーツ向けのソール☆

上質のゴムでかなり滑りにくく、踏ん張りの利くいいソールです★



IMG_8300.jpgIMG_8301.jpg

アウトソールの貼り込みはミドルソールと一緒

アウトソールとミドルソールそれぞれにボンドを塗り、接着します。



IMG_8302.jpg

ウェルトとソールをワニという工具で銜えて、よりしっかりと接着。

勿論プレス機にもかけます。



IMG_8309.jpg

トリミングが終われば、アウトソールの貼り込みまで完了☆



IMG_8330.jpg

お次はアウトステッチ

バカでかいミシンで一気に、片足10秒位で縫い上がります☆



IMG_8357.jpg

良い感じに縫い上がりました☆



だいぶ出来てきましたね☆

ちょっと長くなりすぎたので、本日はここまでにします。

続きは明日公開しますので、お楽しみに☆












7月限定、カスタマー登録をしていただいた方は返送料をサービスしております。

※詳しくはこちらをご覧ください→http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2701.html

カスタマー登録がこれからの方はコチラからご登録いただけます。
※7月25日までに登録して頂けた方には、8月のお盆前あたりに特典付きのDMをお送りいたします。




忙しくて店舗にご来店いただけない方も多いかと思います。 

工場に直接靴を送っていただいてのお修理も大歓迎です。


郵送でのお修理 :
https://www.union-works.co.jp/order/

リペアメニュー :
http://unionworksrepair.com/#!/ 

ウェブショッピング :
https://unionworks.stores.jp/#!/









ありがとうございました☆






工場 森田













2019/07/08|トリッカーズ||トラックバック(0)TOP↑



最近持ち込まれる靴の中でよく見かけるようになってきたのがローファーやスリッポン、サンダルなどの足元を軽やかに装ってくれるシューズ。


修理はもちろん、ヴィンテージスティールやハーフラバーソールの事前補強での持ち込みも多く、これからの時期に向けて梅雨が明ける前から準備をされている方が多いです。



IMG_8848.jpg



今回持ち込まれた『CROCKETT&JONES』の『CAVENDISH3』もその中の1足。
今シーズン気持ち良く履き始められるようにお修理させていただきました。



IMG_8850.jpg



まずはソールのつま先。
ウェルトギリギリまでソールがすり減っています。


つま先がすり減りすぎてしまうとソールの張り替え時にウェルトの交換も必要になり大掛かりな修理になってしまいます…
つま先はこまめに減り具合をチェックしておくと良いかもしれません。



IMG_8861.jpg


IMG_8862.jpg



つま先の補強方法はいくつかありますが今回はソールと同じレザー素材での継ぎ足し。
同じ素材なので良く馴染み、サイドから見てもほとんど継ぎ足した跡がわからないほどです。



IMG_8853.jpg


IMG_8852.jpg



トップピースもややすり減っているのでこちらも同時にお修理。



IMG_8863.jpg


IMG_8864.jpg



オリジナルと同じダヴテイルで交換。
飾り釘もオリジナルを忠実に再現しています。



IMG_8854.jpg



ソールだけでなくカウンターライニングにもダメージが。
脱ぎ履きを繰り返すうちにどうしても擦れてしまう所です。



IMG_8866.jpg



こちらは貼られていた革を外し、新たに近い色の革で交換させていただきました。
ライニングと同じスムース革でのお修理の方が馴染みは良いのですが、ローファーやスリッポンなどのシューレースのないタイプのシューズの場合ですとカカトが抜けやすいため、スエード地の革にしておくとスムース革に比べ引っ掛かりが良くなり踵が抜けにくくなるのでおススメです。



IMG_8859.jpg


IMG_8860.jpg



今回はソールのつま先の補強、トップピースの交換、カウンターライニングのお修理をさせていただきました。


お修理の内容によっては1ヶ月程いただく場合もございます。
履きたい時に履けるようお早めにお持ち込みいただくといいかもしれません☆



IMG_8905.jpg



また弊社では私も愛用しているチーニーのタッセルローファーが今年から新入荷しております。
これからの時期に活躍すること間違いなしのモデルなのでおススメです!


詳しくはコチラをご覧ください。


皆様のご来店お待ちしております。


ありがとうございました!


先日のブログにてとある疑惑をかけられ動揺を隠せない 青山店  中田



2019/06/26|メンズ靴修理||トラックバック(0)TOP↑
  IMG_7930.jpg

こちらはCHURCH'SFAIRFIELD

チャーチのクレープソールと言えばライダーとフェアフィールド☆

毛足の長いスエードに厚めのクレープソール、冬に履きたくなる靴ですね☆

冬物の靴は今のうちにお直しして、来るシーズンに備えておきましょう☆




IMG_7931.jpg 
IMG_7935.jpg 
IMG_7936.jpg 

ソールは劣化して全体的にべたべたしてきています。

クレープソールは柔らかい履き心地が素晴らしい反面、熱に弱くラバーが溶ける様に劣化する事が有ります。

劣化が始まると床や隣に置いた靴などにベタベタが付いてしまったりする事も有るので、オールソール交換をした方がいいと思います。



IMG_7942.jpg 

カウンターライニングも破れていますので、一緒に修理します☆



































【ここからは修理後】
IMG_7991.jpg 

今回はダイナイトソールに張り替えました。

クレープソール程のクッション性は有りませんが、ラバーの質感が良く滑りにくいソールです☆



IMG_7996.jpg IMG_8007.jpg  

元々のクレープソールは厚めでしたので、雰囲気を大きく変えない様にダブルソールで仕上げました。

程よい重厚感が良く似合っていますね☆



  IMG_7989.jpg 

カウンターライニングはなるべく似た色の革を使用します、いい感じに馴染みました☆



IMG_7993.jpg IMG_8006.jpg IMG_8001.jpg 

ソールが変わるだけでも全体の雰囲気は結構変わりますね☆

これでまた新しい気持ちで履く事が出来ると思います☆







(今回の修理代金)

・Rubber All Soles Dinate BRN ¥16,200

・Double Soles ¥2,160

・Counter Lining ¥4,320

※納期は2週間でした。













IMG_7833.jpg

ただいまDMとお修理品を一緒にお待ち頂ければ、期間中何度でもお修理代金10%OFFになります☆
この機会に是非、ご活用下さい!


※DMの使用期間は6月23日まで、ご注意くださいませ!!



DMはカスタマー登録がお済の方にお送りしております。
カスタマー登録がこれからの方はコチラからご登録いただけます。
※今登録して頂けた方には、8月のお盆前あたりにお送りいたします。



カスタマー登録についての詳細は下記からご覧ください。

http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2390.html

http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2393.html







忙しくて店舗にご来店いただけない方も多いかと思います。 

工場に直接靴を送っていただいてのお修理も大歓迎です。


郵送でのお修理 :
https://www.union-works.co.jp/order/

リペアメニュー :
http://unionworksrepair.com/#!/ 

ウェブショッピング :
https://unionworks.stores.jp/#!/









ありがとうございました☆






工場 森田









2019/06/17|メンズ靴修理||トラックバック(0)TOP↑
IMG_7940.jpg

本日紹介するのはJ.M.WESTON"GOLF"

油分を多く含み耐水性に優れたアッパーとラバーソールを組み合わせたタフな作り、
別名「ジャーナリストシューズ」とも呼ばれ、足で稼ぐと言われる記者が好むといわれています☆
元々はその名の通りゴルフ用の靴だったそうですが、今ではビジネスからカジュアルまで幅広く使える定番の1足となっていますね☆



IMG_7939.jpg

ソールは勿論ウエストンのロゴ入りのリッジウェイソール

耐久性が有り滑りにくく、しかし野暮ったくならないバランスの良いソールになります☆





IMG_7938.jpg
IMG_7937.jpg

ソールのつま先の方とヒールが結構減ってきていますので、オールソールをします。



IMG_7941_20190528222846636.jpg 

カウンターライニングはしっかり破れています、勿論ここもお修理しましょう☆


























【ここからは修理後】





IMG_8009.jpg 

オリジナルと同じくリッジウェイソールに張り替えました。

ウエストのロゴとパターンは違いますが、殆ど同じソールになります☆


IMG_8012.jpg IMG_8014.jpg  

横や後ろからの見た目もバッチリ☆

ラバーのダブルソールですが、ミドルソールとヒールの積み上げが革なため重い印象にならず、スッキリとした仕上がり☆





IMG_8035.jpg 
IMG_8038.jpg  

カウンターライニングはトップラインのビーディングも一緒に直しました。

踵のライニングとトップラインは傷みやすいので、こまめにチェックしておきたいポイントです☆



IMG_8032.jpg 

すっかり綺麗になりましたね☆

これでまだまだ活躍してくれることでしょう☆



(今回の修理代金)

・Rubber All Soles Ridgeway "BRN" ¥18,360

・Double Soles ¥2,160

・ビーディング補修+Counter Lining ¥6,480


※納期は2週間でした。









IMG_7833.jpg

ただいまDMとお修理品を一緒にお待ち頂ければ、期間中何度でもお修理代金10%OFFになります☆
この機会に是非、ご活用下さい!


※DMの使用期間は6月23日まで、ご注意くださいませ!!



DMはカスタマー登録がお済の方にお送りしております。
カスタマー登録がこれからの方はコチラからご登録いただけます。
※今登録して頂けた方には、8月のお盆前あたりにお送りいたします。



カスタマー登録についての詳細は下記からご覧ください。

http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2390.html

http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2393.html







忙しくて店舗にご来店いただけない方も多いかと思います。 

工場に直接靴を送っていただいてのお修理も大歓迎です。


郵送でのお修理 :
https://www.union-works.co.jp/order/

リペアメニュー :
http://unionworksrepair.com/#!/ 

ウェブショッピング :
https://unionworks.stores.jp/#!/









ありがとうございました☆






工場 森田

2019/06/10|メンズ靴修理||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ

ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード