FC2ブログ
2018/11 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019/01
J.M. WESTON
1891年、エドワール・ブランシャールにより創業されたフランス名門靴ブランド。
修理を重ねて長い期間履くこと想定してしっかりと作り込まれた靴。
洗練された普遍的なデザインが合わさることで、飽きる事なく末永く履きこむことが出来ることでしょう。

100年を越す歴史の中で多くの名作を世に送り出してきました。

その中でも人気のローファー

IMG_1300_20181120211845730.jpg

今回はウェストンの代表モデル
180 SIGNATURE LOAFERのソール交換のご紹介です。

IMG_1303.jpg

こちらはラバーソールを使用したモデル。

IMG_1304_20181120211850896.jpg

ウェルトとラバーのミドルソールを縫い留めた後に
アウトソールを接着剤で留めています。


IMG_1305_20181120211915515.jpg



写真でもお分かり頂ける通り
アウトソールはまだ厚みが残っていますが、
加水分解によってミドルソールがボロボロと崩れてしまっています。

IMG_1306_20181120211917dd1.jpg


この状態ですと、ソール交換が1番オススメ。



今回はリッジウェイソール使用してソール交換致しました。

IMG_1500.jpg


IMG_1501_20181120211921315.jpg

元はラバーのミドルソールでしたが、今回はレザーのミドルに変更。

IMG_1502.jpg

ラバーのアウトソールを接着のみで留める場合は接着の相性からラバーのミドルを使う事がほとんどですが、
しっかりとアウトソールまで縫込みをかける場合は断然レザーがオススメ。

ラバーより足馴染みが良い上、劣化もしにくいです。




リッジウェイのヒールパーツ(トップピース)は2種類のご用意がございます。

IMG_1504.jpg


デザインの違いはございませんが、厚みが違います。


ブロックヒール

IMG_1505.jpg

約16ミリ



ライトヒール

IMG_1506_20181120212005689.jpg

約11ミリ



5ミリ程度 厚みに差がございます。



靴自体のヒールの高さバランスは基本変えませんので、
単純に横から見たときのゴム部分の分量が変わってきます。


今回はライトヒールを使用

IMG_1503.jpg



ブロックヒールに比べて、ソールとトップピースの間の革の量が多いのでより高級感が出ます。



アッパーの擦れや乾燥も見受けられたので

IMG_1302_201811202118472d4.jpg


しっかりと磨いて


IMG_1508_2018112021202873f.jpg



完成です!


IMG_1499_20181120211918af4.jpg


IMG_1500.jpg


これでミドルソールの加水分解の心配もなく
アウトソールが無くなるまでガシガシ履けますね。



そのお靴の構造、スタイル、履かれるシーン、
お客様とのお話の中からベストなお修理方法をご提案させていただきます。


是非ご相談下さいませ。




お付き合い頂き有難うございました。




只今 弊社 銀座店、青山店 にてLockwood Umbrellas POP UP 開催中!
WEB SHOPPINGでもお買い求めいただけます。

詳しくはこちらのブログをご確認下さい。

http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2615.html




渋谷店 山田
2018/11/26|その他の修理||トラックバック(0)TOP↑



IMG_5045.jpg



今回お持ちいただいたのは、カンペールのレザースニーカー。


年齢性別を問わず、世界中で支持され続けているブランドの1つで、丸みを帯びた独特のフォルムと、個性的なデザイン、履き心地の良さが特徴の、スペインで誕生したブランドです。


今回お持ち頂いたモデルも、カンペールらしい独特なソールなのですが…



IMG_5046.jpg


IMG_5047_20181021211257481.jpg



特徴的なソールは全体的にすり減り、中央には穴が空いています。



IMG_5048_20181021211258d43.jpg


IMG_5051_2018102121130344e.jpg


かかと部分も大きく削れ、中央と同じように穴が空き、ソールの中の空洞が見えてきています。


多くの方は、このようなスニーカータイプのお靴であれば、このまま履き潰す選択をしてしまうかもしれません…


今回のお靴のように、アッパーに大きなダメージがない場合、履き潰してしまうのは益々勿体ないですよね…


ですがこのお靴の場合、見た目はスニーカーのようですが、構造はオールソールできる構造になっています!


という事でオールソールしました!



IMG_5052.jpg


IMG_5053.jpg



純正のソールは残念ながら持ち合わせていないので、弊社で取り扱っているラバーソールを使用しました。
カラーはお客様のご希望でダークブラウン。
アッパーと同じく茶系のソールなので、違和感なく自然な仕上がりです。



IMG_5058_201811162107294b3.jpg



オリジナルのソールは接着のみで付いていましたが、今回は中底を使ってソールを縫い止めました。


中底とソールをしっかりと縫い止めることにより、ソールがペロンと剥がれてしまうのを防ぐことができます。



IMG_5049.jpg



写真では分かりづらく、靴をバラしてみると分かるのですが、カンペールのお靴はほとんどが、ソールがアッパーのサイドを包み込むように、少し反り上がって付けられています。


なので、元々付いていたソールを外すと、アッパーの包み込まれていたサイドの部分に、ソールが接着されていた跡が出てきてしまいます。


ですのでそのままソールを付けるのではなく…



IMG_5054_20181021211308eed.jpg



飾りウェルトを一周巻いてから、ソールを付けました。


飾りウェルトを巻くことにより、接着跡をキレイに隠すことができました☆



IMG_5050_201810212113019fa.jpg


IMG_5056.jpg



コバの形状もオリジナルと同じように仕上げ、



IMG_5057_20181021211312844.jpg



オリジナルのソールは、前半分は薄く、後ろ半分は厚くなっていたので、オールソール後もオリジナルと同じように、後ろ半分は厚みを出すように仕上げました☆



今回のように、スニーカータイプのお靴でも、構造によってはオールソールできる場合があります。


純正ソールは、残念ながらご用意できなかったですが、なるべくオリジナルに近い仕上げにする事ができました。


『この靴、気に入ってるけど修理できなそうだし、このまま履き潰すしかないかなぁ…』


なんて思っている方も多いのではないでしょうか?


オールソールや、オールソールができなくても、部分的にお修理をする事も可能かもしれません。


履き潰してしまう前に是非ご相談ください☆



皆様のご来店、お待ちしております。


ありがとうございました。


渋谷店 新宿店 中田



2018/11/19|その他の修理||トラックバック(0)TOP↑
WEB限定10%OFFセール、終わっちゃいましたねぇ。

皆様、お買い物楽しんでいただけましたでしょうか。

沢山のご注文いただきまして本当にありがとうございました!

ということで、物販はちょっとおなか一杯かと思いますので今週はちょっと休憩。

実はまた色々と入荷してきてますのでその辺はまた追ってご紹介いたしますのでお楽しみに。

今週は個人的に久しぶりの修理ブログです。




さて早速ですが、 ある日靴を見ると、

なんか白っぽくなっている!とか革がボコボコになってる!!

なんて経験はございませんでしょうか?

それは大抵、雨に降られて靴がぐしょぐしょに濡れてしまった後に現れます。













001_20181025220231f95.jpg





002_20181025220233d3a.jpg

例えばこんな症状です。

これは簡単に言うと濡れたところがふやけてそのまま乾いてしまった状態とでも申しましょうか。

なのでつま先や、ソール周りの濡れやすい所に主に現れます。







003_20181025220234ec3.jpg






004_2018102522023602f.jpg

こういった場所ですね。

こうなってしまうとなかなか簡単に綺麗にはなりません。

しかしご安心を!

弊社のリペアメニューの中には染み抜きなるものがございます。

完璧に元通りとまではいきませんが、かなり症状は回復することが可能です。

ビフォーアフターをいくつかご用意いたしましたので早速見ていきましょう。









016_20181025220254a15.jpg

先程のお靴のアフター。





017_20181025220255070.jpg

つま先のボコボコはほとんどなくなりましたね。






018_20181025220257eb6.jpg






019_20181025220258cc3.jpg

サイドのウエルト付近も綺麗になりました!

乾燥等で硬くなっていた部分も柔らかさが戻り、

革の表面もふっくらとしました。

それでは次のお靴へいきましょう。











008_20181025220242b08.jpg

続いてはこちらのエドワードグリーン。

革のボコボコの症状は然程見られませんが、

つま先が白くモヤモヤとしています。





009_20181025220243905.jpg

サイドにもボールジョイントのソール付近に症状が出ています。

これは一般的に塩分が浮き出てきたものと言われています。

足はとても汗をかく部分で革には思った以上に汗が染みこんでいます。

汗には塩分が含まれますので、

それが濡れたことによって成分が表面化し乾燥して可視化したものということだそうです。

こちらも染み抜き作業をした結果どうなったでしょうか。













010_20181025220245515.jpg








012_20181025220248747.jpg

こちらも綺麗になりました!

白くモヤモヤとしたものは無くなり、カサカサもしっとりとしました。







011_20181025220246684.jpg

サイドも綺麗になり、革のもっちり感もかなりいいところまで回復しました。

次のお靴にいきます!









005_2018102522023722f.jpg

ラストはこちら☆








006_20181025220239f13.jpg

こちらはかなり強敵。。。

頑固そうなボコボコ状態。






007_20181025220240789.jpg

甲の部分まで症状が出ています。

かなり革も硬くなってしまっていますがどこまで改善できたでしょうか。








013_201810252202497d2.jpg

アフターがこちら。

だいぶ良い状態になったのではないでしょうか。






014_201810252202519e9.jpg

かなり頑固でしたがつま先のボコボコは落ち着きました。







015_20181025220252d98.jpg

甲の部分もだいぶいい所まで改善しました。

これでまた気持ちよくお履きになって頂けるのではと思います。




今回の3足は革も上質かつ、加工のない素直な革もあってかいい改善が見られました。

加工感のある革などはなかなかうまくいかないこともございますが、

似たような症状でお悩みの方がいらっしゃいましたら是非一度ご相談ください。

今回は黒でしたが、茶色のお靴などもまた機会を見てご紹介できればと思います。





それにしても朝晩は冷える日もチラホラと、

冬物が着れそうな日が増えてきました。

コートの季節も楽しみです。






001_201811022144288bd.jpg





002_20181102214430852.jpg




003_20181102214430014.jpg


これらのこだわりのコート類も店頭にてご用意いたしております。

ご来店の際はぜひご覧になられてみてください。

皆様のご来店、お待ちいたしております。




新宿店 花田

2018/11/03|その他の修理||トラックバック(0)TOP↑
 
 

IMG_4061.jpg 
 


程よい見た目のリラックス感に、

軽くて柔らかい履き心地が魅力的なドライヴィングシューズ。

 

IMG_4063.jpg 

  

今回は3足お持ちいただいて、
 
1足は一度履いただけ、2足は新品でお持ちいただきました。
 




ん? 新品?? 一度履いただけ??


と思いでしょうが、
 
 


一回履いたお靴を拝見しますと、
 

 
IMG_4068_20180923232508819.jpg 
 
  
 
本体のつま先部分が白く削れてるのが見えますでしょうか??

地面に擦れてつま先部分が削れて白くなっています。
 

 
 

ドラヴィングシューズにも様々なソールの仕様はございますが、 
 
今回のソールの仕様によってはゴム部分が靴本体の

つま先やカカトより内側に控えてあります。 
  
 
IMG_4066.jpg 
 
 

IMG_4067.jpg  
 
 
ですので靴本体のつま先が地面に擦ってしまい易く 
 
先程のように削れて白くなり、

履き過ぎてしまうと気づかないうちに革が削れて穴が開いてしまう事もございます。
 
 
  



そこで地面に擦らない様にオールソール☆
 
 
IMG_4135_201809232330402b4.jpg 
 


靴本体が地面に擦らないようにソール張り出させて取り付けます。

 

 
 
IMG_4133.jpg 
 
 
 

 
IMG_4134.jpg  
 

ソールの張り出し具合は靴の雰囲気を壊さないギリギリの所に調整。
  
 

 
 
 
IMG_4136.jpg 
 
 
 
横からの見た目もスマートですね☆
 
 

 
IMG_4074.jpg 


足当たりの柔らかい履き心地も維持できるように、
 
 

IMG_4077.jpg  
 
 
 
柔軟性のあるソールを使います。
 
 


 

 

ソールの仕様もつま先からカカトまで繋がっている一枚もの仕様と、 
 

 
IMG_4140_20180923233046153.jpg 
 
 
 
ウェストのブランドロゴを境につま先側とカカト側に分けてお付けする事も出来ます。
 
 

 
 

IMG_4143.jpg 
 

 
これで気兼ねなくお履きいただけると思います☆


 
 

新品に限らず履きおろされているお靴でもオールソール出来ますので、

是非お気軽にご相談いただければと思います。



青山店 フナヤマ  
 
 




2018/09/25|その他の修理||トラックバック(0)TOP↑
B-george_cox.gif


GEORGE COX
1906年、イギリスのノーザンプトンで、ジョージ・ジェイムズ・コックスにより創業されたメーカー。
創業当時から、グッドイヤー・ウェルト製法と、ジョージコックス社独自のウェルト製法による製品を生産し、高い評価を得ていました。
中でも分厚いクレープソールを使用したBlothel Creeper(ラバーソール)は人気で、現在も多くの人々を魅了し続けています。



今回はそんな根強い人気を誇るラバーソールのお修理です。

IMG_1075.jpg


なんといっても特徴はこのソール

IMG_1077.jpg

厚みのあるクレープソールを独自のグッドイヤーウェルテッド製法で使用している為クッション性が高く、また履けば履くほど足にフィットし履き心地抜群です。



裏からソールを見てみると、、、

内部のスポンジが見えてしまっています。
この厚みのあるクレープソールは内部がスポンジになっており、
スポンジでソールの形を形成した後、クレープで周りを覆った仕様になっております。

IMG_1076_20180415210434bdb.jpg

このようにソールの磨耗によって中のスポンジが見えてきた場合のお直し方法は大きく分けて2パターン

削れてしまった厚み分、クレープを継ぎ足すか、ソールを丸々交換するかです。


弊社では、元と同じ仕様で(クレープソール)でソール交換も出来ますが、今回は雰囲気をあまり変えずに尚且つ軽くしたいというお客様のご希望でしたので、Vib#2021を使用し丸々ソール交換させて頂きました。


IMG_1122.jpg


厚みもあるソールですし黒いので横から見るとそこまで雰囲気は変わりません。

IMG_1124_20180415210438fc4.jpg

全てスポンジで出来ているソールですので軽さも出て
お客様のご希望に添えたのではないでしょうか。


今回の費用は
ラバーミドルソール ¥2,000
Vib#2021 ¥11,000

Total ¥13,000 + tax



永く愛される物には理由が必ずあります。
GEORGE COXも永く愛される物の1つ。

是非お試し頂いて、その理由を見つけてみて下さい。
その中で弊社にお修理に持って来ていただけたらとても嬉しく思います。




ダイレクトメール届いてますでしょうか?

こちら受付の際にご提示頂くとお修理代金10%offになります。
是非ご活用下さいませ。
IMG_0345_201808151603577d7.jpg



お付き合い頂きありがとうございました。



渋谷店 山田
2018/08/23|その他の修理||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ。

   ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード