FC2ブログ
2020/09 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020/11


今時期はついつい出番が増えるスリッポン。

その中でもタッセルローファーはたまにこのような症状があります。



IMG_1630_20200729221134900.jpg

遠くからだとパッと見気付きにくいですが

もう少し寄ると



IMG_1631_20200729221135836.jpg

タッセルの紐が切れてタッセルごと無くなっています。



IMG_1632.jpg

もう片方も切れかけているので一緒にお修理することにしました。



IMG_1633_20200729221138a4e.jpg

まずは途中で切れている紐に似よりの革を使って継ぎ足します。



IMG_1634.jpg

それを結び直して



IMG_1635.jpg

後はタッセルを作って継ぎ足した紐に取り付けていきます。




仕上がりがこちら。


IMG_1636.jpg

寄りで見ると多少革質の差が出ますが



IMG_1637.jpg

引きで見るとそこまで気になりません。

履着込むことでさらに馴染んでいくと思います。



タッセルローファーの顔とも言えるタッセルが取れてしまう。

細い紐で支えていますので構造上どうしても負荷がかかり過ぎてしまいます。

復元!とまではいきませんが、できる限り違和感のないよう仕上げます。

是非ご相談ください。




8月11日までご来店のさい2足以上お持ちいただくと
仕上がったお靴を送料無料で返送させていただくキャンペーンを実施中です。

この機会に是非ご利用下さい。

※配送でのご依頼の方は往復の送料が無料になります。

詳しくはコチラからご確認下さい。  
 

 
インスタグラムのDMを使ったお見積もりもお受けしております。

お気軽にご相談いただければと思います。

banner_instagram.png


ありがとうございました。 
 
横浜店 シン
2020/07/30|その他の修理||トラックバック(0)TOP↑

前々から革靴のお手入れの仕方をどうしたら良いかというご質問がちらほら。

手入れに決まりはなく、人によってその方法は様々ですが

今回はオーソドックスなケア方法をご紹介します。



IMG_9716.jpg      

こちらはお磨きでお預かりしたジョンロブのサイドゴアブーツ。

以前はよく履いていたが気分が変わりしばらく放置していたそうです。




IMG_9717.jpg

寄ってみると革が乾燥し白っぽくなっています。

いくら良い革でも乾燥したまま放っておくのはいけません。

しっかりケアしていきましょう。



まずはブラシを使い付着しているゴミやホコリを払います。

その後、汚れや古いクリームを落とす作業を。


IMG_9718.jpg

ここではブートブラックのツーフェイスプラスローションを使用。

こちらは水性と油性どちらの汚れも落とすことができるので大体の軽い汚れはこれ一本で落とせます。

適量を布にとり、汚れを拭き取るようにしてあげます。



IMG_9719.jpg

表面に付着した汚れや古いクリームが落ち、スッキリとしました。

今回は革が乾燥していたので続いての作業は潤いを与えます。



IMG_9720.jpg

ここではモウブレィより水分の多いデリケートクリームを使用。

このクリームにはラノリンという成分が含まれています。

ラノリンは高い保湿効果と柔軟効果が特徴。

浸透力もあり革に潤いを与えて乾燥やひび割れから守ります。

化粧品なんかにも使われている有名な成分です。



IMG_9721.jpg

ブラシや布を使っても良いですが今回は指を使って馴染ませます。

履きジワの部分はシワに沿って少し多めに。(多く塗るから効果が高いのかは不明です。気持ちの問題で。笑)




IMG_9722.jpg

画像では判断しづらいですが潤いを取り戻しモチっとした質感になりました。

次はいよいよクリームを入れます。




IMG_9723.jpg

今回はサフィールノワールのクレムを使いました。

クリームはどのメーカーも基本的には大きく3つの成分からできています。

それは”水”、”油”、”ロウ”。いわゆる乳化性というやつです。

各メーカーや商品で細かい成分や配合の割合に違いはありますが、大まかにいうとこの3つ。

どこのクリームを使っても基本的には問題ありません。お好みでお選びください。

そんな中、今回使用するクレムは油性のクリーム。

つまり水分を含んでいません。

乳化性クリームのナチュラルな仕上がりと比べてギラッと艶がます。

また補色効果も強いので見栄えの良い仕上がりとなります。

ドレッシーな靴との相性が良く、個人的にも大好きなクリームです。


こちらも先ほどと同様に指で塗り込んでいきます。

ここで多く塗るのが良いとお考えの方が多いのですが

薄〜く塗り広げるような感じで十分です。

私の場合は片足に米粒5、6粒程の量を伸ばしていきます。



IMG_9724.jpg

クリームを薄く伸ばしました。



IMG_9726.jpg


IMG_9730.jpg

その後、豚毛ブラシでクリームを均等に馴染ませます。




IMG_9732.jpg

これだけでもかなり艶が出てきますが




IMG_9733.jpg

最後に馬毛ブラシで不要なクリームを取り仕上げます。

(仕上げに山羊ブラシを使うと一層艶が出ますが、馬ブラシでも十分です。)




IMG_9736.jpg

そして仕上がった靴がこちら。



磨く前と比べてみると


IMG_9716.jpg

Before



IMG_9736.jpg

After
乾燥し白っぽくなっていた革が本来の黒さと輝き、柔軟性を取り戻しました。

乾燥したまま放置するとひび割れの原因になりますので定期的なケアをオススメします。

今回ご紹介したケアグッズはユニオンワークス各店にご用意しておりますのでぜひご利用ください。

もちろんお磨きのご依頼も承りますのでお気軽にお申し付けください。

・Polish ¥1,100〜






ありがとうございました。





横浜店 シン

2020/01/31|その他の修理||トラックバック(0)TOP↑
メリークリスマス! 
IMG_3199.jpg


今年も残すところあと僅か、毎度のことですがあっという間の一年でした。

皆様今年やり残したこと、買っておきたい物はございませんか?
あと一週間ありますのでまだ間に合うこともあるかも知れませんね!

只今ユニオンワークスセール開催中!
詳細はこちらのブログで↓
http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2782.html

店頭はもちろん、WEBからもお買い上げいただけますので、是非覗いてみてください☆


今年中にやっておきたいことの一つとして
靴のメンテナンスをお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今からお預けいただくとお修理内容によっては年内のお渡しが難しいですが、
来月中にはお渡しできるメニューは多いです。

来年一月からキレイになった靴で仕事始め。
気分も良いと思います。是非ご検討くださいませ!


今回は割と浸透、定番化してきている靴のソールの補強方法をご紹介。
新品時、履き始めのタイミングで行うのがお勧めです。

先ずはこちらの靴
IMG_3167.jpg

まだ1,2回しか履いていないとのことですが
IMG_3168.jpg


つま先の削れが…

削れるスピードがあまりにも早く心配との事で、
何か補強をしたいとお持ち込みくださいました。
IMG_3169.jpg

ご提案させて頂いたのはこの組み合わせ
ハーフラバー + ヴィンテージスチール
IMG_3170.jpg

つま先の補強に特化したスチールとソールの接地面の保護、耐水性、
グリップ力向上の効果があるハーフラバー。
最強の事前補強です。

仕上がったものを裏から見るとこのよう感じ
IMG_3178.jpg

削れていた爪先には事前に革を継ぎ足し、厚みを元に戻したうえで取り付けています。
IMG_3177.jpg

段差もなくきれいな仕上がりです。


お次は新品の靴
IMG_3171.jpg

IMG_3172.jpg

同じ補強を施しました。

IMG_3173_20191216212828bf0.jpg

IMG_3180.jpg

IMG_3181.jpg

こちらも段差がなく、ものすごく馴染んでいるのではないでしょうか。

IMG_3182.jpg

今後この組み合わせで補強をした靴を履いていくと、
恐らくスチールより先にハーフラバーがダメになってしまう事がほとんどです。

その際はスチールを残したまま
ハーフラバーの張替えができることもこの補強方法の大きなメリットだと思います。

・ハーフラバー + ヴィンテージスチール (新品の靴) ¥7500~ +tax
( 使用後)  ¥8500~ +tax


後々のランニングコストを考えると大分お得なメニューですので、是非お試し下さい!

皆様のご来店お待ちしております。



最後までお付き合い頂きありがとうございました。


ユニオンワークス全店12月30日(日)~1月8日(水)まで冬期休暇をいただきます。
ご不便をおかけしますが、ご理解の程何卒宜しくお願い致します。



青山店 新宿店 山田
2019/12/24|その他の修理||トラックバック(0)TOP↑
本日水曜日
ユニオンワークスは定休日でございます。



3月も半ば、新年度が近づくと共に春の陽気になってまいりました。

コートが着れなくなるのは寂しいですが、軽装で出かけられるこれからの時期は散歩するにはもってこいの季節ですね。


今回は散歩のお供にぴったり

トップサイダーのデッキシューズのお修理のご紹介です。

IMG_0534.jpg

IMG_0533.jpg

特徴は何といってもこのスペリーソール

IMG_0535.jpg

元々デッキシューズとはヨットやボートなど船の甲板(デッキ)で使用されていた靴です。

アッパーには水に強いオイルドレザーを使用した物が多く、水に濡れた甲板でも滑らないようにアウトソールには切り込みが刻まれています。

この切り込みによりソールとデッキの間にある水を効率よく排出することができ、
乾いた状態と変わらないグリップ力を発揮します。

デッキソールで最も有名なのが波型の切込みが入った「スペリーソール」です。

自身セイラーでもあったポール・スペリーは、
氷上を走り回る愛犬の姿からインスピレーションを得て、
1953年に「スペリーソール」を開発。

その後、自らのブランド「トップサイダー」だけではなく、
多くのブランドがデッキシューズにこのソールが採用されています。


IMG_0536.jpg


お持ち込みいただいた靴

ソールはまだまだ残っていましたが、
加水分解が始まっておりましたのでソール丸々交換することに。



使用するのはこちら
Vibram #2303
IMG_0831.jpg

(波型の切込みが分かりやすいように写真は黒のソールを撮っています)


本来の履き心地を損なわないように同じく波型の切れ込みが入っております。

IMG_0830.jpg

この切込みにより滑り難さはもちろん、ゴム質も柔らかめなので
グリップ力、クッション性にも優れています。



元々のソールが割と厚みのあるものでしたので、
ラバーのミドルソールを一枚かませ中底と縫込み、
最後にvib #2303を張りつけて完成。

IMG_0828.jpg


IMG_0827.jpg



IMG_0829.jpg

雰囲気も履き心地も変わらずお直しできたのではないでしょうか。


アッパーは馴染みの良いアンライニングのオイルドレザー、ソールも屈曲性、クッション性、グリップ力に優れたもの。

急な雨の多い春、デッキシューズの出番が増えるかもしれませんね。


・Vibram#2303   ¥11,000
・ラバーミドル   ¥2,000     

Total ¥13,000+tax

納期 2weeks~






ただいまの期間DMとお修理品を一緒にお待ち頂ければ、何度でもお修理代金10%OFF!! 6月23日まで!

IMG_7833.jpg

この機会に是非、ご活用下さい!


DMはカスタマー登録がお済の方にお送りしております。
カスタマー登録がこれからの方はコチラ↓からご登録いただけます。
https://union-works.secure.force.com/


今登録して頂けた方には、8月のお盆前あたりにお送りいたします。



カスタマー登録についての詳細は下記からご覧ください。

http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2390.html

http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2393.html

 






最後までお付き合いいただきありがとうございました。




青山店 銀座店 山田
2019/03/13|その他の修理||トラックバック(0)TOP↑
J.M. WESTON
1891年、エドワール・ブランシャールにより創業されたフランス名門靴ブランド。
修理を重ねて長い期間履くこと想定してしっかりと作り込まれた靴。
洗練された普遍的なデザインが合わさることで、飽きる事なく末永く履きこむことが出来ることでしょう。

100年を越す歴史の中で多くの名作を世に送り出してきました。

その中でも人気のローファー

IMG_1300_20181120211845730.jpg

今回はウェストンの代表モデル
180 SIGNATURE LOAFERのソール交換のご紹介です。

IMG_1303.jpg

こちらはラバーソールを使用したモデル。

IMG_1304_20181120211850896.jpg

ウェルトとラバーのミドルソールを縫い留めた後に
アウトソールを接着剤で留めています。


IMG_1305_20181120211915515.jpg



写真でもお分かり頂ける通り
アウトソールはまだ厚みが残っていますが、
加水分解によってミドルソールがボロボロと崩れてしまっています。

IMG_1306_20181120211917dd1.jpg


この状態ですと、ソール交換が1番オススメ。



今回はリッジウェイソール使用してソール交換致しました。

IMG_1500.jpg


IMG_1501_20181120211921315.jpg

元はラバーのミドルソールでしたが、今回はレザーのミドルに変更。

IMG_1502.jpg

ラバーのアウトソールを接着のみで留める場合は接着の相性からラバーのミドルを使う事がほとんどですが、
しっかりとアウトソールまで縫込みをかける場合は断然レザーがオススメ。

ラバーより足馴染みが良い上、劣化もしにくいです。




リッジウェイのヒールパーツ(トップピース)は2種類のご用意がございます。

IMG_1504.jpg


デザインの違いはございませんが、厚みが違います。


ブロックヒール

IMG_1505.jpg

約16ミリ



ライトヒール

IMG_1506_20181120212005689.jpg

約11ミリ



5ミリ程度 厚みに差がございます。



靴自体のヒールの高さバランスは基本変えませんので、
単純に横から見たときのゴム部分の分量が変わってきます。


今回はライトヒールを使用

IMG_1503.jpg



ブロックヒールに比べて、ソールとトップピースの間の革の量が多いのでより高級感が出ます。



アッパーの擦れや乾燥も見受けられたので

IMG_1302_201811202118472d4.jpg


しっかりと磨いて


IMG_1508_2018112021202873f.jpg



完成です!


IMG_1499_20181120211918af4.jpg


IMG_1500.jpg


これでミドルソールの加水分解の心配もなく
アウトソールが無くなるまでガシガシ履けますね。



そのお靴の構造、スタイル、履かれるシーン、
お客様とのお話の中からベストなお修理方法をご提案させていただきます。


是非ご相談下さいませ。




お付き合い頂き有難うございました。




只今 弊社 銀座店、青山店 にてLockwood Umbrellas POP UP 開催中!
WEB SHOPPINGでもお買い求めいただけます。

詳しくはこちらのブログをご確認下さい。

http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2615.html




渋谷店 山田
2018/11/26|その他の修理||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ

ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード