2017/07 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017/09
 002_20170725233819a4a.jpg

本日は、久しぶりに新ブランドのご紹介です。

1899年創業のアルフレッドサージェントです♪

創業以来家族経営を続け、

その真面目で丁寧な物づくりから数々の有名ブランドのOEM商品の生産を手掛けてきたメイカーです。

物づくり、価格帯の良さ等、実力十分なアルフレッドサージェントですが、

その印象は、、、地味。不思議なほど地味です。

いいもの作るのになんでだろう?というほど。




以前からご存知の方は、そんな印象の靴ではないかと思いますが、

しかしながらその商業面の不器用さというか、

そんなところがかえって物作りへの信頼は高まるところのように思います。



しかしそれも今や昔の話。

数年前にフランスのBOWEN(ボウエン)という会社の傘下に入り、

フレンチのモダンなエッセンスがうまく混ざり、

以前の地味な印象とは異なる靴へと進化しています。

そんなアルフレッドサージェントの靴を3型仕入れましたのでご紹介したいと思います。










003_201707252338205a5.jpg

まずはこちらの「MOORE」

アデレードパンチドキャップ。

シャープなスクエアトウが印象のラスト124を採用した1足。







018_20170725233838727.jpg

サイドウォールの立ち上がりもスクエアなキリッとした表情。





019_2017072523384017a.jpg

ブローギングの細かい仕事も綺麗です。

アンティーク加工も程々に、自分好みに作っていけるのも嬉しい点。







014_201707252338342b1.jpg

立体感のあるこちらのラストは、

ウエストの絞りや立ち上がりがしっかりしていて土踏まずのフィットがとても気持ちがいいです。







010_201707252338287ba.jpg

サイド。






011_20170725233829fc6.jpg

バック。








012_20170725233831d33.jpg

ヒールカウンターのデザインにモダンさを感じます。

ヒールは小さく高めな設定。

コテも綺麗に入っています。








008_20170725233825685.jpg

作りについては総じて、

このアウトステッチが細かくて綺麗に縫われているのは素晴らしいと思います。






017_2017072523383747c.jpg

ウエルトも奥まって縫われており、上から見てもあまり見えません。

このあたりに仕事の丁寧さを感じます。








013_2017072523383228c.jpg

ソールはシングルレザーソール。

ソールの仕上げも綺麗です。







004_20170725233822bdc.jpg





007_20170725233823a29.jpg

こちらの「MOORE」はブラックとブラウンの2色です。












020_20170725233841a8e.jpg

続いては「CHARLTON」

エプロン(Uチップ)ダービーです。

ほんのりスクエアなトウと、

先程の124ラストに比べややリラックスしたフィットのラスト99のモデルです。








026.jpg

ややロングノーズのトウは、

Uチップのデザインに適度なモダンさを加えてくれます。







024.jpg

丸みのあるこちらのラストは全体的に柔らかさを感じるフィッティング。

リラックスして履きたいこちらのモデルにはピッタリかと思います。







025_201707252339168eb.jpg

バックスタイルも奇をてらわないデザイン。

ちょっとジャケットを羽織るスタイルにはいいモデルかと思います。









021_201707252338435cf.jpg





022_20170725233844a0a.jpg

こちら「CHARLTON」もブラックとブラウンの2色。









027_20170725233919d10.jpg

最後は「CECIL」

2タイダービーです。

こちらは輸入代理店様の別注モデルからの1足。

新型のラストとデザインを採用したモデルになります。








029.jpg

高めの位置に設定された羽根がより一層すっきりとした印象を作ります。









030_20170725233924356.jpg

トウからヴァンプにかけての綺麗なS字が足に程よくフィットしてくれます。

デザインはいたってシンプル。

ソリッドなスーツに合わせてみたい1足です。








031.jpg

ヒールは前2足のレギュラーシリーズに比べて低めの設定になります。

ヒールを高くしてもカッコいいモデルかと思いますが、

標準的な高さによってこちらのデザインにとっては遊びっぽくなりすぎず、

全体的にいいバランスになっていると思います。







033.jpg

こちらもシングルレザーソールですが、

ウエストの刻印の代わりにオリジナルトップピースの仕様になっています。







028.jpg

こちらの「CECIL」はブラック1色のみになります。








034_2017072523392935f.jpg

新入荷のアルフレッドサージェント。

これまで弊社で扱ってこなかった3型を選んでみました。

ラストもそれぞれ異なり、それぞれの履き心地を楽しんでいただければと思います。

フランスからのエッセンスが入ったと言えど、

生産は最初から最後までイギリス国内で行われており、

その生産背景は今も変わっていないのは嬉しい点です。







Alfred Sargent


MOORE , CHARLTON

Size 5~9


CECIL

Size 5~8h

(※CECILのサイズ9がリジェクテッドにより欠けてしまい申し訳ございません。)


¥71,000 + TAX



渋谷店新宿店にてご用意いたします。

(CECILのみ、青山店銀座店に一部サイズのご用意がございます。)

ウェブでの販売は準備を整えて週明けより販売を予定しております。






百貨店さんくらいでしか見かけることがなく、

不思議なほど控えめな存在のアルフレッドサージェント。

そんなところがまた魅力なのかもしれません。



我々にできることは微力かもしれませんが、

良いと思ったものはお伝えして少しでも多くの方に楽しんでいただければなと思います。

今週末は銀座店にてビンテージウォッチの販売もありますし、

楽しみな週末になりそうです。

皆様のご来店、お待ちいたしております。



渋谷店 新宿店  花田

2017/07/28|その他の靴コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
 

ゴールデンウィークから販売しておりますJoseph Cheaneyのグルカサンダル

早速ご購入頂いたお客様、誠にありがとうございます。



IMGP7454.jpg 

大変ご好評頂いているグルカサンダルですが

今年はチーニー以外にも色んなメーカーからリリースされているようで、

靴雑誌LAST最新号を見てみても、





IMGP7399.jpg 



IMGP7403.jpg 




IMGP7404.jpg 

サンダル特集には例年より多くその姿を見ることができます☆









IMGP7410.jpg 

多くのグルカサンダルがある中で

ユニオンワークスのセレクトの拘りは「修理が出来るサンダル」

グットイヤーの製法であることです。






IMGP7416.jpg 

最初はレザーソールが付いているので、

その履き心地や雰囲気を楽しんで頂きたいのですが、









IMGP7425.jpg 

サンダルにはスポンジソールや








IMGP7426.jpg 

ラバーソールとも非常に相性が良いので、

張り替えの際にお好みのソールを選択して頂くとも可能です☆





例えば、サンダルの代表格ビルケンユッタニューマンのように、


IMGP7419.jpg 

ビルケンソール。






IMGP7423.jpg 


IMGP7420.jpg 

他にも、その形状からシャークソールとも呼ばれるビブラムリップルソール。









IMGP7437.jpg 

上の画像にもあったような凹凸のあるビブラムソール。





この辺りを装着してみても雰囲気もよく、好みの履き心地を楽しんで頂けると思います!

ご紹介したソール以外にも様々な種類のソールをご用意しておりますので

ご興味ある方は是非ご相談くださいませ!

皆さまのご来店お待ちしております!

ありがとうございました。




Joseph Cheaney Gurkha Sandals

Size 5ハーフ~9

¥55,000- +Tax








IMGP7447.jpg  


新宿店 長谷川
2017/05/19|その他の靴コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 

 久しぶりにショートパンツを買いました。


DSCN5071.jpg


 ウールとモヘアの素材が涼しく

 夏日の予報が出ると、ついつい手が伸びてしまいます。

 




DSCN5058.jpg
 

 合わせるのは、ローファーやスリップオンが多く

 4年目のウェストン、使いすぎかなぁ…と思いつつ履いてしまいます。

 
 


DSCN5068.jpg


 ライニングを確認してみると、ダメージがチラホラ

 お気に入りの1足を永く愛用する為に、修理は大切ですが

 休ませる事も大切!


 ローテーションです。 新しいローファー探さねば。





DSCN5043_201705122328252de.jpg



 やはり気になるのはコレ



DSCN5061.jpg


 踵の収まり良いですね!



 イギリスのシューズで、ヒールカップがここまで小さな木型は珍しく

 お困りの方には是非お試しいただきたいモデルです。
 



DSCN5062.jpg



 ゴールデンウィークあたりから、ご試着される方が増え

 フィテッィングに驚き、ご購入いただく方が見られます。


 各色少量の入荷ですので、気になっている方はお早めにどうぞ!




 ラインナップ変更によりセールプライスのコチラもおすすめです。




 






 工場あおき


2017/05/15|その他の靴コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 

 こんなご質問をいただきました。


DSCN5032.jpg


 なぜクロケットのローファーを始めたのですか?

 良いと思ったので取扱いを始めたんです!とお答えしました。

 何が良いのか? ご紹介いたします☆



          

 私達が学生の時に履いていたローファーと

 大人が履くローファー、どうして雰囲気が違うのでしょうか?


 それは履き口の広さにポイントがあります。


DSCN5033.jpg


 履き口が広く、ヴァンプが狭いとエレガントで大人の雰囲気が漂います。

 その逆は学生靴のように、少し野暮ったくなります。

 
 ただ、大人仕様にすると日本人の小さな踵では

 引っかかりにくく、歩くとパカパカして脱げてしまいます。


 お悩みの方、多いのでは?



 では、BOSTON2を見てみましょう。



DSCN5035.jpg


 履き口の広さや甲の立ち上がり、バランス良く仕上げてあります☆




DSCN5034.jpg


 足を入れてみると、踵をパクっとされたようなホールドと




DSCN5037.jpg


 ヴァンプの程よい押さえこみによりピッタリきますが




DSCN5040.jpg


 ボールジョイントにはゆとりがあり、日本人向きのラスト376

 クロケットおそるべし!のフィッティングでした☆





DSCN5036.jpg



 モカ部分のステッチも、程よい盛り上がりで主張しすぎず

 年齢を重ねても、履き続けたいと思わせてくれるデザインです。





 今年は暖かくなるのに少し時間が掛かりましたが、

 これから本格的なローファーシーズンです☆


DSCN5043.jpg

  

 先ずは一度お試しいただき、このフィッティング良さを感じてもらえれば

 なぜ?クロケットのローファーなのか。お分かりいただけるのではないでしょうか。

 

 こういう靴が好きな 工場あおき



2017/04/18|その他の靴コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 



IMGP5999.jpg  

3月も終わりに近づきようやく暖かくなってまいりました。

東京の週末は雨の予報もございますが、いよいよ来週からは本格的な春。

装いに合わせ足元はローファーを履きたくなる季節ではないでしょうか。

ユニオンワークスでは初となるCROCKETT&JONES。

新ラストを採用したローファー ’BOSTON2’ が入荷しております。

WEBSHOPにもアップ致しましたので、ご遠方の方は是非こちらからご利用くださいませ。









IMGP6002.jpg 

CROCKETT&JONESですがご購入頂くといくつかサーヴィスをご用意しております。

まずはリペアチケット。

お修理代金が1回半額になります!









IMGP6021.jpg  

リペアチケットに加え、ハーフラバーソールかヴィンテージスチールのワンメニューサーヴィス。

つま先が減りやすい方にはヴィンテージスチールを、

レザーソールは滑りやすいという方にはハーフラバーソールがお勧めでございます!








IMGP5421.jpg

上記のワンメニューサーヴィスではなくソックスも選択していただけます!









eng.jpeg 


勿論こちらのイギリス製ソックスでも可能でございます。










IMGP6017_20170328214014b77.jpg 

さて、小振りなヒールカップが特徴のBOSTON2には

イギリスDasco社製のフックバックツリーがおすすめ。









IMGP6030.jpg 

ヒールカップ、甲の高さもしっかりと収まります。

BOSTON2は元々ライニングのあるローファーで型崩れしにくい作りですが

しっかりとフィットしたツリーを入れることでより永くご愛用頂けるかと思います。









IMGP6045.jpg 


IMGP6038.jpg 


IMGP6051.jpg 


Dasco Hook Back Trees 

Size5~9

¥8,500- +Tax

※BOSTON2にはお靴の表記よりワンサイズ下げてお選び頂くと良いと思いますので、
通販の方はご参考になさってください。




CROCKETT&JONES BOSTON2

Size 5h~8h

¥76,000-+Tax


※過去記事はこちらからどうぞ!


ユニオンワークス各店舗にて販売中でございます。

皆さまのご来店お待ちしております!

ありがとうございました。


新宿店 長谷川



2017/03/31|その他の靴コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ。

   ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード