2017/03 ≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017/05
 

 こんなご質問をいただきました。


DSCN5032.jpg


 なぜクロケットのローファーを始めたのですか?

 良いと思ったので取扱いを始めたんです!とお答えしました。

 何が良いのか? ご紹介いたします☆



          

 私達が学生の時に履いていたローファーと

 大人が履くローファー、どうして雰囲気が違うのでしょうか?


 それは履き口の広さにポイントがあります。


DSCN5033.jpg


 履き口が広く、ヴァンプが狭いとエレガントで大人の雰囲気が漂います。

 その逆は学生靴のように、少し野暮ったくなります。

 
 ただ、大人仕様にすると日本人の小さな踵では

 引っかかりにくく、歩くとパカパカして脱げてしまいます。


 お悩みの方、多いのでは?



 では、BOSTON2を見てみましょう。



DSCN5035.jpg


 履き口の広さや甲の立ち上がり、バランス良く仕上げてあります☆




DSCN5034.jpg


 足を入れてみると、踵をパクっとされたようなホールドと




DSCN5037.jpg


 ヴァンプの程よい押さえこみによりピッタリきますが




DSCN5040.jpg


 ボールジョイントにはゆとりがあり、日本人向きのラスト376

 クロケットおそるべし!のフィッティングでした☆





DSCN5036.jpg



 モカ部分のステッチも、程よい盛り上がりで主張しすぎず

 年齢を重ねても、履き続けたいと思わせてくれるデザインです。





 今年は暖かくなるのに少し時間が掛かりましたが、

 これから本格的なローファーシーズンです☆


DSCN5043.jpg

  

 先ずは一度お試しいただき、このフィッティング良さを感じてもらえれば

 なぜ?クロケットのローファーなのか。お分かりいただけるのではないでしょうか。

 

 こういう靴が好きな 工場あおき



2017/04/18|その他の靴コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 



IMGP5999.jpg  

3月も終わりに近づきようやく暖かくなってまいりました。

東京の週末は雨の予報もございますが、いよいよ来週からは本格的な春。

装いに合わせ足元はローファーを履きたくなる季節ではないでしょうか。

ユニオンワークスでは初となるCROCKETT&JONES。

新ラストを採用したローファー ’BOSTON2’ が入荷しております。

WEBSHOPにもアップ致しましたので、ご遠方の方は是非こちらからご利用くださいませ。









IMGP6002.jpg 

CROCKETT&JONESですがご購入頂くといくつかサーヴィスをご用意しております。

まずはリペアチケット。

お修理代金が1回半額になります!









IMGP6021.jpg  

リペアチケットに加え、ハーフラバーソールかヴィンテージスチールのワンメニューサーヴィス。

つま先が減りやすい方にはヴィンテージスチールを、

レザーソールは滑りやすいという方にはハーフラバーソールがお勧めでございます!








IMGP5421.jpg

上記のワンメニューサーヴィスではなくソックスも選択していただけます!









eng.jpeg 


勿論こちらのイギリス製ソックスでも可能でございます。










IMGP6017_20170328214014b77.jpg 

さて、小振りなヒールカップが特徴のBOSTON2には

イギリスDasco社製のフックバックツリーがおすすめ。









IMGP6030.jpg 

ヒールカップ、甲の高さもしっかりと収まります。

BOSTON2は元々ライニングのあるローファーで型崩れしにくい作りですが

しっかりとフィットしたツリーを入れることでより永くご愛用頂けるかと思います。









IMGP6045.jpg 


IMGP6038.jpg 


IMGP6051.jpg 


Dasco Hook Back Trees 

Size5~9

¥8,500- +Tax

※BOSTON2にはお靴の表記よりワンサイズ下げてお選び頂くと良いと思いますので、
通販の方はご参考になさってください。




CROCKETT&JONES BOSTON2

Size 5h~8h

¥76,000-+Tax


※過去記事はこちらからどうぞ!


ユニオンワークス各店舗にて販売中でございます。

皆さまのご来店お待ちしております!

ありがとうございました。


新宿店 長谷川



2017/03/31|その他の靴コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 




IMGP5951_20170321212626730.jpg 

Unionworks ×Joseph Cheaney Punched Cap Toe 

今季初入荷で大変ご好評頂いているこちらのお靴。









IMGP5987_20170321212653ad6.jpg 


旧ラストである89LASTを採用している為、

スーツと合わせて頂くと主張し過ぎることのない控え目なバランスが特徴的です。



 







IMGP5972.jpg 

控え目なバランスを作る一つのポイントとしてノーズの長さが挙げられます。

89LASTはショートノーズ。

甲からつま先にかけての長さが現行の靴と比べると短めの設定になっています。








IMGP5961.jpg 



IMGP5957.jpg 




IMGP5949.jpg 




IMGP5945.jpg 

実際に履いて頂くといつものお靴よりも小さく感じるられることも。

ですが、そのバランスがこのお靴の大きな魅力の一つでございます。

ご試着の際は是非ご注目くださいませ。




IMGP5923.jpg 


IMGP5912.jpg 

Unionworks ×Joseph Cheaney Punched Cap Toe

Size 5h~9

¥59,000-+Tax

ユニオンワークス各店舗にて販売中でございます。

皆さまのご来店お待ちしております!



※過去の記事はこちらからどうぞ!


新宿店 長谷川




2017/03/24|その他の靴コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 




IMGP5665.jpg 

先日のブログでお知らせ致しました

新ラスト376を採用したCROCKETT&JONES BOSTON2。

その木型によるフィット感の良さは特別な魅力。

是非一度は足を通して頂きたいお靴でございます。







 
IMGP5575.jpg 

さて、ローファーでいて洗練された雰囲気を持つBOSTON2。

モカ縫い部や、サドルの形状、パインピングなど

この全体的な存在感を形作っている細部。

このバランスの秀逸さがこの雰囲気を惹き起こします。






IMGP5592.jpg 




IMGP5608.jpg 

モカ縫いはすくいモカの仕様。

モカ縫いにはいくつか種類がございますが、このすくいモカの良さは丈夫であること。

ステッチのほつれ、モカ部分の接着の剥がれなどのリスクが少ないです。







IMGP5630.jpg 

サドルのパーツでは中央の切り込み部に着目。

こちらもメーカーによって形、大きさが変わりますが小振りで控え目に。






IMGP5611.jpg 






IMGP5623.jpg 

新ラスト376による小振りなヒールカップ。

ウエストから絞り込まれている為、踏まずから踵の吸い付きがこのラスト真骨頂。








IMGP5624.jpg 

広範囲に渡るパイピングの厚みは細く、上品に。








IMGP5796.jpg 

底材には反り返り、通気性に優れたレザーソール。







IMGP5793.jpg 












IMGP5456.jpg 

続きまして、

DARK BROWN CALF。

やや赤みを感じさせる上品な色味で、とてもきめ細かい仕上がり。







IMGP5717.jpg 
 


IMGP5736.jpg 
 



IMGP5741.jpg 





IMGP5440.jpg 




IMGP5442.jpg 





IMGP5438.jpg 







IMGP5443.jpg 



IMGP5748.jpg 




IMGP5900.jpg 



IMGP5758.jpg 



IMGP5462.jpg 



いかがでしょうか。

CROCKETT&JONESの細部までの拘り、技術、センスを感じられる一足。

BOSTON同様に今後永い間履き続けられるお靴に成り得るのではないでしょうか。



CROCKETT&JONES  BOSTON2

Size 5h ~8h

¥76,000-+Tax

リペアチケット、ワンメニューサーヴィスも付属致します。

本日3月18日土曜日より新宿店渋谷店をメインにユニオンワークス各店舗にて販売致します。

皆さまのご来店お待ちしております。

ありがとうございました!



新宿店 長谷川





 


2017/03/18|その他の靴コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
 
革靴の世界で´不朽の名作´と称されるお靴たち。
作り手からすると最大級の賛辞でしょうか。

定義は難しいですが、Edwardgreenの202やChurchsのConsul、J.M.Westonの180など
修理屋から見ても大事に履かれているなと感じるお靴は多くございます。





IMGP5665.jpg 

CROCKETT&JONES
1879年、イギリス靴の聖地ノーザンプトンで創業した老舗シューメイカー。

数あるデザインの中でBOSTONと名付けられたモデルをご存知でしょうか。







IMGP5592.jpg 

誕生は1993年。
何と今から24年前の事。
その間ずっと変わらず作られ、履き続けられたローファー。

CROCKETT&JONESの´不朽の名作´と呼ばれるモデルです。










IMGP5630.jpg 




IMGP5623.jpg 



IMGP5575.jpg 

永く履き続けられたBOSTONですが
昨年、2016年は名作ローファーの進化の年。

ラストの変更が行われました。
CROCKETT愛好家からの声をダイレクトに反映させたラスト376。

ウエストラインから踵へ向け大きく絞り込み、
ヒールカップは相当小振りに仕上げられています。

踵が小さいと言われる日本人の足にフィットし、履き心地がより向上しました。

この新ラスト376を採用し、生まれたのがBOSTON2でございます。






IMGP5446.jpg 





IMGP5440.jpg 





IMGP5425.jpg 
 

2016年に誕生したBOSTON2ですが、
昨年は生産量が少なくご用意することは出来ませんでした。

今年からユニオンワークスでも取り扱えるようになり、
今週末より販売予定でございます!

詳しくは後日ブログにてお知らせいたします。

ありがとうございました!


新宿店  長谷川



2017/03/13|その他の靴コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ。

   ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード