FC2ブログ
2020/09 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020/11
 
近頃ヴィンテージスティールについて、よくご質問をいただきます。

「無くなると聞いたのですが本当ですか?」

はい本当です。


IMG_4198_20200522101410574.jpg 

スティールを製造していたメイカーが、このタイプの生産を終了した為
  
世界中の在庫が無くなれば、もう手に入りません。

メイカーが廃業した訳ではございませんので、復活する可能性が0では無いものの

今の所そういった動きは見られません。

ユニオンワークスでは相当数のストックがございますので、

暫くはご提供出来ますが、何れ難しくなると思います。
 
何か策を考えなければなりませんねぇ…



さて話は変わりますが、ヴィンテージスティールと言えば

日本ではコレ↑ですが

海外でヴィンテージスティールと言っても 「??」 通じないと思います。

英国では、メタルトウプレートやトウスティールが一般的でしょうか。


IMG_4194_20200521174012473.jpg

 
では何故、ヴィンテージスティールと日本では呼ばれているのでしょうか?


ステープラーをホッチキス、付箋をポストイットなんて呼ぶのと同じで、

ヴィンテージスティールは、我々ユニオンワークスの商品名でございます!


今やシューリペアの世界では当たり前に使われており、

随分浸透したなぁと感じます。


IMG_4191_202005211740078fa.jpg

IMG_4193_20200521175046062.jpg  

IMG_4192_20200521175045e2f.jpg

ユニオンワークスのヴィンテージスティール★


配送での修理もお受けしております、是非ご利用くださいませ!

https://www.union-works.co.jp/order/






 工場あおき

2020/05/21|修理材料||トラックバック(0)TOP↑
 
 以前からご紹介している、私物のキャップシューズ☆


IMG_3445.jpg
IMG_3446.jpg 

 もう何度目のヒール交換になるか… 5回くらいでしょうか


IMG_3460.jpg

 今回はつま先の部分補修と

IMG_3461.jpg

 ヒールの交換をしました!


  IMG_3459_201910312336587ff.jpg 

 この靴は10年程愛用していますが

 実は1度もオールソール交換をしていません!

 ダイナイトソールで10年履くと

 IMG_3462.jpg
IMG_3465.jpg

IMG_3464.jpg

 この様になります!ダイナイトソールもちますねぇ!

 ソールの限界が知りたくて、ここまで履いていますが、

 ビジネス用シューズでしたら、この状態はソール交換をお勧めいたします (笑)


IMG_3466.jpg

 オリジナルはこちら

 IMG_3463.jpg    

 レザーのミドルソールが見えたらもう限界。
 
 ソール交換をしましょう。

 あと1回くらいはヒール交換できるかな…

 

 工場あおき


2019/11/27|修理材料||トラックバック(0)TOP↑
  

 この度、ユニオンワークスではJRソールの取扱いを止める事になりました!


 JRソールを好んでお選びいただいていたお客様、大変申し訳ございません。


 JRソールはとても良いソールです。

 この考えは、取扱いを始めた10年以上前から変っておりません。

 我々がJRソールを始めた頃は、まだオークバークレザーを取り扱う

 靴修理店は少なく、シューズマニアのお客様に大変喜ばれました。

 
 しかし、近年ではJRソールを扱うお店が増え

 2年前の渡英の際に、ブリティッシュオークを紹介されたのも有り

 切り替える事にいたしました。

 

DSCN6382.jpg

DSCN6385.jpg  

 英国で紹介されたソレは、

 「久しぶりに、イギリス製オークバークの良いソールが手に入った」

 という言葉通り

DSCN6388.jpg 
DSCN6389.jpg

 しっとりとした質感で、しなやかさが有り


DSCN6401.jpg    DSCN6399.jpg 

 足馴染みが早いのに、耐久性が高い理想的なソールでした。



DSCN6403.jpg

DSCN6398.jpg 

 革の密度が高く、ラウンドエッヂやヒールがとても綺麗に仕上がります。



 DSCN6395.jpg  

 オークバークレザー特有の、ステインカラーが濃く入る感じも良いですね☆


DSCN6407.jpg 

 半カラスも綺麗です☆


 ブリティッシュオークを採用するに当たり、スタッフが実際に使用し

 意見を聞きながら、社内で協議しました。


 仕上がりは勿論、作業性や使用感、減り具合など

 「JRソールより良い」というより

 ”JRには無い良さ”がブリティッシュオークにはございました。



DSCN6408.jpg  

 私の知る限りですが、弊社が国内で初めての取扱い店だと思います。



 シューズマニアの方でも、まだ試された方は極めて少ないブリティッシュオーク☆

 オールソール料金にプラス¥3,000(税抜)にてお選びいただけます。


 レザーソールの交換をお考えのお客様、ぜひご検討下さいませ☆



 工場あおき



2019/01/16|修理材料||トラックバック(0)TOP↑




この夏にお送りいたしましたこちらのDM☆

  

 
 
 
RIMG0731_201708210235564e1.jpg  

 

イラストが可愛いだけではなく、
 
 
お修理のお靴と一緒にお持ちいただければ、お修理代が10%OFFになります♪

 


ご利用期間は0月31日までとなっておりますので、


お手元にございましたら是非お修理の際にご利用頂ければと思います。





さて、この夏のセールや、秋の装いに向けてと、 
 
  

お靴を新調された方も多いのか、最近はヴィンテージスチールの受付が多い気がします。


  
 
 
RIMG0651.jpg 
 


 


新品時の靴底は硬く、足馴染みが早いと言われる革底でも馴染むまでには幾分時間がかかり、
 
  
 
 
 
 
RIMG0654_20170821023558d31.jpg  
 
 
 
 
この屈曲の動作がズムーズに行えなく、つま先がすり減りがちです。

 


このつま先のすり減りを防止するのがヴィンテージスチールになります☆

  
 

取り付けのタイミングは靴底が硬い新品時や、オールソールをしていただいた時が

一番有効的だと思います。

 
 

 

今回は新品のお靴に取り付けた例をご紹介♫

 
 
 

 

RIMG0459_201708210235499ad.jpg  
 
 
 


先ずはポッテリとしたフォルムが愛くるしいチャーチのWモンク☆

 
 
 
 
RIMG0599_201708210235546d0.jpg  
 
 
 
 
 

お次はこれからのス秋・冬スタイルに活躍しそうなチーニーのサイドゴアショートブーツ♪
 
  
 



RIMG0467.jpg  

 
 
 
 
 
RIMG0594_2017082102355266d.jpg  
  

 
 


最後にメイドインアメリカの大定番、オールデン☆



 
RIMG0458.jpg  
 
 
  
 

 
RIMG0602_2017082102355504e.jpg  
 

 
 
 
 








サイドエッジも黒く色を入れてお修理いたしますので、
 
 




 
 
RIMG0596_201708210250083cd.jpg  
 


見た目も自然な仕上がりです♪







個人差もあると思いますが、つま先のすり減りが気になる方は

是非ヴィンテージスチールをご検討いただければと思います。

 
 

 


RIMG0612.jpg  
 


 

皆様のご来店お待ちしております。


 
宜しくお願い致します。
 
 


青山店  フナヤマ 
 






2017/08/21|修理材料||トラックバック(0)TOP↑
 

 最近知ったのですが、今は猫ブームなのだそうです。


 あまりピンときませんが

 雑誌や小物、スマートフォンケースなど意識して見ると

 確かにそうなのかもなぁ… なんて思います。





 その影響なのか? 個人的にこのパーツが気になっています。




DSCN4928.jpg 


 キャッツポウといえばワークブーツのイメージが強いですが

 数年前にこんな話を耳にした事があります。


 ”あるロンドンのビスポークシューメイカーでは、

 ラバーヒールのバリエーションとしてキャッツポウが選べる”



 ドレスシューズにキャッツポウ…


 その時は上手くイメージ出来ませんでしたが、


 先日キャッツポウのついたビスポークシューズ、お預かりしました!


DSCN4938.jpg


DSCN4936.jpg

DSCN4934.jpg

DSCN4937.jpg


 厚めのラバーヒールなのでやや無骨なイメージが有るものの

 いい感じですね☆





 早速私物のローファーにも付けてみました ♪


DSCN4960.jpg

DSCN4962.jpg


 いい感じですニャ 


DSCN4965.jpg

DSCN4966.jpg


 厚めのヒールですが、取り付けてみるとあまり気になりません

 これからの季節に活躍してくれそうです!



 ※デットストックパーツの為、小さなサイズしかご用意がございません。

 クロケットやエドワードグリーンなど小さめのヒールであればお付けできます!



DSCN4967.jpg


 華奢なドレスシューズにキャッツポウヒールはいかがでしょうか。






 工場あおき  




2017/03/06|修理材料||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ

ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード