FC2ブログ
2020/03 ≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2020/05
今回ご紹介するお靴はこちら、

IMG_1083.jpeg


Tricker's Country Brogue Boots

永遠の定番ブーツですね。
かなりご愛用されているようで、雰囲気のあるエイジングになっていてかっこいいです。

ヒールのみのお修理をご希望でしたが、

IMG_1085.jpeg



ソールのパターンが削れて、アウトステッチも所々切れかかっておりました。


ヒールのみの交換も可能ですがヒールが削り切れるまえに、アウトステッチが切れソールが開いてきたり亀裂がはいってしまう可能性があるため、今回はオールソールをご提案させて頂きました。


ラバーソールはオールソールのタイミングが分かりづらいですが、真ん中のパターンがすり減ったタイミングがソール交換のタイミングです。

IMG_1091.jpeg


雨の日によく着用されていたようで、アッパーの油分が抜け乾燥して色抜けしておりました。


乾燥するということはクラックの1番の原因になりますし、湿ったコバが乾燥しているアッパーに色移りしてしまうこともよくあるんです。

トリッカーズは雨に強い構造になっており、アッパーの革自体も多少雨に強いのかもしれませんがやはりそこは革は革。
雨などで濡れた後は乾拭きをしてあげて、定期的にクリームで保湿と補色をしてあげるといいと思います。


今回はソール交換、お磨きをさせていただきました。



仕上がりがこちら。
XIJX2222.jpeg


オールソールをしたことで、返りがついていたソールも新しくなり深く皺が入っていたアッパーもシャキッとしました。

IMG_1229.jpeg

元々ついていたソールと同じダイナイトソールでの交換をしました。

ダイナイトソールですが、英国の名門ソールメーカーであるハロルドラバー社が1910年から形を変えずに現代まで製造しております。
100年以上も前から支持をされている、実用性があり信頼のできるラバーソールです。
厚さも5mm程と薄めな為、ドレスシューズなども雰囲気を損なう事なくソール交換ができるのでおすすめです。

IMG_1247.jpeg



アッパーは油分が抜けきって乾燥していたので今回はモウブレイのデリケートクリームを塗り込み、サフィールのライトブラウンでお磨きをしました。

デリケートクリームは革の中にまで水分と栄養が浸透してくれるので、定期的に塗っておくことでクラックや乾燥は防げるかと思います。
指で直接塗ることで体温でクリームが温まり、より革に浸透しやすくなります。


IMG_1255.jpeg


ソールの厚みも戻り、コバにも艶があり綺麗に仕上がってますね。


今回は紐もちぎれかかっていた為、純正のトリッカーズの紐で交換しました。
お色も、ライトブラウン、ブラウン、ブラックがご用意がございます。

IMG_1344.jpeg

紐を交換するだけで、お靴の雰囲気も気分も変わるのでおすすめです!⭐︎



 IMG_9515.jpg IMG_9517_202002012257559d6.jpg  
ただいまDMとお修理品を一緒にお待ち頂ければ、期間中何度でもお修理代金10%OFFになります☆
この機会に是非、ご活用下さい!

今回の使用期限は6月28日までになっております、ご注意くださいませ。

詳しくはコチラをご覧ください☆


DMはカスタマー登録がお済の方にお送りしております。
カスタマー登録がこれからの方はコチラからご登録いただけます。
※今登録して頂けた方には、次の夏にDMをお送りいたします。



カスタマー登録についての詳細は下記からご覧ください。

http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2390.html

http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2393.html



郵送でのお修理 :
https://www.union-works.co.jp/order/

リペアメニュー :
http://unionworksrepair.com/#!/ 

ウェブショッピング :
https://unionworks.stores.jp/#!/







新宿店・青山店 古田





2020/03/31|トリッカーズ||トラックバック(0)TOP↑


毎週水曜日は全店定休日となっております、ご注意くださいませ☆

※横浜店とベンチマークは水曜日と木曜日が定休日です。


IMG_9470.jpg   

ホワイトバックスの Tricker's Country Brougue Shoes

かなり爽やかな印象、夏のカントリーって感じです☆

本日はこちらのカスタムをご紹介します☆



IMG_9471.jpg 

白スエードに白いハトメ



IMG_9466.jpg

メンズのカントリーには珍しいシングルソール



IMG_9472.jpg 

生成りのウェルトに白いアウトステッチ



 IMG_9468.jpg

ソールも勿論生成り、爽やかです☆



お客様のご希望はウェルトから下とハトメ(要するに白スエード以外全部)を真っ黒にされたいとの事!!

現状のウェルトを黒く染めるのは真っ白いスエードを汚す危険性が非常に高いため、
思い切ってウェルトから交換することになりました☆














IMG_9685.jpgIMG_9686.jpg

こちらは作業中の様子、白いアッパーを汚さない様ビニールを被せた状態で黒いウェルトに交換しました☆

イギリスから仕入れているリッカーズと同じストームウェルトを使用☆

製靴工場と同じで、ビニールごとウェルトを縫い付けています。

とにかく汚れが怖いので、ビニールを被せたまま最後まで作業しました☆



IMG_9785.jpg

ハトメはトリッカーズ純正の黒に交換

これだけでも結構印象が変わります☆



IMG_9771_20200229223726497.jpg

ソールは全カラス仕上げ、基本的にカントリーでは無い仕様なので新鮮です☆



IMG_9796_202002292237293f6.jpgIMG_9778.jpgIMG_9782.jpgIMG_9768.jpg

白と黒のコントラストが強すぎて写真が上手く取れません(涙)

きりっと凛々しい雰囲気に変わりましたね★

お客様のご希望通りに仕上がったと思います☆








・ハトメ交換 ¥5,500

・リウェルト ¥11,000

・レザーオールソール Bプラン アローヘッドヒール ¥18,700


※納期は1ヵ月でした






 IMG_9515.jpg IMG_9517_202002012257559d6.jpg  
ただいまDMとお修理品を一緒にお待ち頂ければ、期間中何度でもお修理代金10%OFFになります☆
この機会に是非、ご活用下さい!

今回の使用期限は6月28日までになっております、ご注意くださいませ。

詳しくはコチラをご覧ください☆


DMはカスタマー登録がお済の方にお送りしております。
カスタマー登録がこれからの方はコチラからご登録いただけます。
※今登録して頂けた方には、次の夏にDMをお送りいたします。



カスタマー登録についての詳細は下記からご覧ください。

http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2390.html

http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2393.html




忙しくて店舗にご来店いただけない方も多いかと思います。 

工場に直接靴を送っていただいてのお修理も大歓迎です。


郵送でのお修理 :
https://www.union-works.co.jp/order/

リペアメニュー :
http://unionworksrepair.com/#!/ 

ウェブショッピング :
https://unionworks.stores.jp/#!/






ありがとうございました☆

工場 森田 
2020/03/04|トリッカーズ||トラックバック(0)TOP↑





IMG_9264.jpg 

Tricker's × UW / Country Brogue Shoes / Marron Antique

10年くらい履いているお気に入りの1足☆



IMG_9265.jpg IMG_9267.jpg 

ヒールはダヴテイルに交換し、ハーフラバーを貼っています。

今回はつま先ラバー補修とヒールトップピース交換

基本の修理の工程を、ざっくり紹介いたします☆





IMG_9270.jpg 

先ずはヒールのトップピースを剥がします



IMG_9272_2019121221100492a.jpg  

つま先とヒールを削ってならしました



IMG_9284.jpg

新しいトップピースを貼り



IMG_9288.jpg

プレス機でしっかり圧着



IMG_9290.jpg

つま先のラバーも貼ります。


IMG_9291.jpg

つま先とヒールが貼れました☆



IMG_9292.jpg

余ったトップピースを粗いペーパーで粗削りします



IMG_9294.jpg

化粧釘を打つ



IMG_9295.jpg

細かいペーパーでコバを仕上げる



IMG_9300_201912122112085ce.jpg

コバにインクを塗り



IMG_9304_20191212211210043.jpg

ブラシマシーンでワックスをのせます



IMG_9312.jpg

超細かいペーパーで、トップピース底面の銀面を削る



IMG_9313.jpg

ステインで着色



IMG_9315_20191212211325db9.jpg

ヒールにゴロゴロ(ウィール)を入れる



IMG_9319_20191212211328adb.jpg

これで完成☆



IMG_9318.jpg

なかなかいい感じに仕上がりました☆



つま先補修とヒール交換は靴修理の基本。

つま先とヒールの補修を何度か行い、ソールの真ん中あたりが薄くなってきたり穴があいてきたら、
ハーフラバーソールの張替えやオールソールを検討しましょう☆

グットイヤーウェルテッド製法の靴は、たまにソールの削れを確認してこまめに部分修理をすること。
オールソールの回数をなるべく抑えることが、長く履くコツだと思います☆




・Rubber Toe Tips : ¥2,750~
・Dove Tail Heels : ¥4,950~


・Tricker's × UW / Country Brogue Shoes / Marron Antique : ¥82,500





忙しくて店舗にご来店いただけない方も多いかと思います。 

工場に直接靴を送っていただいてのお修理も大歓迎です。



 郵送でのお修理 :
https://www.union-works.co.jp/order/

 リペアメニュー :
http://unionworksrepair.com/#!/ 

 ウェブショッピング :
https://unionworks.stores.jp/#!/









ありがとうございました☆






工場 森田




2019/12/19|トリッカーズ||トラックバック(0)TOP↑


※毎週水曜日は全店定休日になります、ご注意くださいませ。



昨日の続き、私物トリッカーズの修理です。

昨日はソールをつけ終わりましたので、ヒールの取り付けからスタート☆



IMG_8370_20190702222110ea4.jpg

ヒールトップピースはソールに合わせてVibram#430ヒールを取り付けますが、少しヒールを高くしたいため積み上げの革をプラスします。



IMG_8373.jpg

貼った積み上げはグラインダーでトリミング

素材によってグラインダーで削ったり、カッターで切ったり、道具や機械を使い分けます。



IMG_8378.jpg

トリミングが出来たら長めのスクリュー釘でしっかり鉸めます☆

ここで釘は中底まで貫通させますので、中敷きはあらかじめ剥がしておきます。



IMG_8313.jpgIMG_8319.jpg

トップピースのVibram#430ヒール

元々は左のようにザグリ(接着面が少しへこんだようになっている)が入っていますが、積み上げの革の上に貼りますのでザグリを削ってフラットに加工しました。



IMG_8379.jpgIMG_8381.jpgIMG_8388.jpg

積み上げとトップピース両方にボンドを塗り接着



IMG_8387.jpg

#430ヒールは釘の穴があらかじめ開いているので、すべてに釘を打ち込みます。



IMG_8393_2019070422200363b.jpg 

ヒールがしっかり固定出来たら、余ったトップピースを削るのと一緒にコバ全体をグラインダーで仕上げます。

セルフ(三脚+タイマー)でとっていたため ほとんどまともな写真が撮れませんでしたが、ここは腕の見せ所☆

グラインダーを扱い始めのころは、跳ねてしまい滑らかに削ることができませんでした。
熟練の技が必要な、難しい作業です☆



IMG_8401.jpg

コバにインクを塗り



IMG_8403.jpg

ワックスで仕上げます
インクだけでなくワックスもかけることでいい感じの質感になります☆

これでようやくオールソールが終わりました‼‼ 長かったな~(笑)




ついでなので、ちぎれたプルトップも交換します。

IMG_8409.jpg

革を傷つけないよう慎重にステッチをほどき、元々のプルトップを外します。



IMG_8412.jpg

トリッカーズ純正のプルトップ、黒、濃茶、白の3色ご用意があります☆



IMG_8413.jpgIMG_8415.jpg

新しいプルトップをセットして、八方ミシンで縫い直します。

八方ミシンは手回しのミシン、一目一目 元のステッチ穴を追いながら丁寧に縫います☆



IMG_8416.jpg

ぴしっとしたプルトップ、気持ちいですね☆



IMG_8420_201907022233139d6.jpg 

いよいよ最後の仕上げ、磨きです☆

磨きにはサフィールノワールのミディアムブラウンを使いました。



IMG_8422_201907022233159a9.jpg 

まったくお手入れしていなかったかっさかさの革、クリームがよく入ります☆



IMG_8425.jpg

最後に新しいシューレースを通して、これで全て完成☆☆☆

勿論シューレースもトリッカーズ純正です☆









IMG_8426.jpgIMG_8427.jpgIMG_8428_201907022227079da.jpgIMG_8429.jpg

我ながらなかなかの仕上がり、#430は厚めのソールなのでカントリーブーツにもよくなじみます☆





IMG_8433.jpgIMG_8449.jpg IMG_8452.jpg 

早速履いて、数日作業してみました☆

ヒールは少し高すぎたかなと思っていましたが、履き心地も特に違和感なくいい感じです☆







・オールソール ビブラム#430 ダブルソール : ¥18,360~

・プルトップ交換(片足) : ¥2,160~

・ポリッシュ : ¥1,080~

・トリッカーズ純正シューレース 70cm(カントリーシューズ用) : ¥1,296
                120cm(カントリーブーツ用) : ¥1,620
                150cm(モンキーブーツ用) : ¥1,620











7月限定、カスタマー登録をしていただいた方は返送料をサービスしております。
※詳しくはこちらをご覧ください→http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2701.html

カスタマー登録がこれからの方はコチラからご登録いただけます。
※7月25日までに登録して頂けた方には、8月のお盆前あたりに特典付きのDMをお送りいたします。





忙しくて店舗にご来店いただけない方も多いかと思います。 

工場に直接靴を送っていただいてのお修理も大歓迎です。


郵送でのお修理 :
https://www.union-works.co.jp/order/

リペアメニュー :
http://unionworksrepair.com/#!/ 

ウェブショッピング :
https://unionworks.stores.jp/#!/









ありがとうございました☆






工場 森田

2019/07/09|トリッカーズ||トラックバック(0)TOP↑
  IMG_8238.jpg

こちら私物のTricker's Country Boots、工場で作業用として履いております。

だいぶ味が、というよりはかなり汚いですね(笑)



IMG_8241.jpg

ソールは耐久性とグリップ力が自慢のコマンドソール、作業履きにはピッタリです☆



IMG_8240.jpg

ソールが減りすぎてアウトステッチが切れてしまっています、全然気づきませんでした(汗)



IMG_8243.jpg 

プルトップは左は無くなってしまい、右はちぎれてしまっています。



IMG_8244.jpgIMG_8245.jpg

しかし汚いですね、我ながら良く履きました(笑)

オールソールしてしっかり磨きます!!

今回は私物の為 時間外の作業、各工程の写真を撮りながらゆっくり修理したいと思います☆



今回は かなり細かく修理工程を説明いたします、少し長くなりますがお付き合いくださいませ☆





IMG_8246.jpg

まずはヒールを剥がします

ピンサーを使い勢いよく、入社当時はこの作業で手にまめができ痛かったな~☆



IMG_8250.jpg
IMG_8253.jpg

ヒールを外したらソールを剥がす工程

ウェルトとミドルソールの間に包丁を入れてアウトステッチを切り、ピンサーで一気に剥がします。



IMG_8255_201906222339479aa.jpgIMG_8256_2019062300085863c.jpg 

こちらソールがはがれた状態

コルクは劣化していて、ほとんどソールに引っ付いて取れてしまいました。



IMG_8270.jpg 

ウェルトに残ったアウトステッチは丁寧に抜きます。

ひと目でも抜き残しがあれば先輩に怒られるので、大変注意が必要です(笑)



IMG_8258_20190622234029f4c.jpg

欠損したコルクはきちんと補充☆



IMG_8278.jpg

コルクを盛って1晩乾かした後。

乾くとコルクがやせるので、最初から多めに盛っておくのがコツ☆



IMG_8281.jpg
IMG_8283.jpg

余分なコルクを削り落として平らにします、これでようやくソールの貼り込みができるようになりました☆



IMG_8286.jpg

カントリーはやっぱりダブルソール、まずはレザーのミドルソールを貼り込みます。

コルク面とミドルソールの両方にボンドを塗り、両者をしっかり接着。



IMG_8287.jpgIMG_8288.jpg
IMG_8293_20190702221806c4d.jpg

余った部分をゴム切りやコバカッターでトリミングします。

ここではウェルトを削らないように注意しますが、ぎりぎりまで攻めます。

ビビッて削らなすぎると、やはり次の工程担当の先輩に怒られます(笑)



IMG_8289.jpg
IMG_8296.jpg

トリミングが出来たらプレス機にかけてしっかりと圧着し、ミドルソールの貼り込みは完了。



IMG_8297.jpg

アウトソールはVibram#430、こちらもコマンド同様ワークブーツ向けのソール☆

上質のゴムでかなり滑りにくく、踏ん張りの利くいいソールです★



IMG_8300.jpgIMG_8301.jpg

アウトソールの貼り込みはミドルソールと一緒

アウトソールとミドルソールそれぞれにボンドを塗り、接着します。



IMG_8302.jpg

ウェルトとソールをワニという工具で銜えて、よりしっかりと接着。

勿論プレス機にもかけます。



IMG_8309.jpg

トリミングが終われば、アウトソールの貼り込みまで完了☆



IMG_8330.jpg

お次はアウトステッチ

バカでかいミシンで一気に、片足10秒位で縫い上がります☆



IMG_8357.jpg

良い感じに縫い上がりました☆



だいぶ出来てきましたね☆

ちょっと長くなりすぎたので、本日はここまでにします。

続きは明日公開しますので、お楽しみに☆












7月限定、カスタマー登録をしていただいた方は返送料をサービスしております。

※詳しくはこちらをご覧ください→http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2701.html

カスタマー登録がこれからの方はコチラからご登録いただけます。
※7月25日までに登録して頂けた方には、8月のお盆前あたりに特典付きのDMをお送りいたします。




忙しくて店舗にご来店いただけない方も多いかと思います。 

工場に直接靴を送っていただいてのお修理も大歓迎です。


郵送でのお修理 :
https://www.union-works.co.jp/order/

リペアメニュー :
http://unionworksrepair.com/#!/ 

ウェブショッピング :
https://unionworks.stores.jp/#!/









ありがとうございました☆






工場 森田













2019/07/08|トリッカーズ||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ

ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード