2017/03 ≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017/05


 ツツジの花咲く季節です


070.jpg



 大抵少しピンクがかっているか、紫色をしているか

 こんなに赤い花はめずらしいのでは?


 人は”赤”に目がいってしまうモノなんでしょうか。








 さて こちら何でしょう?


RIMG0536.jpg



 裏返してみると


RIMG0537.jpg


 赤いソール


RIMG0538.jpg 


 !
 


 もう何年もルブタンの修理をお受けしておりますが

 この様にソールが外れているのは初めて見ました。



 お客様との話し合いの結果

 今回はオールソール交換でご依頼いただいきました☆

 


RIMG0540.jpg

RIMG0546_20150506022240258.jpg

RIMG0541.jpg


 作業者曰く


RIMG0543_20150506020601912.jpg


 このソールのエッヂが兎に角大変! との事です (笑)



 苦労の甲斐あってか



RIMG0542.jpg


 後ろからの見た目はオリジナルとほぼ変わらず完璧ですね☆



RIMG0544.jpg        



 お時間も料金も掛かりますので、あまりオススメのお修理ではございませんが

 お困りの方は是非ご相談ください。





 工場あおき

   

2015/05/07|クリスチャンルブタンコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

R0016175 - コピー 

赤いソールでお馴染みのクリスチャンルブタン



R0016179.jpg 

履く前の赤いハーフラバー修理はユニオンワークスでも定番です。



R0016178.jpg 

滑らなくなるし、減りも抑えられ、長く安心して使用するには最適なのです。






でも皆が皆、滑らなくて丈夫がいいとは限りませんよね。

車移動がメインだったり、室内での使用だったり

絨毯だとラバーが突っかかることだってある。


そのままの方が軽くてしなやかなのは当然です。






どんなシーンで使う靴なのか






それで革底のままか、ゴムを張るのか、決めればいいのではないかと思います。







ラバーなら減ったらまたラバーを張り替えればいい。


レザーだってちょっと高く付くけど張替えはできるのでご安心を。



R0016164.jpg 


R0016166.jpg 

ウエスト部分から切り替えてオリジナルと変わらない薄さ、雰囲気のまま


レザーソールを継ぎ足していきます。







R0016173.jpg 

そして赤い塗装で仕上げれば・・・



R0016174.jpg 

箱を開けて包み紙の中から取り出したあの日の高揚感も思い出せるかも。






私たちも、安く、丈夫で長持ちが良かれと思い

ついついハーフラバーを勧めがちですが


レザーソールでもきっちり修理できますので

革底党のお客様も是非ご相談ください♪









( 銀座店 鳥海 ) 




2015/01/29|クリスチャンルブタンコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
_ 4




クリスチャン・ルブタンの修理例です。



クリスチャン・ルブタン 修理



サテンの生地が破れてしまっています。





薄ーいサテンを、細ーいテープ状にして、端に縫い付けて・・・






「クルン」と丸め込んで・・・






黄色のクシュクシュ部分と、もっかい縫い付けて・・・








靴になる前、平面の状態だから出来る繊細な作業ですね。






クリスチャン・ルブタン サテン







今回はサテンで同じことをすると、すぐにまた破れそうでしたので、






薄くした革でお修理致しました。




「元の状態に戻った」というわけではないのですが・・・






チョウチョのような




テントウムシのような


(どっちでしょうね?パタパタパタ・・・)


かわいいリボンが、もう少し活躍できるくらいには、直せたかと思います。




クリスチャン・ルブタン リボン





春物の靴の修理、お待ちしております。







ローズ 





青山店 今津






2014/02/20|クリスチャンルブタンコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
今やレディースの靴の半分はエナメルではないか?!?

というくらいカラフルで艶やかなエナメル靴が出回っています。




この頃は少し暖かいのでちょっと春のことを考えたりもして・・・

ついつい目を惹かれてしまうのも頷けます。





素材のメリットとしては艶があり綺麗で、コーティングがされているので雨に強くシミにもなり難い!




ですが、もちろんデメリットもありまして・・・

革が硬いので足馴染みが遅く、コーティングが剥がれると元のように再加工できません・・




鮮やかな色が多いだけに傷の補修では修理屋泣かせの素材なんです。






R0015073.jpg 


本日はこちら。


しばらく使っているうちに尖ったつま先が傷つき





R0015075.jpg 

R0015074.jpg 

R0015077.jpg

R0015078.jpg 


全体の曇りと、どこかで擦ったような汚れがついてます。

淡い色味だど余計に目立ってしまいますね。










R0015079.jpg

まずは汚れ落としと艶出しならコレ一本でOK

ウォーリー ラックパテント ¥630ー

非常にお安く、効果絶大です!





R0015080.jpg 


乳液状なので伸びもよく、これで表面を磨くだけ!色も選びません。









R0015084.jpg


R0015085.jpg 


R0015086.jpg 

R0015095.jpg



汚れの種類によってはエナメル表面の透明層に染み込んでしまって取れないものもありますが

今回はほとんどの汚れがキレイに取れました☆








R0015088.jpg

傷ついた箇所は色を合わせてしまえば遠目にはほとんど分かりませんね!

あとはソールを補強すれば完成です。







定期的にメンテナンスすればいい状態で長く履けます!

磨きだけでもお気軽にお持ちください☆








( 銀座店 鳥海 )







2014/01/30|クリスチャンルブタンコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
DSC01324.jpg 


皆さんご存知、赤いソールのクリスチャンルブタン。








ブランド創立20周年を記念してこんなものが!!




DSC01322.jpg  DSC01325_20120118180524.jpg



A4をとうに超える大きさで厚さも5cm!?


おなじみの淡いピンクの革での装丁で、随所に工夫が凝らされています。




常連のお客様から見せて頂きました。









表紙を開くとこんな!!




DSC01331_20120118180552.jpg 



DSC01329.jpg  DSC01330.jpg


おぉ~~

芸が細かい!!

この先も楽しみです♪




DSC01334_20120118180551.jpg  

DSC01336.jpg


歴代のコレクションからオブジェのような作品まで。


非常にアート性が強く、靴の写真集の域を超えています。


映画監督のデヴィット・リンチが撮影したものも多数あるようです。






DSC01337.jpg  DSC01333.jpg


この本一つが作品としてとても完成度が高く


手に取ってから最後の1ページまで時間を忘れ真剣に見入ってしまいました。






ルブタンファンならずとも十分に楽しめる一冊です。


どこかで見かけたら是非ご覧ください。





ちなみにクリスチャンルブタン氏


こんな方です。




ルブタン 


世界中の女性を虜にするシューズデザイナー


実は男性も多いんですよ。







ご購入されて、滑りや減りが心配な場合は こんな方法もオススメ です。









( 銀座店 鳥海 )








2012/01/24|クリスチャンルブタンコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ。

   ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード