FC2ブログ
2018/11 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019/01


本日水曜日は全店定休日になります、お気を付けくださいませ☆



IMG_5104.jpg 

WHITE'S BOOTS

140年以上の歴史を持つアメリカの老舗ブーツメーカー

アメリカにはレッドウィングやチペワ、ウエスコなど歴史のある良いブーツメーカーが沢山あります。

レッドウィングやチペワはグットイヤーウェルテッド製法でウエスコはステッチダウン製法、
そしてホワイツはステッチダウン製法にウェルトを組み合わせた製法になります。
どの製法も一長一短がありますが、ホワイツが最も手間暇かかったつくりになっていると言えるでしょう。

その特殊な製法から、ソール交換も大変で基本的にウェルトの交換からになります。

そんな特殊な製法、細かくご紹介します☆



IMG_5107.jpg 

ソールはVIBRAM#430

かなり厚みのあるソールで耐久性は抜群ですが、パターンはすり減ってステッチもほとんど切れています。



IMG_5114.jpg 

ヒールは大きく積み上げの革まで削れていますね。














それでは、ばらして中を見ていきましょう☆


 IMG_5144.jpg  

ヒールとソールをすべて剥がしました。



IMG_5147_20180418105313f40.jpg 

これはレザーシャンク、武骨な感じで雰囲気がありますね(笑)



IMG_5149.jpg 

シャンクの長さが足りなかったため後ろに継ぎ足している?

もちろん機能的には問題ありません、こういう少し粗いところはワークブーツらしいですね☆



 IMG_5158.jpgIMG_5157.jpg 

シャンクの裏には黒い革が入っていました、これはより土踏まずを盛り上げるためにあるのでしょうか?

分厚いレザーシャンクもホワイツの大きな特徴、アーチーズ製法といいこれにより履き心地がよくなるそうです☆



IMG_5159.jpg 

少し外れているのがウェルト、ステッチダウンのアッパーの革の上に縫いつけられています。

グットイヤー製法のウェルトとは全く違う形ですね☆



IMG_5161.jpgIMG_5162.jpg

下に敷いてある革が新しく取り付けるウェルト、普通の一枚革です。

おそらくホワイツではアッパーと同じ革を使うのだと思いますが、もちろん弊社で同じ革はないので似た色の革を使います。

外したウェルトと全く違う形ですが、どういうことでしょう?



IMG_5164.jpgIMG_5166.jpgIMG_5169.jpg

ウェルトを縫い付けました、この状態は初めて見る方がほとんどかと思います☆

白いステッチが掬い縫いで、わざわざこのために撚った極太の糸です。

極太の糸にも理由がありますが、後程説明します。



IMG_5168.jpg

内側に見える白い糸がウェルトを縫っている糸(掬い縫い)です。

中底に溝を掘ってそこに縫い付けています、ウェルテッド製法で言えばハンドソーンと同じ仕様です。
(グットイヤーウェルテッド製法はリブを貼ってそこに掬い縫いをかけます)

この掬い縫いによって、ウェルト、アッパー、ライニング、中底の4つが固定されます。



IMG_5167.jpg

ソールをつけてからになりますが、右のようにウェルトをくるっとさせてからアウトステッチを縫っていきます。






IMG_5295_2018041810591439b.jpgIMG_5297.jpg

こちらは土台のレザーソール(5mm厚)を貼って釘を打ったところ、しっかりと釘を打つことでシャンクの形が浮き上がっています。

ここでしっかりとシャンクの形を出すことによって、最後に貼るアウトソールにもいい感じの盛り上がりができます☆












IMG_5313.jpgIMG_5314.jpg

少しとんでここからは完成後

きれいにアウトステッチが縫いあがりました☆

ウェルトを縫っているのは内側のステッチのみです、外側のステッチはアッパーのみにかかっています。

ウェルトを引っ張りながらアウトステッチをかけ、縫い終わったらステッチぎりぎりで余ったウェルトをカットしました。

ウェルトがいい感じに盛り上がっているのは中に掬い縫いの糸があるからで、この盛り上がりのために極太の糸を使用します。



IMG_5315.jpg

アウトソールはオリジナルと同じVIBRAM#430でヒールはQuabaug

この写真では少しわかりにくいですが、いい感じに土踏まずが盛り上がっています☆



IMG_5316.jpgIMG_5318.jpgIMG_5321.jpg
IMG_5322.jpg

ピッチドヒールも美しく仕上がりました☆



IMG_5326.jpgIMG_5312.jpg

存在感抜群のホワイツですが、中身もすごいブーツですね☆

複雑なつくりなため修理にも手間がかかり高額になりますが、まさに一生もののブーツだと思います!!









今回の修理代金

・リウェルト ¥10,800
・オールソール Vibram#430 Quabaugヒール ¥18,360
・レザー5mm土台 ¥4,320

 合計¥33,480(税込) 
 納期は1か月~





ベンチマークではホワイツのカスタムオーダーを承っております。
http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2244.html
http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2123.html
http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2088.html



























忙しくて店舗にご来店いただけない方も多いかと思います。

工場に直接靴を送っていただいてのお修理も大歓迎です。

ただいまDMを一緒にお送り頂ければお修理代金10%OFFになります!

※DMですが、次回よりカスタマー登録済の方にのみお送りいたします。

カスタマー登録がこれからの方は弊社ホームページのCUSTOMER REGISTRATIONからお願いいたします。

カスタマー登録の詳細はこちらをご覧ください。

① http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2390.html

② http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2393.html


お手数をお掛けいたしますが、ご登録よろしくお願いいたします。



How To Order :http://www.union-works.co.jp/contact/

Web Repair :
http://unionworksrepair.com/#!/

Web Shopping :
https://unionworks.stores.jp/#!/



工場 森田




2018/04/25|その他のブーツ||トラックバック(0)TOP↑


201803260123150ac.png



今回お持ちいただいたのは、ダナーのマウンテンライト。


ゴアテックス搭載により、透湿性、防水性に優れているので、雨や雪の日に履かれる方も多いのではないでしょうか。



20180326012319a36.png



ソールは柔らかく、軽くて快適な履き心地の良いVibram #4014を使用しています。



201803260123178a2.png



20180326012319fc2.png



ソールはそれほど減ってはいませんが、今回はお客様のご希望により、オールソールすることになりました。


ここからはお修理後のお写真。



201803260123207ee.png



20180326012322881.png



ワークブーツの定番、Vibram #100を使用し、オールソールしました☆



20180326012323004.png



グリップ力が高く、耐久性、クッション性にも優れ、見た目に反して柔らかい履き心地が特徴です。



20180326012325191.png



ソールとヒールが分れているセパレートタイプのソールなので、ヒールが削れてきた時はヒールのみの交換が可能です。



20180326012326e14.png



ミドルソールは5ミリのレザーソールを使用しています。


シングルソールで仕上げるよりも、さらに無骨でワークブーツらしく仕上がっています☆


201803260123283cd.png



弊社では様々な素材、形状、カラーのソールをご用意しています。


オールソールをするだけで、気分転換にもなりますし、その靴の雰囲気や履き心地がガラリと変わります。


好みが変わり、履かなくなった靴がありましたら、是非ともお気軽にご相談下さい。


20180303002508d7c.png


ただいまDMとお修理品を一緒にお待ち頂ければ、お修理代金10%OFFになります☆
さらに、カスタマー登録済みの方でDMと一緒にお修理品をお出しいただければ、物販品が全品5%OFFになります☆(物販品5%OFFは3月末までとなります。)
※セール品など一部対象外の商品もございます。
詳しくはコチラをご覧ください。



カスタマー登録がこれからの方はコチラからご登録いただけます。


カスタマー登録についての詳細は下記からご覧ください。


http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2390.html


http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2393.html


皆様のご来店、お待ちしております。


ありがとうございました。


青山店  中田


2018/03/27|その他のブーツ||トラックバック(0)TOP↑
本日水曜日はユニオンワークス全店お休みです。

ご注意下さいませ。



さて、

ファッション雑誌などでは、すでに秋冬物の撮影が始まるそうですが、


靴の修理も夏の間にすましておくと肝心な時に履くことができるのでオススメです!



こちらはダナーのブーツ。

DSCF7852.jpg





前半分はつま先に小石が挟まってしまっているぐらいで

特にお修理する必要はなさそうですが

DSCF7846.jpg






ヒール部分は上の層に差し掛かろうとしています。

DSCF7845.jpg
DSCF7844.jpg






もちろん同じビブラム社製のラバーシートでオールソールすることもできますが

DSCF7873.jpg
(Vibram Tank Sheet  ¥10,800~)






そこまでするのももったいないので

ヒール部分だけビブラム社製の素材でお修理させて頂きました。

DSCF7877.jpg
(Vibram Tank Lite Heel   ¥3780~)







部分修理だと思わせないぐらいに

圧巻の仕上がりになったのではないでしょうか。

DSCF7894.jpg



DSCF7888.jpg



DSCF7892.jpg


最近履かなくなったな、、、

という靴を家に眠らしているようであれば

お疲れさま。 という意味も込めて

一度お持ちいただけたらと思います。







DSCF7891.jpg




DSCF7895.jpg




ありがとうございました。

新宿店 青山店 高野



2016/07/13|その他のブーツ||トラックバック(0)TOP↑
 P6202093.jpg

John Lobb  Jodhpur 

ユニオンワークスでジョッパーブーツといえばシュナイダーですが、やっぱりジョンロブもかっこいいですね☆





 P6202095.jpg

この写真ですとわかりにくいですが、ソールがかなりすり減っていてオールソールの時期です。

もちろんソール交換もしますが、今回のメインはストラップ関係☆





P6202097.jpgP6202102.jpg
こちらは先ほどのjodphur





P6202108.jpg 
P6202104.jpg 
そしてこちらはJodphurⅡ、現行のモデルになります。
(先ほどのブーツとは別のものです)

違い、分かりますよね☆



P6202109.jpg

JodphurとJodphurⅡ、違いはいくつかありますが、その一つがストラップを通すループがⅡにはついていること。

おそらく履いているうちにストラップが動いて履きづらいという意見があったのでしょう、2014年にリニューアルされたJodphurⅡにはループが新設されています。
(Jodphurは1996年発売)

今回のお客様もストラップが動いて履きにくいとのことでしたので、現行モデルと同じようにループをつけることを提案しました。











P6282119.jpgP6282122.jpg 

こちらはループ取り付け後、さすがに現行モデルでも採用されているだけあっていい感じになじんでいますね☆

ループの幅、位置など現行のモデルを参考にしながら取り付けましたので、間違いない仕上がりだと思います☆





P6282118.jpg

ソールはもちろんレザー&チャネル仕上げ(Aプラン)、完璧な仕上がりです☆





P6282123.jpg

コバの仕上がりもばっちり☆



P6282130.jpg

ヒールは滑りにくく耐久性のあるユニオンヒール、Made in Englandでジョンロブにもよく合います☆



P6282128.jpg

これでよりストレスなく履けるようになりました☆

以前より履く機会が増えるんじゃないでしょうか☆☆☆











・Leather All Soles Plan A  :  ¥22,000~ (税別)


・ループ取り付け  :  ASK   
※仕様によってお値段は変わります、今回は¥6,000(税別)でした。










工場に直接靴を送っていただいてのお修理も大歓迎です。 


How To Order :http://www.union-works.co.jp/contact/

Web Repair :
http://unionworksrepair.com/#!/ 

Web Shopping :
https://unionworks.stores.jp/#!/

UNION WORKS  Home Page : http://www.union-works.co.jp/


(工場 森田)


2016/07/11|その他のブーツ||トラックバック(0)TOP↑
P5202004.jpg 

こちらはヴィンテージのワークブーツ、詳細は分かりませんがとにかく古いものらしいです☆



P5202006.jpg 
P5202009.jpg P5202008.jpg 

古いゆえか分厚いラバーソールが真っ二つに割れちゃってます!!

普通であればオールソール交換を進めますがこちらはヴィンテージ、ちょっと落ち着いて考える必要があります。

ある程度年月の経った革は見た目ではわからなくても劣化が進んでいる可能性が高く、たとえソールを交換したとしてもアッパーが着用に耐えられない場合があります。

最悪の場合修理中にだめになってしまうことも(怖)

ヴィンテージワークブーツは資料的価値がありますが、着用には向かないことが多くあります。

とはいえ雰囲気があるブーツ、手にいれたからには眺めているだけでなく履いてみたいと思ってしまうのもよくわかります。

今回はソール交換には耐えられる状態と判断できましたので、オールソール交換をしちゃいました★







P6042066.jpg

今回装着したのはVibram#705、Vibram#700を前半分のみ切り離したようなデザインのソールです☆
 (ヒールは#700)




P6042070.jpg 

ソール中央には通称「お魚ステッチ」が入ります、アウトステッチと合わせて分厚いラバーを強力に固定☆



P6042068_20160605014138d5f.jpg  P6042067.jpg 

前半分のラバーはしっかりと厚みがあり、ヴィンテージの雰囲気に負けない重厚感があります☆

そして#705最大の特徴ですが、ウエスト部分がレザーのみでソールの返りがよく軽快な歩き心地が感じられます☆




 P6042063.jpg  

いい感じです、かっこいいですね☆



しっかり履いていただける状態だとは思いますが、本気の現場仕事での使用は危険なので控えましょう(笑)



あくまで雰囲気重視で優しく履いてくださいね☆




All Sole Vibram#705 : ¥19,000~









工場に直接靴を送っていただいてのお修理も大歓迎です。 


How To Order :http://www.union-works.co.jp/contact/

Web Repair :
http://unionworksrepair.com/#!/ 

Web Shopping :
https://unionworks.stores.jp/#!/




(工場 森田)






2016/06/17|その他のブーツ||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ。

   ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード