FC2ブログ
2018/11 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019/01


GUIDIグイディ

1896年、イタリアのトスカーナ ぺシャ市にてグイディ(GUIDI)のルーツとなる会社コンチェリア グイディ ロゼリーニが創業される。

100年以上に渡ってコンチェリア グイディ ロゼリーニ社はイタリアでも有名なタンニングのスペシャリストとしての地位を築きあげ、キャロル クリスチャン ポエルやカルペ ディエムの素材提供をしていると言われる。

2005年秋冬シーズンより、プロジェクトとして「グイディ(GUIDI)」のコレクションがスタート。

日本でも大変人気のブーツメーカーで、アルチザンブランドの中で最も重要なブランドの一つです。





IMG_5435.jpg  

こちらが今回修理するGUIDIのバックジップブーツ

足首からつま先にかけての皺が特徴的ですね、アルチザンブランドの本流を行くデザインです☆



IMG_5436.jpg 

ソールはハーフラバーソールを貼っていますが、すり減って穴が空いています。

ヒールも大きくすり減っています。



IMG_5442.jpg 

かなりハードに履かれていたようですね(凄)

つま先が大きく反り返っています。



IMG_5439.jpg 

正面から見ると外側に傾いて、ねじれたように歪んでしまっています。



IMG_5441.jpg 

ヒールはかなりすり減っていますね、やはり外側に傾いています。























ここからはお修理後☆

IMG_6013_20180607014719040.jpg 

レザーソールにハーフラバーソールとラバーヒールの仕様



IMG_6029.jpg 
IMG_6034.jpg 

ウエスト部だけですが、しっかりGIDIっぽい色に染めました☆

コバの粗さや丸い感じもオリジナルに忠実に☆



IMG_6017_2018060701472102a.jpg IMG_6020.jpg 

反りあがったソールや全体の歪みもかなり直ったのではないでしょうか☆



IMG_6026.jpg 

少しひび割れたようなアッパーの革がアルチザンぽくて良い感じ★


コバも雰囲気良く仕上がりました☆



IMG_6027.jpg 

ヒールもいい感じの雰囲気☆



IMG_6007.jpg IMG_6012.jpg 

修理前の写真を撮り忘れましたが、今回は右足ジップの持ち出しを交換しました。
※指でつまんでるところが持ち出してす、ジップが直接足に当たらないようにあるパーツになります。



IMG_6006.jpg 
IMG_6005.jpg

修理前のマットな感じもいいですが、磨いて艶が出た感じもいいですね☆

再びガンガン履いていただければと思います★














今回の修理代金

・オールソール レザーBプラン ラバーヒール : ¥17,000

・GUIDI風加工(コバの雰囲気をできるだけGUIDIっぽく加工) : ¥4,000

・ハーフラバーソール : ¥3,500

・右足ジップ持ち出し交換 : ¥4,000


・納期 : 3~4週間










忙しくて店舗にご来店いただけない方も多いかと思います。 

工場に直接靴を送っていただいてのお修理も大歓迎です。



※DMですが、次回よりカスタマー登録済の方にのみお送りいたします。

カスタマー登録がお済でない方は、弊社ホームページのCUSTOMER REGISTRATIONからお願いいたします。

カスタマー登録の詳細はこちらをご覧ください。

① http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2390.html

② http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2393.html


お手数をお掛けいたしますが、ご登録よろしくお願いいたします。




郵送でのお修理 :http://www.union-works.co.jp/contact/

リペアメニュー :
http://unionworksrepair.com/#!/ 

ウェブショッピング :
https://unionworks.stores.jp/#!/





工場 森田






2018/07/11|グイディ、カルペディエム||トラックバック(0)TOP↑

m.a+(エムエークロス)

カルペディエムの開発に深くかかわっていたマウリッツィオ・アマディが、2006AWからスタートしたアルチザンブランド。

カルペディエムが休止していた10年間、アルチザンブランドを牽引していたブランドの1つですね☆

カルペディエム出身らしくレザーアイテムに拘りが強く、シューズではワンピースレザー(一枚革)のデザインが多いのが特徴。

とてもシンプルな靴が多いですが、秀逸な木型や上質なレザーが相まってとても雰囲気のあるブランドだと思います☆
















 IMG_5423.jpg

こちらが今回修理させていただくMA+のバックジップブーツ

バケッタレザーがいい雰囲気、やはり一枚革ですね☆

甲から足首にかけてのしわが特徴的、雰囲気有ります☆。
一枚革をブーツの形に釣込むのは無理があると思いますので、このしわ有りとすることで初めてできるデザインかと思います☆

先週に続き、アルチザンブランドのリペア紹介です★



IMG_5425.jpgIMG_5428.jpgIMG_5430_20180607020107343.jpg 

ソールは大きく減って剥がれかけています。



IMG_5429_20180607020105eb9.jpg

ヒールも大きく減ってしまっています。

勿論手遅れではありません、これくらいであれば無問題★

きちんと修理すれば完璧な状態にできます☆












IMG_5974.jpg

こちら修理後、まるで新品のようになりました☆



IMG_5980.jpg

ソールはレザーソールにハーフラバーソール+ラバーヒール、耐久性もばっちりです☆

土踏まずのレザー部分はオリジナルに限りなく近い薄グレー☆



IMG_5981.jpg

ソールの厚みやヒールの高さはオリジナルに忠実に、いいバランスです★



IMG_5983.jpgIMG_5984.jpg
コバの色はオリジナルに限りなく近いグレーで、色むらの感じもオリジナルっぽいです☆



IMG_5995.jpgIMG_5999.jpg

艶も戻り、息を吹き返しましたね☆





いい靴は修理しながら大切に履きましょう、
いい靴であればきっとそれに答えてさらにいい靴になってくれると思います★















今回の修理代金

・オールソール レザーBプラン : ¥17,000

・ハーフラバーソール : ¥3,500

※すべて税別、納期は2~3週間です。



















忙しくて店舗にご来店いただけない方も多いかと思います。 

工場に直接靴を送っていただいてのお修理も大歓迎です。



ただいまDMを一緒にお送り頂ければお修理代金10%OFFになります☆
※期間が今月いっぱい(6/30まで)となっておりますので、ご注意ください!!


※DMですが、次回よりカスタマー登録済の方にのみお送りいたします。

カスタマー登録がこれからの方は弊社ホームページのCUSTOMER REGISTRATIONからお願いいたします。

カスタマー登録の詳細はこちらをご覧ください。

① http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2390.html

② http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2393.html


お手数をお掛けいたしますが、ご登録よろしくお願いいたします。



How To Order :http://www.union-works.co.jp/contact/

Web Repair :
http://unionworksrepair.com/#!/ 

Web Shopping :
https://unionworks.stores.jp/#!/





工場 森田






2018/06/25|グイディ、カルペディエム||トラックバック(0)TOP↑

C DIEM(カルペディエム)


1994年イタリアのペルージャにてマウリツィオ・アルティエリにより創業したアルチザンブランド、「アルチザンの祖」ともいわれています。

レザーにこだわりのあるブランドで、特に靴に力を入れているそうです。

独特の感性から生み出されるアイテムは世界中のファッショニスタやセレブに大人気となりましたが、
人気絶頂期であった2006AWを最後に突然終了してしまいます。

そして2017AW、10年ぶりに復活!!
このニュース、ファッション界ではとても大きな話題になりました☆










IMG_5403.jpg    
IMG_5409.jpg 

こちら今回お修理させて頂きますカルペディエムのバックジップブーツ。

かなりハードに履かれていた様で、泥まみれですね(笑)



IMG_5407.jpg IMG_5412.jpg

ソールは大きくすり減って剥がれてきています。


IMG_5411.jpg  IMG_5410.jpg 

ヒールも大きくすり減っていて、左足のジップは破損してしまっています。

かなりの状態ですね、、、、

ここまで履いてもらえればこのブーツも本望だと思いますが、
修理すればしっかりと復活します!!!







IMG_5938.jpg 
IMG_5939.jpg  

こちらが修理後

先程と同じブーツです、本当です(笑)

すごいですね、見違えました☆



IMG_5935.jpgIMG_5958.jpg

ソールは雰囲気と耐久性を考えてレザーソールにハーフラバーソールとラバーヒール。

ウエストに見えるレザー部分はカルペっぽくザラザラの質感にしました☆



IMG_5957.jpgIMG_5959_20180607005048d2e.jpg 

コバは透けた感じの黒でグレーっぽく、ピシッとしてまるで新品同様です☆



IMG_5940.jpg 

IMG_5941.jpg  

壊れた左のみ新しいジップに交換。、元々のジップより耐久性の高いエクセラジップを使用しました☆

左右で少し変わってしまいますが、右が壊れたとき同じ物に交換するそうです。



IMG_5949_201806070101390f6.jpg IMG_5963.jpgIMG_5950_20180607010004bb1.jpg



さすがカルペディエム、磨けば光る良い革を使っていますね☆

つま先の色が抜けた感じも良いですね、新品時よりも今の方がかっこよくなっていると思います☆

これでまた、新しい気持ちで履けるでしょう☆★☆


















今回の修理代金

・オールソール レザー カルペディエム仕様 : ¥19,000

・ハーフラバーソール : ¥3,500

・左ジップ交換(エクセラ) : ¥9,000

※全て税別、納期は3~4週間です。













忙しくて店舗にご来店いただけない方も多いかと思います。 

工場に直接靴を送っていただいてのお修理も大歓迎です。



ただいまDMを一緒にお送り頂ければお修理代金10%OFFになります☆
※期間が今月いっぱい(6/30まで)となっておりますので、ご注意ください!!

※DMですが、次回よりカスタマー登録済の方にのみお送りいたします。

カスタマー登録がこれからの方は弊社ホームページのCUSTOMER REGISTRATIONからお願いいたします。

カスタマー登録の詳細はこちらをご覧ください。

① http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2390.html

② http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2393.html


お手数をお掛けいたしますが、ご登録よろしくお願いいたします。



How To Order :http://www.union-works.co.jp/contact/

Web Repair :
http://unionworksrepair.com/#!/ 

Web Shopping :
https://unionworks.stores.jp/#!/





工場 森田




2018/06/21|グイディ、カルペディエム||トラックバック(0)TOP↑
DSCF9051.jpg

革の質感がなんとも独特なグイディ。







DSCF9055.jpg

裏側を見てみると、

オリジナルのレザーソールにラバーで補強がなされています。






前回、レザーでのオールソールをご紹介させていただきましたが、

今回はお客様のご希望でちょっと変わった素材を使ってお修理いたします。








DSCF9177.jpg


DSCF9189.jpg

今回使用したのはなんとビブラムの2021ソール!

ガラッと雰囲気が変わりました!






DSCF9179.jpg

つま先からかかとの方までしっかりとした厚みがあるのが特徴。

クッション素材の為あまり重さを感じさせず、

足あたりもやわらかくなっています。







DSCF9186.jpg

ミドルソールにはラバー素材のものを使用し、







DSCF9183.jpg

ヒール部分にはオリジナルの傾斜に出来るだけ近づける為、

ウェルトとミドルソールの間にレザーを追加して挟んでいます。







DSCF9184.jpg

後ろから見ても違和感ないですね。








DSCF9180.jpg


暖かさに拍車がかかり、

冬に活躍したブーツの出場回数も少なくなったことかと思います。


来シーズンに向けて、

忘れないうちにメンテナンスしておいてはいかがでしょうか。





ありがとうございました。


新宿店 青山店 高野






2017/04/20|グイディ、カルペディエム||トラックバック(0)TOP↑
DSCF8688 のコピー

イタリアで100年以上に渡って革の鞣しのスペシャリストとして地位を築いているGUIDI。






DSCF8690 のコピー

靴のパターンだけでなく革の質感やソールの仕上げまで、

GUIDI独特のデザインは多くの人々を魅了し続けています。






DSCF8693 のコピー

今回お預かりした靴のソールを見てみるとヒール部分は大きく削れてしまっており、





DSCF8694 のコピー

裏側には穴があいてしまっていましたので、

オールソールのお修理をさせていただきました!











DSCF8759 のコピー


DSCF8794 のコピー


今回はお客様のご希望で出来る限りオリジナルに近いように、

レザーでオールソールさせていただきました。

GUIDIはやはりレザーソールが似合いますね。




DSCF8775 のコピー

コバの丸みや質感、





DSCF8767 のコピー

ヒールのエッジの雰囲気やデザインに至るまで、

オリジナルにとても近い仕上がりになったかと思います。









DSCF8785 のコピー

ちなみにソールの裏側はこのような感じ。





DSCF8802 のコピー

ブラックソールでもあえてムラ感を出し、

アウトステッチはオリジナル通りメスステッチで縫い込みました。





DSCF8792 のコピー

ちなみに右側は通常のステッチ。

比べてみるとメスステッチの方が溝の幅が細くなっています。

些細な違いですが、大切なポイントの一つです。





DSCF8804 のコピー


これでバッチリ履いていただけるようになりました!

レザーソール以外のソールにも変更することも可能ですので、

ぜひご相談くださいませ。



ありがとうございました。

新宿店 青山店 高野


2017/02/21|グイディ、カルペディエム||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ。

   ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード