FC2ブログ
2018/07 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018/09
 

IMG_0870_201807272059265df.jpg  





もう3ヶ月も前の事になりますが、
 

 
IMG_0872.jpg 



4月に頂いておりました春季休暇を使いイギリスへ行ってまいりました。
 
 

IMG_0873.jpg 

  
約1週間でノーサンプトン、チェスター、ロンドンを慌ただしく回ってきました。
  
 

 
IMG_0871_20180727205928d22.jpg  


色々な収穫や企画も立てて参りましたので、そちらは改めてご紹介して行きたいと思います☆
 
  
 
  


今回の出張は移動の多いスケジュールでしたのでサッと履ける楽な靴が必要だなと思い、
 
IMG_3343.jpg


George Cleverly / Velvet Seahorse Slippersを用意して行きました♩
 
 
イギリス滞在中はホテル内の移動は勿論、
朝早くからスーツケースをゴロゴロして移動する際にもよく履いていました。

 
IMG_0677_2018072721154486e.jpg 




日本にいるとあまり、と言いいますかむしろ全く無い経験ですが、
このスリッパを履いて行動していると知らない方に良く話しかけてもらえました(笑)

「その靴イイね!」、「どこのスリッパ?」は、しょっちゅう言われましたし、

通りすがりの女性には靴を指されて「スタイリッシュ!」と言われ、
本当に褒められてます??と思うほどでした(苦笑)

そんな疑心暗鬼にも思えてくる程話しかけられていたのですが、
勇気を持って話しかけてくれた方々と二言三言会話をしていくと、
殆どの方が同じ所を褒めて下さいました☆
 

 
 それは靴の木型♪
 



IMG_3340.jpg 


  
実は我々が最も気に入ってたポイントがこのシェイプでしたので、
とても嬉しく思いました☆
 
 
 
各ブランドからヴェルヴェットスリッパは出ているのですが、
 
IMG_3313_20180727211211196.jpg  


 
クレバリーのスリッパは木型が細身に設計されているのが魅力的で、
所謂ヴェルヴェットスリッパというよりはスリッポンに近い印象で、いかにも感が少なく、
色々な合わせが可能に思います。
 

木型の他に豪華な刺繍も惹かれたポイント☆
  
IMG_3349.jpg 



豪華と言っても単純にモチーフや派手な糸を使う事では無く
 
 
IMG_3348.jpg   
 


刺繍の立体感が素晴らしく凝っていて、手間隙掛かっているなぁと思える華やかさです。 
 



IMG_3354.jpg 

 
 
履き口は革でパイピングが施されていますので裂けたり解れたりし難く丈夫で

スマートで凛とした印象に仕上がっています☆
 
ライニングや中敷きも革で作られていますので、
交換・お修理を行えるのも長く愛用出来て嬉しいポイントです♪ 
 
 


IMG_0676.jpg 


スラックスにホーズと合わせて頂く事も良いですし、
 
 
fullsizeoutput_533.jpeg  
 

カジュアルにジーンズに合わせたり、

今時期ではグルカショーツの様なパンツに合わせて頂いたりと、

様々なスタイルでお履き頂けると思います♫
 
 




IMG_3357.jpg 


 
新品時はレザーソールにレザーヒールですので、
  
IMG_3359.jpg 

ハーフラバーソールや、ラバーヒールに交換すると気兼ねなく
タウンユースとしてお使い頂けます☆
 
 

$RI1H1MK.jpg 

 
George Cleverly / Velvet Seahorse Slippers 
¥69,120- 

 
ここまで装飾美と機能美が備わっているヴェルヴェットスリッパも少ないと思います。

ユニオンワークス各店で販売していますのでご来店の際にはお手にとってみて下さい。 
 
   

青山店 フナヤマ
 



2018/07/28|販売靴||トラックバック(0)TOP↑

本日はお修理のご紹介です。


P2101696.jpg




今回お持ちいただいたのは、トリッカーズのスエードチャッカブーツ。


P2101709.jpg


オリジナルのソールは、ダイナイトソールがついています。

フロントのパターンがなくなってしまい、滑りやすくなってしまったとの事でした。


P2101701.jpg


ヒールもちょうど厚みがなくなっているので、良いタイミングだと思います。

雨の日に出番が多いという事なので、同じダイナイトソールに交換させていただきました。


P2101707.jpg


しかし、オールソールの際に再利用するウェルトをよく確認してみると、

ストームウェルトにヒビが入ってしまってます・・・。

このままだとソール交換ができない為、

今回はウェルトの交換をさせていただきました。















出来上がりがこちらです☆


P3061788 (1)


P3061801.jpg


P3061804 (1)


リウェルトをさせていただいて、アウトステッチとコバ幅が均一で綺麗に仕上がっています。




P3061814 (1)


ソールも新品同様になりました。


P3061813.jpg


ヒールもしっかり仕上がっています。

また長年活躍してくれると思います!


今回のお修理は、

リウェルト  ¥10,000- +Tax

ダイナイトソール交換  ¥15,000- +Tax

ダブルソール仕様  ¥2,000- +Tax

リウェルト交換のお修理は納期1か月ほどいただきます。

ご来店お待ちしております。








DMについてお知らせがあります。


P2121780_20180614000728251.jpg


こちらのおハガキをお持ちの方、使用期限が迫っております。

使用期限 6月30日までになります!

是非ご利用ください。

また、次回のDMは夏期休暇のお知らせになります。

DMやお休みのお知らせをご希望の方はぜひご登録お願いいたします。

登録をしていただいた方のみにDMをお配りいたします。

ご登録方法は、

582d665a29cd822e4a12aabe272d1750.png 


弊社ホームページのトップにあるCUSTERMER REGISTRATIONをクリックしていただいて、




55691bf7cc58ad52544acf1eb808993a.png 

こちらからご登録お願いいたします。

https://union-works.secure.force.com/

お手数おかけいたしますが、よろしくお願いいたします。



銀座店 渋谷店 黒須




2018/06/29|トリッカーズ||トラックバック(0)TOP↑
じめじめした日が続いておりますが、もう夏はすぐそこまできております。

梅雨が明けたら あれを履こう、これを着ようと色々考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

私は夏になると専ら紐無しの靴を好んで履きます。
夏服のスッキリとした装いにはこれまたスッキリとしたスリッポンタイプの靴が良く似合うと思います。


そんな夏にぴったりの靴 弊社でもご用意しております。
しかも格安で。

残りサイズ僅かとなっておりますがご紹介させて頂きます。

UK Original / Side Elastic Shoes
IMG_0242_Moment.jpg

弊社オリジナルのサイドエラスティックシューズ
IMG_0241.jpg

何と言っても一番の特徴は このエラスティック
IMG_0243_Moment.jpg

ゴム部分を革で蛇腹状に覆うことによって、伸縮性はそのままに よりエレガントにみえます

このデザインのおかげでオンオフどちらでも違和感なく履けます



フロント部にはゆとりがありリラックスして履けますが、踵のカップは小ぶりなので踵の抜けも少ないと思います
IMG_0244.jpg



小ぶりなヒールとゆとりあるフロントということで、最近入荷したこちらのツリーとも相性が良いです。


UK LIME Shoe Trees 2
IMG_0248.jpg

IMG_0246.jpg

靴と同サイズか靴よりハーフサイズ下のサイズが良さそうです。
※写真は同サイズを入れております

IMG_0247_20180615215848394.jpg

ツリー詳細はこちら
http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2517.html


黒と茶色の2色ご用意しております

IMG_0245.jpg

IMG_0252.jpg

UK Original / Side Elastic Shoes  50% 0ff
¥48,600 ⇒ ¥24,300 税込 


BLK 残りサイズ
6 , 9

BRN 残りサイズ
6h , 9


渋谷店WEB SHOPPING にてお買い求めいただけます。


只今 WEB SHOPPING限定セール開催中
是非こちらも併せてご覧ください。
http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2527.html



ありがとうございました。


渋谷店 山田


2018/06/23|その他の靴||トラックバック(0)TOP↑
   
DSCN5601.jpg

 
 
ラッセルモカシンのスポーティングクレイチャッカのご紹介です☆


 ラッセルモカシンは100年以上の歴史を持ち、昔ながらの手作業の工程を多く残す

 アメリカのシューメイカーです。

 生産数は非常に少ないと言われており、オールデンやアレンエドモンズに比べると

 目にする機会が少ない気がします。



DSCN5598.jpg

DSCN5600.jpg

 
 今回はオリジナル同様に、ビブラム#2060にてソール交換のご依頼です。

 #2060の特徴は、軽さとメリハリのある形状だと思います。


DSCN5607.jpg

 ユニットソール(一体型のソール)の中ではつま先が薄く


DSCN5608.jpg

DSCN5611.jpg


 ヒール部分はしっかりと厚みがあるので、


DSCN5606.jpg

 サイドからの見た目も良く、#2021や#4014と比べるとシャープな印象になります。

 ボテッとした感じが苦手な方にはお勧めです。
 

DSCN5609.jpg


 最近は外羽根のプレーントウなど、サーヴィスシューズに付けるお客様も増えております。


DSCN5605.jpg      


 VIB#2060 ¥11,000~

 色はブラックとブラウンの2色です。

 重いしカタくて履いてないなぁ~ という1足があれば是非ご相談ください。


 もちろんDMもご利用いただけます☆





 工場あおき




2018/06/05|その他の靴||トラックバック(0)TOP↑
 
001_201805242212057fe.jpg

靴(革)の魅力の一つに、エイジングした姿があると思います。

履き込まれ、よく手入れされた靴はどこか惹きつける雰囲気を放っているように思います。

大事に永く使ってきたものだからこそ生まれてくるものであり、

すぐに手に入るものではないことも理由の一つかもしれません。

その為には永く使えるものであるという事が条件になってきます。

英国靴はその条件を満たしたものがまだまだ沢山あります。

弊社でも扱っているトリッカーズはそんなアイテムの一つだと思いますし、

ことカントリーにおいてはそのコンセプトの通り

足元を支えてくれる心強い一足ですから、

どんどん使って革靴の魅力をたっぷり味わえる靴だと思います。

本日はお店にある、時間の経過を経たトリッカーズとともにご紹介と、

革のお手入れについてのお話を少し。






002_20180524221206423.jpg

まずこちらはトリッカーズといえばというシーシェイド。

トリッカーズを代表する革だと思います。

厚手の革、色抜けの起きにくい仕上げで、まさにタフな仕様にも耐えうる革と言えると思います。

今では(昔も!?)色抜けを楽しむエイジングということも楽しみの一つとしてありますが、

一方ではその当時、色が抜けない綺麗な状態を保たせたいという思いもあったのではないかと思います。

(補色用のケア用品があるくらいですからね)

その点においては画期的な革だったのではないかと思います。

結果、シーシェイドにおいてはその独特な雰囲気が楽しめる気がします。









009_20180524221216da9.jpg

続いてはマロンアンティーク。スタンダードなカーフです。

こちらは無色でのケアでの例で、色、ムラ、出まくってますね。

もちろん補色クリームやワックスのケアもいいです。

トリッカーズという靴だからでしょうか、

このような状態も味があって良い雰囲気に見えるから不思議です。









007_201805242212134e4.jpg

マロンつながりでキャンバス地とのコンビ。

先程の物に比べれば全然若い一足ですが、

それでも使ったからこそ出る雰囲気が出てきています。








005_20180524221210c0e.jpg

こちらはエイコーン。

淡い色は初めのうちは汚れが付くとやっぱりちょっとショックかと思いますが、

そこはぐっと堪えてマメなケアを。

そのうち良い雰囲気になってくれます。







006_20180524221212675.jpg

永いことリピートしているイミテーションキャップもあります。

シンプルな分、艶や皺の表情がデザインのように刻まれてくると

自分の物になったなぁ、と愛着もひとしおだと思います。








010_201805242212186fc.jpg

シンプルと言えばのジョージブーツ。

別注第一弾だった気がしますが、ずっとリピートしているだけあり、

いつ見てもカッコいいブーツだなと思います。

これこそ艶や皺が加わってどんどんカッコよくなります。

スタイルとしても一足あると重宝しますよ。








008_20180524221215c65.jpg

最後はブラックMCのブローグブーツ。

先程のジョージブーツのスタンダードなカーフとはまた一味違ったブラック。

種類で言うとオイルドレザーということですが、

そのとおり、艶々というよりかはじっとりとした滲み出るような艶が特徴。

実用性に富んだ革だと言えます。








011_201805242212190ed.jpg






012_20180524221221055.jpg

一部、エイジングサンプルがあるもののご紹介でしたが、

カントリーを中心にいろいろと並べております。

気付けば梅雨も近い時期になりました。

この時期、トリッカーズのカントリーは重宝します。

雨が降りそうな日はついつい選んでしまいがち。

とはいえやっぱり革なので、雨でぬれっぱなしでいいということではありませんが、

雨風打たれてもケアをしていれば、タフな使用にも頑張ってくれる靴ですから

頼りになる靴です。





最後に少しお手入れのお話ですが、

手入れの肝は短時間で済むシンプルなケアをマメに!だと思います。

クリーム塗る→ブラッシング→乾拭き

普段はこれで十分。

あれもこれもやらなきゃ、、、と思うとやりたくなくなっちゃいますからね。

無理なく楽しくやれる範囲でやってみてください。

何事も楽しくないと続きませんから。

チョコチョコいじってるうちに革にも表情が出てきてきっと楽しくなってくると思います。

色々やるのはそれからでも全然いいと思います。

ケアの核となる部分は案外シンプルで簡単です。

是非マメにいじってカッコいい自分の一足にして頂ければなと思います。

勿論、弊社にてケアだけでも承っておりますので、

よくわからないときはケアだけでもお任せください。



本日ご紹介いたしましたトリッカーズは各店にてご用意いたしておりますので、

是非いろいろとお試しになられてみてください。

皆様のご来店お待ちいたしております。



新宿店 花田
2018/06/02|トリッカーズ||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ。

   ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード