FC2ブログ
2019/12 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020/02



『ブリットチャッカ』


『ハイトップチャッカ』


『プレイボーイチャッカ』


ここまで多くの名がある靴はそう多くはないはず。

そろそろ履きたくなってくる頃ではないでしょうか。


IMG_1988_20191120001436d5d.jpg



SANDERS 『Mud Guard Chukka Boots』



IMG_E1994.jpg



アッパーは1904年創業のイギリスの老舗タンナー、

『チャールズ・F・ステッド』社のレぺロスエードを採用。

英国伝統の最高のなめし技術の用いられたレザーは、

キメが細かく柔らかで、鮮やかな発色と上質な素材感が特徴です。



IMG_1993.jpg


IMG_1992.jpg


IMG_1995_20191120001446753.jpg



そしてなんと言っても最大の特徴はこのソール。

マッドガードという名称の通り、泥除けを目的としたクレープ材料を

アッパーとアウトソールの側面に巻いているのが特徴。

アッパーにしっかしと防水スプレーを吹いておけば

雨の日でも気兼ねなくガシガシお履きいただけます。



弊社で取り扱っているアイテムに合わせやすかったので

マッドガードの各カラーと併せてご紹介。



IMG_1989_20191120001438bb4.jpg



まずは定番のスナフ

スティーブマックイーンが映画『ブリット』や『華麗なる賭け』で愛用していたモデルに最も近いということもあり、

マッドガードといえば真っ先に思い浮かべるカラーではないでしょうか。



IMG_E2152.jpg



スタッフ網本はそんな定番色のマッドガードに

新入荷のクラシックラグランコートボンクラのXXを合わせました。

ややカッチリとした印象のコートでも、ジーンズとマッドガードを合わせることで

カジュアルダウンを楽しむことができます。



IMG_1990.jpg



続いては鮮やかなネイビー

ネイビーが持つ軽快な印象と爽やかさ、

マッドガードの持つ無骨さがとても良いバランスです。



IMG_2153_20191125213533bd3.jpg



私、中田はネイビーのマッドガードに

ダッフルコートボンクラの66を合わせました。

全身ネイビーのワントーンでまとめてみてもいいですね♪



IMG_1991.jpg



最後はブラック

上品な雰囲気を持ちつつもカッチリし過ぎず、

コーディネートのバランスを取ってくれそうです♪



IMG_2154.jpg


2度目の登場の私、中田はブラックのマッドガードに

ブリティッシュミラレーンのシングルトレンチコート

ボンクラの66を合わせました。

ブラックはやはりどんなコーディネートにも合わせやすく

スエード素材は少し力を抜きたい時に良いですね♪



IMG_1988_20191120001436d5d.jpg


いかがでしたでしょうか。

軽くて柔らかいクセになってしまいそうな履き心地のマッドガード。

スエードのブーツは今の時期とても重宝するかと思います。

また様々なコーディネートに合わせやすいということもあり

色違いで2足目を購入される方も多くいらっしゃいます。

まずは定番のスナフ、来年はネイビーを...

お持ちのお洋服に合わせてそんな買い方もありですね☆



SANDERS 『Mud Guard Chukka Boots』
¥47,300‐


青山店はもちろん、ユニオンワークス各店でご用意しております。

またWebショッピングからもお買い上げいただけます。


皆様のご来店心よりお待ちしております。

ありがとうございました。



青山店  中田



2019/11/28|サンダース||トラックバック(0)TOP↑
 今年はトリッカーズが190周年ということで、

以前から何か面白いものをやりたいなと思っていたのですが、

ついに出来上がってきました!

なかなかの面白いものとなったかと思うのですが、ひじょーに判りにくい。。。

まずは一枚画像をご覧ください。












001 (2)

今回の新作というのがこちら!

「何処が?」

だと思います。

その違いはというと、、、










002 (2)

つま先のフォルムに注目していただくとー、

違いが見えてきましたでしょうか。









005 (2)

こうしてみると、違いが見えました!

トウの立ち上がりとポッコリとしたフォルムが特徴のこのラスト。

それだけ?

と、言えばそれだけなのですが、もう一枚別の画像を見ていただこうと思います。










006 (2)

こちらは正面からの一枚。

向かって右の短靴が新作、左は定番のブーツ(STOW)です。

ブーツと比較?

トリッカーズのラストをご存じの方だとなんかちょっと話が見えてきましたでしょうか。

定番のカントリーブローグシューズ(BOURTON、KESWICK)のラストは4444。

ブローグブーツ(STOW、MALTONなど)やプレーントウのカントリーシューズなどは4497S。

ということは、、、

はい、だんだん見えてきました。

僕自身も今回モヤモヤしていたものが少し晴れたのですが、

この4497Sの「S」って何?「S」って要るの?と思っていました。

必要だったんです。

4497にはもう一つの4497があったんです。












003 (2)

そのもう一つの4497というのは、4497「K」。

今回のこのつま先の立ち上がりがあってポッコリしたトウを持ったこのラスト、

これが「4497K」というもうひとつの4497なんです。

これを知ってからネットを検索してみましたが、

直接的に出てくる記事は見つけられず、

見つけることができたのは、間接的に出てきた一枚の画像のみ。

(調べ方が甘いのかもしれませんが)

あまり使われることがなかったラストなのかもしれませんね。












004 (2)

でも、この存在を知った時にはワクワクしました。

こういうものはウチで商品化するしかないな、と。

狭ーいところを行くような商品ですが、個人的には大満足です。

疑問が一つ解けましたし。


肝心な形のお話ですが、

ベースは4497になりますので、

ブーツをお持ちの方はそちらを参考にしていただければと思います。

ただ、短靴になるのでハーフ下のサイズなどもお試し頂くと宜しいかと思います。

(ブーツは足首で絞めて履いている方も多いと思いますので)


シューズしかお持ちでない方は、大体が4444ですので、ハーフサイズ上げてお試しください。

4497のブローグカントリーシューズは意外と珍しいと思います。

フィットも4444とも変わりますし、

甲の収まりなんかは4444より若干良く感じられる方が多いのでは?と思います。

その辺は、過去に4497と4444というブログをあげたことがありますので、

参考になれば幸いです。














008 (2)

190周年ということで、今年はこんな冊子が付いています。







009 (2)

昔と今の写真や過去の資料だったりが載っています。













010 (2)



011 (2)

背表紙にはこんなサイン入りのスタンプが捺してあったり。

ちょっとしたことですが嬉しいオマケ付きです。











007 (2)

オマケ繋ぎで、もう一点だけ。

ソールの仕上げの色が少し濃い色の仕上げに変わりましたね。

この辺もマイナーチェンジなのかなと思います。









012 (2)

今回の新作、4497Kのブローグカントリーシューズ、

新宿店をメインの販売場所とさせていただきたいと思います。

(1足ずつですが、各店にも実際に見ていただけるように置いてはおきます)

色は今回ストイックに、黒のカーフのみ。

サイズは5~9までハーフ刻みでのご用意になります。

プライスは、¥77,000+TAX となります。


かなりマニアックな1足ではあるかと思いますが、

ご興味お持ちいただけましたら是非お試しください。

皆様のご来店、お待ちいたしております。



新宿店 花田
2019/11/23|トリッカーズ||トラックバック(0)TOP↑
本日水曜日、ユニオンワークスは定休日でございます。
お気を付けくださいませ。


11月9日、10日と開催いたしましたフリーマーケット
大盛況で終えることができました!

ご来店くださった皆様誠にありがとうございました。

ユニオンワークスでは年末に向けてまだまだ楽しんでいただけるイベントを企画中です。

まず直近だと11月17日に横浜店でのシューホリック買取イベントが控えております!
http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2759.html

見積だけでも結構ですので是非皆さまご来店くださいませ。


さて本日は、スニーカーのカスタムのご紹介です。
普段あまりご紹介していないので新鮮なのではないでしょうか。

カスタムするのはこちらのアディダス
IMG_3027.jpg

IMG_3028_201910262140003f7.jpg


もとはこのようなクレープ素材のソールがついていたモデルとのことですが
IMG_3030.jpg

劣化によって丸まる剥がれてしまって元のソールはもう使えない状態でした。
IMG_3029.jpg

同じようにクレープソールでお直しすることもできますが、
今回は雰囲気を変えてこちらのシャークソール(リップルソール)を使用致しました。
IMG_3032.jpg

IMG_3033.jpg


お客様とのご相談の結果、
レザーのミドルソール、厚めのスポンジを挟み込みボリュームを出すことに。

仕上がったのはこちら
IMG_3053.jpg

IMG_3054_20191026214216d44.jpg

IMG_3055_20191026214218d96.jpg


横からのバランス、履き心地を考え、ウェストから踵にかけてアウトソールとスポンジの間に
もう一枚スポンジを挟んで角度の調整をしております。

IMG_3056.jpg

IMG_3052.jpg

気分一新これでまたガシガシ履くことができますね!

・シャークソール¥11,000
・レザーミドル ¥2,000
・スポンジミドル ¥2,000
・ヒールアンコ ¥2,000

Total ¥17,000 +Tax


スニーカーの修理も承っていますので、お修理が必要な際は是非ユニオンワークスに一度ご相談ください!



最後までお付き合いいただきありがとうございました。


青山店 新宿店 山田
2019/11/13|その他の靴||トラックバック(0)TOP↑

最近修理で里帰りしてきました弊社別注のトリッカーズ、

かなりいい感じにエイジングしていましたのでご紹介致します☆



IMG_9108.jpg 

Tricker's×UW  ”Imitation Cap Country Boots”  Black

ユニオンワークスのトリッカーズと言えばの定番商品☆

いい感じに輝いています、遠目から見ても大事に履かれているのがわかりますね☆



IMG_9109.jpg 
IMG_9114.jpg 
IMG_9104.jpg 

黒いクリームを使わずに無色のクリームで磨いていたのでしょう、つま先を中心に色が抜けて緑がかっています☆

黒い革にもいろいろありまして、古いレッドウィングなどは茶芯と言われ茶色っぽく色あせていきます。

トリッカーズの黒は大体緑っぽく色落ちし、たまらなくかっこいいです☆

何となく昆布みたいな色なので、ユニオン工場では「コンブネーション」と呼んでいます(笑)

勿論いい意味で呼んでまして、コンブネーションしている靴を見かけると結構盛り上がります☆



IMG_9116.jpg 

今回はユニオンハーフラバーソールとダイナイトヒールの交換。

歩きやすく耐久性のある組み合わせで、トリッカーズにぴったりの修理☆



IMG_9118.jpg  

サイドからの見た目もいいですね、コバの質感も履き皺もいい感じ☆



IMG_9121_20191028231620f04.jpg
IMG_9123.jpg 

 新品と並べてみました☆(左が新品です)

磨き続けることで革の表面の細かな凸凹がなくなり、より艶が出ています☆



IMG_9120.jpg

間違いなく新品の時よりもかっこよくなっていますね☆

ユニオンワークスのエイジングサンプルとして欲しいくらいです☆★☆










IMG_9093.jpg
IMG_9087.jpg

Tricker's×UW  "Countory BrogueShoes"   Marron Antique

これは10年くらい履いているわたくし私物になります。

とにかく履きやすくて、私物の中では断トツに履く機会が多い一足☆

たまにこれ履いてサッカーしたりしちゃいますが、こまめに修理して磨いて大事に育てています☆







ここからは新品と並べてみました、左が新品です。

IMG_9086.jpg
IMG_9085.jpg
IMG_9088.jpg

良い感じに色が抜け、艶が出ています☆

トリッカーズの革は厚く丈夫で最初はあまり艶っぽくはありませんが、磨き続ければしっかりと艶が出てくれます☆

ぶつけまくって角が丸くなってきたコバもトリッカーズならいい感じ☆



IMG_9089.jpg 
IMG_9094.jpg 

バックショットもいい感じ☆

そろそろヒール交換します(汗)









Tricker's×UW  ”Imitation Cap Boots” Black    ¥84,700

Tricker's×UW  ”Imitation Cap Boots” Marron Antique ¥84,700


Tricker's×UW  "Countory BrogueShoes" Black MC ¥82,500

Tricker's×UW  "Countory BrogueShoes" C-Shade ¥82,500

Tricker's×UW  "Countory BrogueShoes" Marron Antique ¥82,500

Tricker's×UW  "Countory BrogueShoes" Acorn ¥82,500
Tricker's×UW  "Countory BrogueShoes" Combi ¥82,500



Union Half Rubber Sole ¥4,950~

Dinite Heels ¥4,400~












    忙しくて店舗にご来店いただけない方も多いかと思います。 

 工場に直接靴を送っていただいてのお修理も大歓迎です。



 郵送でのお修理 :
https://www.union-works.co.jp/order/

 リペアメニュー :
http://unionworksrepair.com/#!/ 

 ウェブショッピング :
https://unionworks.stores.jp/#!/









ありがとうございました☆






工場 森田

2019/10/29|トリッカーズ||トラックバック(0)TOP↑
 
昨年、初入荷後1〜2ヶ月程度でほぼ完売となり

ここ最近までもお問い合わせの多い商品が再入荷しました☆






IMG_8215.jpg    
     
SANDERS × UNION  WORKS
Military Derby Shoes


一見よくあるミリタリーダービーです。






IMG_8216.jpg

ディテールも三本ステッチに




IMG_8220.jpg

外羽根、外ハトメ




IMG_8221 2

ITSHIDE製のコマンドソール。

と定番の仕様。



一般的にミリタリーダービーといえばポリッシュドカーフと呼ばれるガラス革が使われています。



しかし、どうしても大きな履き皺やひび割れに悩まされてしまいますよね。



やはり永く履きこみ育てたい。。。
そこで弊社ではカーフ素材で別注しました。


もちろん今年も「アノネイ社」のカーフを使用☆

昨年に引き続き特別な経路で使用できました。

アノネイカーフを使ったミリタリーダービーはいつまでやれるか分かりません。





IMG_8219 2

キメが細かく上質なカーフ。






IMG_8224 2

ソックシートは毎度おなじみの SANDERS × UW 仕様で。



今年もカラーはブラックの一色のみです。

サイズは5h〜9までの展開。

プライスはアンダー50,000円にしたかったのですが、増税の関係で少し頭が出ました。


¥50,600ー

お取り扱いは新宿店、青山店、銀座店でご用意しております。
Webショッピングからのご購入もいただけます。





IMG_8215.jpg

ガラス革も良いですが、せっかくのグッドイヤー製法。
手入れを楽しみながら永く履きたいものです。


ケアと修理を重ねる事で永く履けるかつ、味わい深く育っていく上質なカーフを採用したミリタリーダービー。



動きの早い商品と思われます。
お求めの方はお早めに!です☆


ありがとうございました。


シン

2019/10/18|サンダース||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ

ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード