FC2ブログ
2011/01 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2011/03


最近、「靴を育てる」というフレーズをあちこちで見ます。






DSC05329.jpg 





数年前よりエイジングが流行ってから見かけるようになったと記憶しているので、


格好良くエイジングさせる一連の作業のことをそう呼ぶのだと思いますが、


いまいちピンと来ない。


どうも違和感を感じて仕方ありません。





DSC05332.jpg 





私の手もとには履き始めてから10年、15年経つ靴がありますが、


どれも「育てた」つもりはまったっくありません。





DSC05331.jpg 






ブラッシングなどの最低限の手入れと、ユニオンワークスでのソール交換、


手を入れたのはその程度。


どちらかというと放置プレイに近い関係だった気がします。





DSC05336.jpg 





なのでどれも傷だらけだし、


今となっては私のブサイクな足の形そのままのフォルムに変形していますが、


それでもすごく愛おしい。


とってもチャーミング。





DSC05344.jpg 





それらの靴を見るたびに、私はこう考えるわけです。


靴は「育てる」ものではなく、勝手に「育つ」のだと。


エイジングなんて言って必要以上に手を加えるより、


ちゃんと履き続けることが大事なんだと。


それが靴に愛情を注ぐってことなんじゃないかと、最近思うのです。





DSC05335.jpg 





※写真は渋谷店で撮影させてもらったもの。


どれも履き込まれた靴たち。


とってもチャーミングです。




(byライターYM)


2011/02/23|販売靴コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ

ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード