FC2ブログ
2012/03 ≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012/05
  EDWERD GREENの中でもごく限られた職人のみが作り上げるという

まさに既成靴の最高峰、TOP DRAWER!!

いたるところに意匠を凝らしてあり、ビスポークにかなり近いつくりになっています。


繝医ャ繝励ラ繧・繝ュ繝ッ繝シ+072_convert_20120404215452[1]繝医ャ繝励ラ繧・繝ュ繝ッ繝シ+138_convert_20120404214258[1]繝医ャ繝励ラ繧・繝ュ繝ッ繝シ+141_convert_20120404214424[1]繝医ャ繝励ラ繧・繝ュ繝ッ繝シ+016_convert_20120326003320 




特徴はやはり底周りです。

丸く盛り上がり、くびれたウエスト。

アッパーに吸い付くような土踏まずのコバ。

土踏まずとヒールの境目の段差(チッ!)。
 
 ・
 ・ 
 ・

中身、気になりますよね。

実は自分も初めて見るんです♪


本邦初公開!? こちらがTOP DRAWERの中身になります!!


TD4.jpgTD3.jpgTD8.jpg 

まず目に付くのは、ウエストの丸みをサポートする革が大きい。

そして、ウェルトがかなり薄い。


ほとんどの人が分からないと思うので、普通のEDWERD GREENと並べてみました。




TD7.jpg 
下がTOP DRAWER

ウエストのくびれがより強調され、丸みをサポートする革の形や大きさが全然違います。




TD2.jpg
上がTOP DRAWER

ウェルトが薄い!

そしてより深く釣り込まれているのが分かります。




TD1.jpg 

手間隙を惜しまずに、技術の限りを尽くして作られているのが良く分かります。

毎日色々な靴の中身を見ていますが、TOP DRAWERは別格です!





修理完成は次回の記事にて紹介いたします、お楽しみに♪




(工場 森田)


     

2012/04/17|エドワードグリーン コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ

ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード