2017/03 ≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017/05
 

 こんなご質問をいただきました。


DSCN5032.jpg


 なぜクロケットのローファーを始めたのですか?

 良いと思ったので取扱いを始めたんです!とお答えしました。

 何が良いのか? ご紹介いたします☆



          

 私達が学生の時に履いていたローファーと

 大人が履くローファー、どうして雰囲気が違うのでしょうか?


 それは履き口の広さにポイントがあります。


DSCN5033.jpg


 履き口が広く、ヴァンプが狭いとエレガントで大人の雰囲気が漂います。

 その逆は学生靴のように、少し野暮ったくなります。

 
 ただ、大人仕様にすると日本人の小さな踵では

 引っかかりにくく、歩くとパカパカして脱げてしまいます。


 お悩みの方、多いのでは?



 では、BOSTON2を見てみましょう。



DSCN5035.jpg


 履き口の広さや甲の立ち上がり、バランス良く仕上げてあります☆




DSCN5034.jpg


 足を入れてみると、踵をパクっとされたようなホールドと




DSCN5037.jpg


 ヴァンプの程よい押さえこみによりピッタリきますが




DSCN5040.jpg


 ボールジョイントにはゆとりがあり、日本人向きのラスト376

 クロケットおそるべし!のフィッティングでした☆





DSCN5036.jpg



 モカ部分のステッチも、程よい盛り上がりで主張しすぎず

 年齢を重ねても、履き続けたいと思わせてくれるデザインです。





 今年は暖かくなるのに少し時間が掛かりましたが、

 これから本格的なローファーシーズンです☆


DSCN5043.jpg

  

 先ずは一度お試しいただき、このフィッティング良さを感じてもらえれば

 なぜ?クロケットのローファーなのか。お分かりいただけるのではないでしょうか。

 

 こういう靴が好きな 工場あおき



2017/04/18|その他の靴コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ。

   ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード