fc2ブログ
2024/03 ≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2024/05
R0011982.jpg


「ラザフォードのミュージックバッグはブライドルレザーだって言うけど全然粉吹いてないジャン 」



とある方から言われ、そう言われればそうだなーと現地に聞いてみたところ・・・・

















「粉吹いたのなんてよくないじゃないの?服が汚れるわよ」




「でもブライドルレザーの表面に吹くブルーム、白い粉に魅力を感じる日本人は多いんだよ」




「あらそう、ならいくつかそういうふに仕上げましょうか?粉を落とす手間が大変よ。」




で上がってきたのがコレ。



IMG_1526.jpg


手前が粉吹いた「ブルーミングブラック」で奥が従来のもの。





私個人的には若い頃はブルームに多大な魅力を感じていました。これぞイングリッシュブライドル!みたいな。





歳とった今は正直、確かなモノならどちらでもいい気がいたしております。





10数年間ブルームまみれで放置されたデッドストックのイングリッシュブライドルのそれを除去するのにものすごい苦労したちょっと前の記憶を思い起こせば、粉は吹かないほうがいい気もいたしますが・・・・




やっぱどちらでもいい!というか、どちらも素敵だと思います☆









IMG_1509.jpg 

と、いうことで黒が2種類になりましたミュージックバッグをよろしくお願いいたします☆

























R0011979.jpg 

今月号のポパイに・・・・・
















R0011978.jpg


ご紹介頂きました!!ありがとうございます!!








イギリス、ラザフォードにも雑誌送ってやろう・・・・・・・














なかがわ




2012/09/14|ラザフォード バッグ 鞄コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ

ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード