2017/07 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017/09
あっという間に秋が通り過ぎ、東京にも木枯らし1号が吹いてしまいました(寒)

寒い冬の足元にはなんといってもトリッカーズがよく似合います。

そしてソールは断然コマンドソール!

分厚いラバーが冷たい地面からの冷気を防いでくれますし、グリップ力があり雨や雪にも強いので大変お勧めです☆



まずは定番のシーシェイドからのご紹介♪

PB071919.jpg

まだまだ新しく見えますが、オーナー様のご希望でレザーソールからコマンドソールへ交換しました。







PB071920.jpg

シーシェイドにはブラウンカラーのコマンドソールがしっくりきますね。

この厚みのありごつごつしたパターンが、他のソールにはないグリップ力を生み出します。








PB071922.jpg

ごつごつしたパターンは少し内側に控えたところにあるので、コバから見ると実際の厚みよりも随分スマートに見えます。







PB071924.jpg

こちらのブーツにはブロックヒールをチョイス、現行物とは一味違うクラシックな仕上がりになりました。









お次はブラックカーフ・生成りウェルト仕様のカントリーです♪

PA031794.jpg

こちらはウェルトから交換しました!

元々は黒く着色されたウェルトがついていましたが、生成りに交換して底周りを明るくする狙いです。




PA031798.jpg

黒いブーツにはやっぱりブラックカラーが似合います。

キリッとしまった印象ですね★






PA031797.jpg

ウェルト・ミドルソール・コマンドソール、3層のストライプが美しい仕上がりです☆





PA031800.jpg

こちらのブーツにはライトヒールをチョイス

ソールのストライプに加えてヒールベースの革も加わり、よりシマシマになりました(笑)






PA031801.jpg 

もちろんリウェルトしていますので、ウェルトは新品です。

アウトステッチも美しく入りました、完璧な仕上がりです☆






PB071926.jpg

コマンドソールですが、ヒールはブロックヒールとライトヒールの2種類からお選びいただけます。
(左2つがブロック、右2つがライト)

ブロックヒールは廃盤になっていまして、現行物のトリッカーズにはライトヒールがついています。

現在ブロックヒールの在庫はそれなりにありますが、今後は間違いなく希少になっていくでしょう。



昔からのトリッカーズ愛好家には、クラシックなブロックヒールが人気です☆





PB071927.jpg

左がブロックで右がライトになりまして、見てわかるとおり厚みが全く違います。

ブロックヒールは厚みがあるのでソールの上にこのパーツだけつければヒールができあがります。

ライトヒールは薄いのでソールの上に革を何層か積み上げてヒールの高さを調節します。
革の積み上げがある分、少し高級に見えるかもしれませんね。


オールソールの場合どちらのヒールでもお値段は変わりませんので、お好みでお選びいただけます。








寒さも和らぎますし、グリップ力も抜群、そして丈夫で長持ちするコマンドソール!

お勧めです!是非お試しください★☆★









・シーシェイド

オールソール コマンド ブラウン ブロックヒール    ¥15,750
ダブルソール                          ¥2,100
___________________________
                               計¥17,850



・ブラックカーフ

リウェルト                           ¥10,500
オールソール コマンド ブラック ライトヒール          ¥15,750
ダブルソール                         ¥2,100
___________________________
                               計¥28,350








忙しくて店舗にご来店いただけない方も多いかと思います。 

工場に直接靴を送っていただいてのお修理も大歓迎です。 


Web Repair リニューアルしました!! 


How To Order :
http://www.union-works.co.jp/contact/     

Web Repair :http://unionworksrepair.com/#!/   



(工場 森田)    


2013/11/22|トリッカーズコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
いつも楽しくブログを拝見させて頂いております。

さて1点質問ですが、ダブルソールの靴でつま先が削れてきた際、どのタイミングで修理をするのが良いのでしょうか?

とある靴屋さんでは、ミドルソールが削れる直前と聞きましたし、別のところではミドルソールも削れてウェルトの直前と聞きました。

どちらも一理あると思いますが、ユニオンワークスさんの考えをお聞かせください。
From: さかな * 2013/11/22 22:57 * URL * [Edit] *  top↑
Re: タイトルなし
さかな様
コメントありがとうございます。

ユニオンワークスでは、ミドルソールが削れる直前に補修することをおススメしております。
ミドルソールが削れた後でも補修は可能ですが、ミドルソールが削れる前に補修した方がよりきれいに仕上がります。
継ぎ足す材料の厚みは薄い方がはがれにくいという事も御座います。

ウェルトが削れてしまうと、お修理自体が出来ない可能性も出てきますのでご注意くださいませ。

ありがとうございました。

ユニオンワークス 森田
From: UNION WORKS * 2013/11/25 13:00 * URL * [Edit] *  top↑
お返事ありがとうございました。

私のトリッカーズがちょうどミドルソールが削れる直前ですので、修理をお願いしようと思います。その際は宜しくお願い致しますm(__)m
From: さかな * 2013/11/26 22:03 * URL * [Edit] *  top↑
Re: タイトルなし
さかな様
ご返信ありがとうございます。

トリッカーズのお修理お待ちしております!

ありがとうございました。

ユニオンワークス 森田
From: UNION WORKS * 2013/12/03 11:21 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ。

   ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード