2017/09 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017/11
DSC03636.jpg 

ハセガワ’sウエストンサイドゴアブーツ。
















DSC03644_201311292146116ff.jpg 

いつも履いているのを目にしているのですが、なんだかふとカッコよく見えたのです。

茶色も魅力的でいいんですけどね、やっぱり黒に目がいってしまう。黒はユニオンではマストカラー。

販売している靴の色展開には、ほぼ黒入ってます。

この時期、改めて見るとお店には黒のブーツが沢山。黒のブーツといってもシルエットやデザインの違いで印象が変わるもんです。

冬場、ブーツをお探しの方に参考にしていただければと思います。












DSC03620.jpg 

まずは、シュナイダーライディングブーツのパドックブーツ。

パンチドキャップがエレガント。

ブーツですけどシルエットが細身で、フィッティングはもちろんのことドレッシーさがたまりません。

少し足元をきちんと見せたいとき、冬場のボリュームのあるお洋服にはこれぐらいのバランスがちょうどよく思います。













DSC03622.jpg 

筒がスッキリしていますので、裾幅が細いボトムにも邪魔になりません。

さらに、長めの筒が裾を被せた際に補正効果があり、シルエットがきれいに見えます。

ぜひ、お試しいただきたいブーツです。
















DSC03623.jpg 

お次はグッと変わって、トリッカーズのカントリーシリーズのサイドゴアブーツ。

カントリーシリーズはなんといってもこのボリュームのあるシルエットと迫力のある穴飾り。

存在感のある素材や柄にも負けません。












DSC03625.jpg 

ゴア(ゴム)にも存在感のある古いタイプを使用。

カントリーシリーズの中では筒周りは比較的スッキリめなので、意外と裾幅細くても収まりがいいですよ。

あとはやっぱり脱ぎ履きのしやすさがいいですね。
 

















DSC03629_20131129214429eb6.jpg 

続けてカントリーシリーズ。

別注を始める大きな原動力となったイミテーションキャップブーツ。

かれこれ随分再発注しておりますが、いまだに人気継続中。










DSC03627.jpg 

甲にキャップトゥを模したステッチが2本配されただけのデザインですが、実際にキャップが被せてある物ともなぜだか見え方が違う。なんとも不思議な1足。

王道ブローグブーツほどうるさくない、プレーントゥほどさみしくない。それでもやっぱりカントリーブーツらしさは表現できる。

この辺が人気の理由のひとつだと思います。





















DSC03633.jpg 

カントリーの締めは王道ブローグブーツ。

なんだかんだいってもトリッカーズといえばやはりコレ。

茶系に目がいきがちなこのスタイルですが、黒だとなんだかシック。












DSC03634.jpg 

黒ならではの視覚効果があるのでしょう。

モノトーンの服装が多い方にはおススメですし、足元を引き締めたいときには効果的です。
















DSC03638.jpg 



DSC03645_20131129214612ec8.jpg 

大トリはジョージブーツ。

我々もお気に入りのスタイル故、シュナイダーとトリッカーズの2ブランドでご用意しています。

この2枚の画像でどっちがどのブランドだかわかりますか?

これだけでわかったらかなりすごいですね!















DSC03642.jpg 



DSC03646.jpg 

ここで解った方もかなりすごいかも。

















DSC03640_20131129214525840.jpg 


DSC03648.jpg 

ここで解った方多いかもしれないですね。

正解は、ウインドウペーンチェックで履いている方がトリッカーズ。

無地のボトムで履いている方がシュナイダーでした。

羽根の形や、タンの長さなどが見えてくると分かりやすいですね。




最後はクイズになってしまいましたが、ジョージブーツはいろんなスタイルに合わせていただきやすいブーツじゃないかと思います。



つま先にデザインがあったりなかったり、シルエットが細身だったりボリュームのあるものだったり。

黒のブーツといってもいろんな表情がありました。

そしてなにより履いていくことによってその人らしさという表情が出てきます。

お気に入りのスタイルで、同じ黒でも自分だけのBlack Bootsを創っていくのも楽しいと思います。

「らしさ」が出るまで履くための必要な修理はお任せください。




・Schnieder Paddock Boots    ¥126,000-


・Trickers Side Gore Boots     ¥66,150-


・Trickers Imitation Cap Boots   ¥66,150-


・Trickers Brogue Boots       ¥66,150-


・Trickers George Boots       ¥66,150-


・Schnieder George Boots     ¥126,000-



セールストーク丸出しでしたが、ご容赦ください。(汗)

ブーツの購入をご検討される際の、イメージのご参考にしていただけましたら幸いです。

遠方のお客様、本日までのサービスもございますので、そちらもご利用いただくのはいかがでしょうか。

ご来店の際は是非いろいろとお試しになられてみてください。




渋谷店 花田

2013/11/29|販売靴コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ。

   ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード