2017/07 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017/09
DSC02375_20140310221700d7c.jpg 

今はなき G Rodson のバンプシューズ。
宝物の様な1足なのですが、大きな問題を抱えておりました。













DSC02378_20140310221702803.jpg 









DSC02380_20140310221703f78.jpg 

ウェルテッドシューズにおいてこの症状は大ごとなんです。


脇切れ、アッパー切れ、すくい切れ、など呼び方は症状によりさまざま。


これに気付いたのは2年ほど前。延命処置のみで履き続けて参りましたが、この度きちんと直そうと決意しました。
















DSC02382_20140310221704f10.jpg 

「きちんと直す」にはソールを全部はがす必要があります。















DSC02385_20140310221706427.jpg 

ずっと気になっていた患部がやっと露出しました。
















DSC02387.jpg 

アッパーの状態もダメで、















DSC02389_201403102218218df.jpg 

ウエルトもダメダメ。








すくい縫いはアウトステッチでザクザクに切られ、それをし直そうにもウエルトの溝すら見当たらず・・・・・これぞ!「救いようのない靴」! ナンテネー!


 





日々修理靴を見ておりますが結構多いんです、この症状。目の当たりにすると残念な気持ちになり何とも言いようがないのですが、しいて言うなら「ハズレ靴」  






製品の状態で見破ることはプロの目でもまず不可能。 なってしまって「あーあー・・・・・・」です。











無題xcfd



チックショー!











続く。














なかがわ





















     




 




2014/03/18|メンズ靴修理コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
勉強になります
僕も20年以上前のロッドソンの靴を持っています。
茶色のヒッチマンです。2年前そちらでダイナイトソールにオールソール修理をしていただきました。中川氏同様本当に宝物です。靴にはプライスだけではない価値がある事を教えてくれた先生です。今度サイドゴア部分の修理をお願いするつもりでいます。よろしくお願いします。
From: てつ * 2014/03/18 21:47 * URL * [Edit] *  top↑
てつさま
いいモノをお持ちですね。今後も長くご愛用できるといいですね。サイドゴアの交換お任せください☆
From: UNION WORKS なかがわ * 2014/03/19 13:01 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ。

   ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード