2017/05 ≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017/07
今年の梅雨は長いですね、サンダルで通勤できる夏が待ち遠しいです。


前回に続きサンダルのリペアをご紹介、今回はレディース編☆








P7102479.jpg 

こちらはSaint Laurentのアンクルストラップサンダル。

夜の雰囲気を感じる、セクシーな一足です。





P7102480.jpg 

わかりやすいよう足首代わりに黒い布を入れてみました。





P7102482.jpg
 

右足のアンクルストラップとチェーンをつないでいる革のパーツがちぎれてしまっています。

これではチェーンが落ちてしまってまともに歩けないでしょう。





P7112499.jpg

工場にある革を使ってこのパーツを作り直しました。

中に補強の材料を仕込んでいるので、これからはそう簡単にちぎれることはないでしょう☆





P7112497.jpg   
P7112503.jpg

左(右足)が修理した方です、違和感ない仕上がりになりました☆























P7102484.jpg

お次はLouis Vuittonのアンクルストラップサンダル。






P7102485.jpg

このサンダルはアンクルストラップが外れる仕様になっています、こういう仕様は修理しやすいので嬉しいんです(笑)





どこの修理かといいますと・・・

P7102487.jpg 

バックルの根元のゴムがぼろぼろになっていました。

ここのゴムは消耗品ですので、さっそく交換しましょう。





P7112505.jpg
P7112507.jpg
P7112509.jpg

このゴムのパーツ、普通のゴムひもではなくバックルを取り付けるためにつくられた靴用のパーツになります。

色・幅(太さ)は各種ご用意していますので、様々なお靴に対応できます。























P7102489.jpg

最後もLouis Vuittonのアンクルストラップサンダルです。





P7102492.jpgP7102494.jpg

こちらのサンダルはアンクルストラップが裂けかかっています。

両足の外側になりますが、負担がかかる部分なんでしょうか?特に右足は危ない状態です。





P7112515.jpgP7112516.jpg

こちらは修理した部分を裏から見た写真です。

今回のように裂けているところの修理の方法ですが、基本的には裂けている革の裏側から補強の革を接着して縫い付けることになります。





P7112510.jpgP7112512.jpg

修理後、表から見た写真です。


裂けは線(筋)のように残りますが、裏からしっかり補強してあるので開いてくることは無くなりました。

裂けの具合によっては裂け目に対してジグザグに縫い付けたりもしますが、今回は細い部分なのでそこまでは必要ないと判断しました。





P7112517.jpg


これで安心して履けるようになったと思います☆


























レディースのサンダルは、強度や耐久性よりもデザイン重視のものが多いと思います。

大事に履いていても壊れるときは壊れます、そんな時は是非ユニオンワークスにご相談ください。

きっとお役にたてると思います☆









忙しくて店舗にご来店いただけない方も多いかと思います。

工場に直接靴を送っていただいてのお修理も大歓迎です。


How To Order :http://www.union-works.co.jp/contact/

Web Repair :http://unionworksrepair.com/#!/




(工場 森田)


2014/07/14|レディース靴修理コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ。

   ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード