2017/05 ≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017/07
今年も早いもので残り僅か。

ユニオンワークスの営業日も残すところあと2日となりました。

今年も物販商品を紹介してまいりましたが、

振り返ると、今年は追加注文の商品が多く、新しい物のご紹介があまりできなかった印象でした。

しかし!

最後の最後になりますが、あるんです。

イギリスより到着したものが。

良かった、、間に合って、、

昨日のブログをご覧になって頂いた方はもうおわかりですね!





















DSC05243.jpg

これ!

UNION WORKSネームのオリジナルシューズ!

2型、各2色づつ。



今回、これらを用意するに至った経緯は近年の靴の値段。

円安や増税の煽りを受け、高騰著しいその値段。

しょうがないとはいえど、やっぱり高くない??と。

だから、拘ったのはその値段。



「やりたいことやってこんだけの値段になっちゃいました」、じゃなく、

「これくらいの売値でどこまでできるか?」、をテーマにやってみよう、

そういうものが何かないのか?と。



きっとこれまでなら前者のように、良いものなら、、、ということで、

足し算方式で、値段も青天井状態になっていたかもしれません。

しかし、そういうものは既に沢山あります。

そうではなくて、買いやすい値段で、気兼ねなく履けて、そこそこの造りのもの。

つまり、コストパフォーマンスの高さを感じられるもの。

もちろん、「Made In England」で。

そんな想いでひとまず形になった靴をご紹介したいと思います。
















DSC05248.jpg 

まずは王道のキャップトウ。







DSC05250.jpg 

ブラックとブラウンで。










DSC05252.jpg 








DSC05253.jpg 

まず持つべき1足、キャップトウ。

シンプルでクラシカルな靴は様々な場面で重宝する1足となります。




















DSC05249.jpg 

もう1足はセミブローグ。

こちらもブラックと、、









DSC05251.jpg 

ブラウンで。

飾りが加わり華やかな雰囲気に。










DSC05260.jpg 








DSC05261.jpg 

少し足元を華やかにしたいときにはとても便利なこのスタイル。

これも揃えておきたいスタイルのひとつ。



キャップトウとセミブローグ。

まずはこれがあればと思う2型をご用意してみました。

どちらも奇をてらわないオーソドックスな出来上がり。

トウも長すぎず、細すぎず。

結局なんだかんだでレザーシューズはこういったものが良いんだと思います。



デザインは良し!

じゃあ、あとはやっぱり履き心地。

これがダメではやはりストレスが溜まります。

ということで早速試し履き!





















!?

















おや??



















結構いいんじゃない?


















結論!

思っていたより良い!

本音を言うと、正直そんなに期待はしてませんでした。

高級靴と比べられるほどのハードルの高さではありませんが、

この手のプライスゾーンの物の中では、満足度は高い方だと思いました。










DSC05254.jpg

なかでも気に入った部分はかかと。

予測していた以上にちゃんと丸みがあって、

ホールド感が感じられました。











DSC05285.jpg 

もう一つはボールジョイント周辺。

ぱっと見たとこ細そうなのですが、

足を入れるとそうでもない。

痛くなりやすい小指側は、丸みがあるためかさほど押さえつけられるような感じはしませんでした。

大多数の方には収まりよく履いていただけるんじゃないかと思いました。

あとはサイズ感。

割と大き目かな?という印象です。

お試しの際は、普段履かれるサイズよりハーフサイズ小さいものを。

もっと言えば、ワンサイズ下から試してみてもいいかもしれません。










DSC05258.jpg 








DSC05262.jpg 

アッパーの革もなかなかじゃないでしょうか。

あとは、これを履きこんでいってどうなるのか!?

楽しみなところです。











DSC05275.jpg 

ソールはレザーソールでこんな具合。

チャネルは伏せずにチャーチスタイル。

ちょっとツルンとした印象ですが、そこは仕方がないか。。。

このあたりはオプションサービスを考えましたので、それは後程。










こんな靴たちになります。

まだいろいろと改善の余地はあるかと思いますが、

またそれはゆっくりとアップデートしていければと思います。

記念すべき一発目のオリジナルシューズ。

そのお値段ですが、、



¥46,000+TAX (¥49,680)

Size BLK 5h~9h
  
 

    BRN 6~9



となります。

別注品などの靴へのワンメニューサービス(ヴィンテージスティールorハーフラバー)

は、こちらの商品は対象外とさせていただきますが、

リペアチケットのサービスはお付けいたします。

先ほどのオプションサービスですが、

新サービスとして、こちらの商品をお買い上げの際には、

リペアチケットのサービス or ソールのディテールを弊社の仕上げへの加工

というものをご用意しようと思います。

このソールの仕上げでかなり表情は変わるものです。

本当は全てこのようにしてお出ししたいのですが、

なかなか難しく、さしあたりリペアチケットかソールの仕上げのどちらかを

お選びいただく形にさせていただきたいと思います。

どう変わるのか?

の、サンプルは店頭にご用意しておきますのでご覧になられてみてください。

(オールソールをするわけではなく、付いているソールに加工をします。)















DSC05283.jpg 

箱も、











DSC05282.jpg 

シューズバッグにも見慣れたフォントのネーム入り。

駆け足でしたが、ひとまず形になったオリジナルシューズ。

Made In Englandで、税込でもアンダー5万円。

こんなのあったら嬉しいかな?と、いうことで、

いろいろ楽しんでやっていけたらいいかなと思っております。





本日12時より、渋谷店新宿店にて販売開始いたします。

(渋谷店には全型全色フルサイズ、新宿店にも全型ございますが、色によっては無いサイズがございます。)

お修理ついでにでもちょっとお試しになられてみてください。

ご来店お待ちいたしております。







渋谷店 花田

2014/12/27|販売靴コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ。

   ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード