2017/08 ≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017/10

本日は夏場に大活躍なサンダルのカスタムをご紹介!



DSC02568.jpg 

ユッタニューマン?

と思った方も多いでしょう。






DSC02570_20150724010442c7b.jpg 

DSC02571_201507240104433a0.jpg 

実はこちらBARBARA SHAUM(バーバラシャウム)というメーカーのサンダルです。


このバーバラさん、結構なご高齢の女性職人でユッタのお師匠さんです。

そのユッタさんも女性職人。

なんとなくイメージで男性かと思っている方もいらっしゃるんではないでしょうか?


しかもどちらのお店もニューヨーク、マンハッタンにあり、両店は割と近くにあります。

はしごして双方見比べるにはもってこいですね。






これらのサンダルの構造的な特徴と言えば


DSC02573_20150724010444b8a.jpg 

快適さを生む独特な踏まずのアーチと



DSC02581_201507240114051d8.jpg 

ソールとアッパーを止める工程がステッチではなく底面からの釘打ちという点でしょうか。

どちらもデザイン的にも大きな特徴の一つになっています。








ユッタのオリジナルにはあらかじめビルケンソールが付いているものが多くあります。

例えばこちら

R0016519.jpg 


DSC02646_2015072500542121b.jpg 


R0016516.jpg 

このネコ?マークもユッタの証です。



バーバラのサンダルを画像検索してみたのですが

ビルケンソール仕様のものは見当たりませんでしたので

このタイプのサンダルにビルケンソールを着け始めたのはユッタなのかもしれませんね。



 
ソールが薄い方がエレガントなのは間違いありませんが

このビルケンソールがつくと途端に履き心地がぐーーんとアップ!

この楽ちんな履き心地から離れられなくなってしまいます。







今回はこのバーバラのサンダルにビルケンソールを装着です。



DSC02650.jpg 

DSC02651.jpg 

ユッタよりも横幅が狭く、ストラップも細くなっていてスマートな印象です。



R0016525.jpg 

R0016528.jpg 

ビルケンソールは厚みを10mmと7mmの2種をご用意しています。

ユッタオリジナルは基本的には10mmです。

ちょっと分厚いな、という印象をお持ちの場合にはボリュームダウンも可能です。



黒、茶、白のカラーバリエーションもございます。

白なんてのも夏らしくていいのかもしれませんね♪








( 銀座店 鳥海 )

2015/07/27|メンズ靴修理コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ。

   ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード