2017/05 ≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017/07
毎日はないけれど週に数足はある準レギュラ-メニューの「ヒ-ルアップ」。



実際の作業を通じて感じたポイントなどを記事にしてみました。ヒ-ルアップをご検討の際、ご参考になればと思います。 





ではまず、 どのくらいまでヒ-ルを高くできるのか?について




これまでの経験から1cm以内が無理なく仕上がる範囲で、1cmを超え高くするほど見た目に不自然さが感じられます。

1cm以上のヒ-ルアップはおすすめしませんが、お客様がヒ-ルを高くすることを最優先するのであれば、過去に2cm位までのヒ-ルアップは経験がございます。

ただし注意点として、ヒ-ルを高くしすぎますと靴のバランスが悪くなり、思わぬところにダメ-ジが出る場合があります。





新品のヒ-ルアップの場合、トップピ-スは交換する?について





新品の場合はオリジナルのトップピ-スにデザインが入っていたり、できれば交換ではなくオリジナルトップピ-スを再利用したい。
そんなケ-スもあります。


ヒ-ルの構造によりますが、多くの新品の靴において、トップピ-ス再利用+ヒ-ルアップは可能です。





サンプル画像です。








Heel Up 10mm(original toppiece)

IMG_0434.jpg
Dolce&Gabbana 製





IMG_0436.jpg






IMG_0438.jpg
Before













IMG_0442.jpg







IMG_0444.jpg
After









絵的に地味・・・・





に見えるかも知れません。



「ヒ-ル高くしました!!」とならないよう、なるべく自然に仕上げるのが大事なポイントだからです。



オリジナルのトップピ-スが再利用できない場合は、雰囲気近いパ-ツなど弊社で用意しておりますパ-ツからお選びいただき、
交換 + ヒ-ルアップとなります。



詳細はご相談ください。









暑い日が続きますがご自愛ください。



工場にて皆様の靴を心よりお待ちしております。






工場 あべ






2015/08/03|メンズ靴修理コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ。

   ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード