2017/06 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017/08

DSC03225_20150829234853578.jpg 

「あの~サンダルの鼻緒が切れちゃって・・・」


もちろん修理可能です!

この部分を中心に負荷がかかるので無理もありません。

夏の定番修理ですね。






DSC03227.jpg 

「実は足を乗せる部分の革もけっこう傷んできて・・・」


う~ん、似たような革で巻き付ければ足当たりと見た目も回復できそうです。




DSC03226.jpg 

「踵の方も色が変わってきてしまったのでなんとかなりますか??」


そうですね~、前方と同じ作業ですから問題ないかと・・


「ちなみにこのウエストのグレーの部分は・・・」




・・・

そ、そうですね。

ちょうどソールも剥がれてますし

こうなったら全部張り替えてみますか?


と当初は予想もしなかった修理へと向かっていったのです。



DSC03229.jpg 

製造されてからの時間が経っているのか、ソールを含めほとんどの接着が弱っていました。

しかしこれがむしろ好都合!!


古い革を本体から無理なくスルッと剥がすことが出来ました。








DSC03230_20150829234918f5c.jpg 

まずは革探しから始めます。

甲のストラップはそのままになるのであまりにも違う色では違和感が出ます。

キャメルは色合いが揃いにくいのですが今回はいい革が見つかりました。



全く同じ色ではありませんがなかなかの相性の良さです。

元の形をトレースしてパーツを縫い合わせてクルッと巻き込めばこの通り!!





DSC03240.jpg 

DSC03242_201508292349244d3.jpg 

もちろん鼻緒だってしっかり補強済みです。



つま先、かかと部分の柔らかなカーブを残して張って行くと

とても自然な仕上がりになりました。



DSC03238_20150829234919208.jpg 


今回のように完全に張り替えてしまうことが可能なケースは稀ですが

是非一度ご相談ください。







( 銀座店 鳥海 )





2015/08/31|レディース靴修理コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ。

   ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード