2017/07 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017/09
天気もギリギリもった三連休。

ゴルフを楽しまれた方も多いのではないでしょうか?


最近は一体型のラバータイプが主流のゴルフシューズですが

この様なしっかりしたお直し可能なタイプも存在します。



R0016625.jpg 

今では珍しいグッドイヤーウェルテッドのゴルフシューズ


「 フットジョイ 」



R0016633.jpg 

現在もブランドは続いていますがこのグッドイヤー製法のシリーズは廃盤のようです。

今でもこのクラシックシリーズのファンは多く、よく修理のお問い合わせを頂戴します。





今回はこんな案件です。



R0016637.jpg 

R0016629.jpg 

元々丈夫な作りではありますが時間の経過とゴルフのプレーや雨水などにより

徐々にダメージが蓄積し・・・



ついにソールが割れてしまいました。



同じく作り直すことはできませんがスパイクの受けのネジ穴に問題がなければ

これを再利用しオールソールすることが可能なんです!!



R0016638.jpg 

ソールをバラして元穴の位置を新しいソールにトレース。


もちろんスパイクポジションのズレも起きません。


悪天候も考えで今回はラバーソールで交換して・・・



R0016652.jpg 



R0016658.jpg 



R0016656.jpg 

サイドのプレートも取り付け直せば出来上がり!

(ご希望がございましたらオイルドレザーソール仕様も可能です。)





R0016657.jpg 

外したスパイクもこの通りガッチリつきました。







R0016659.jpg 

通常の靴よりも過酷な条件下で使用されるゴルフシューズ。


このウェルト部分の傷みが酷いとソール交換ができません。

ケアの際にはこの張り出しのウェルト部分の砂を払い

クリームやオイルを入れてのお手入れがオススメです。



直せないと思って傷んだまま閉まっていたという声を良くお聞きします。


ソールを一新し、また履き慣れた靴でプレーを楽しんでみてはいかがですか?








( 銀座店 鳥海 )






2015/11/24|メンズ靴修理コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ。

   ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード