2017/03 ≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017/05
高級既製靴の最高峰といえばいくつか名前が挙がると思いますが、間違いなくその上位に挙がってくるのがEDWARD GREEN

202や808などの美しい名作ラストの数々や上質な革はもちろんですが、修理屋的にはつくりが特にいいですね☆

修理屋をしてますといろいろなメーカーの靴をばらしたり、成れの果てを見たりしますが、エドワードグリーンはいつ見てもいい(笑)


丁寧に釣り込まれれているため土踏まずのフィット感は最高ですし、つま先と踵の芯材までもが上質な革なので型崩れしにくい☆

アッパーに走るステッチやソールとウェルトを縫い合わせているアウトステッチのピッチは細かくかつ正確☆

コバの仕上げは美しく、ファジングやヒールウィールも完璧☆


型崩れがすごかったりステッチが不安定だったりすると修理もしにくいのですが、エドワードグリーンはすごく修理しやすいです☆

修理しやすい靴は、もちろん修理の仕上がりもよくなります☆


繰り返し修理しながら長く履くための条件がそろったシューメーカーだと思います☆










 P2151762.jpg

まず1足目はチェルシー、定番のドレスシューズです。

よく手入れされていて、ぴかぴかですね☆



P2151765.jpgP2151768.jpg

ハーフラバーソールとヴィンテージスティールで補強してありますが、ハーフラバーソールがすり減ってひび割れてきていますね。

ヴィンテージスティールはハーフラバーソールの上から取り付けていますので、ヴィンテージスティールを残してハーフラバーソールだけ交換することはできません。
しかし、ハーフラバーソールを交換するころにはソールの返りがでていてヴィンテージスティールをつける必要がない状態になっていたり、ヴィンテージスティールもある程度削れていて交換の時期になっていたりします。



P2191823.jpg
P2191826.jpg

今回は両方新しく交換しました。

十分にソールの返りが出ていましたが、やはりヴィンテージスティールをつけておけば安心ですね☆



P2191827.jpgP2191820.jpg

ハーフラバーソールもヴィンテージスティールも薄いので横から見ても目立ちません。

コバがきれいに整いましたので、よりきれいに、シャキッとしましたね☆





P2151770.jpg

2足目はスエードのプレーントゥ、珍しいスプリットウェルト仕様☆

ドレスシューズのイメージが強いエドワードグリーンですがさすがはイギリスのシューメーカー、このようなカントリースタイルの靴もしっかり作っています☆



P2151772.jpg

ソールを見ると現行物では珍しくヒールにダヴテイルが、やはりカントリースタイルにはラスターよりダヴテイルのほうが似合いますね☆



P2151776.jpg
P2161785.jpg

まずはミドルソールまですり減ったつま先を革でお修理☆

厚めに革やラバーをつぎ足す場合、接着のみでは強度的に不十分なことがあるので今回のように釘を打つこともあります。



P2161787.jpg

ヒールも交換しました、もちろんダヴテイルでも釘の打ち方はエドワードグリーン式の3本寄せ☆



P2161784.jpg P2161788.jpg

こちらもコバが整ってシャキッとした感じがしますね☆





P2161803.jpg

3足目は黒カーフのアデレード&ウィングキャップ

私は初めて見ました、珍しいモデルですね☆



P2161806.jpgP2161807.jpgP2161811.jpg

つま先はラバーで補強されているので今回は大丈夫、ヒールは交換の時期です。



P2191814.jpgP2191816.jpg

もちろんラスターの釘は3本寄せ

履いてしまえばほとんど見えない部分ですが、こういう細かいところにこだわるからこそエドワードグリーンらしさが表現できるのです☆





P2151781.jpg

最後は新品のチェルシー、まだ何色にも染まってません(笑)

いい革は磨くほどに目が詰まって艶がでてきます、履くほど魅力が増していきますので、これからが楽しみですね☆



P2151782.jpg

ソールの仕上げも美しい☆

エドワードグリーンのコバやソールの仕上がりは、ユニオンワークスでもお手本として長年研究しております☆



P2161791.jpgP2161793.jpg

履き下ろす前の定番カスタム、ハーフラバーソールを装着しました。

かっこいいけど滑りやすいレザーソール、これでかなり歩きやすくなりますね☆



P2161797.jpg

もちろん横から見てもほとんど目立ちません☆



P2161801.jpg

この角度から見ればラバーが貼ってあることは全く分かりませんね☆











・Half Rubber Soles¥3,500~
・Vintage Steels¥4,000~
・Leather Toe Tips¥3,000~
・Dove Tail (ダヴテイルヒール)¥4,500~
・Quater Rubber(ラスターヒール)¥4,500~
  (税抜)








工場に直接靴を送っていただいてのお修理も大歓迎です。 


How To Order :http://www.union-works.co.jp/contact/

Web Repair :
http://unionworksrepair.com/#!/ 

Web Shopping :
https://unionworks.stores.jp/#!/




(工場 森田)




2016/03/01|エドワードグリーン コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ。

   ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード