2017/08 ≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017/10


本日水曜日はユニオンワークス全店お休みを頂戴しておりますのでご注意ください。


P7092140_20160727004744838.jpg

こちらはSalvatore FerragamoのCap Toe、シンプルながらも大きめのキャップや程よいスクエアトゥなどイタリアらしい主張のある靴ですね☆



P7092143_201607270047473e4.jpg

ソールはそこそこ減ってますが、まだオールソールには早いかな?



P7092141_2016072700474559f.jpg

よく見ると飾りウェルトが思いっきりかけています!!

※グットイヤーウェルテッドの場合ウェルトはアッパーとソールをつなぐパーツですが、今回のようにマッケー製法の場合はよく飾りウェルトが使われます。

 飾りと言われるだけあって、なくても靴としての機能に問題はありませんが、マッケー製法ながらコバを張り出させたい場合などはこのパーツがあるとよりきれいな見た目になります☆

こうなってしまうと飾りウェルトは交換するしかありません、そしてソールを全て外さないと飾りウェルトの交換はできません(涙)

ソールはあまり減っていませんが、飾りウェルトを交換するためにオールソール交換をします。



P7092144_20160727004748037.jpgP7092145_20160727004750780.jpg

こちらが今回使用する飾りウェルト、元々は生成り色でしたが靴に合わせてダークブラウンに着色しました☆

ファジングが一切ないところがイタリア靴っぽいんです、これにギザギザのファジングが入ると一気にイギリス靴っぽくなってしまいます。





P7262175.jpg 

ここからは修理後

かけていた飾りウェルトは交換されてばっちりきれいになっています☆



P7262169.jpg

ソールはオリジナルに忠実にレザーのチャネル仕上げ(Aプラン)。

きれいに仕上がりましたね☆



P7262172.jpg

コバの仕上がりもいい感じ☆



P7262171.jpg

ヒールはイタリア靴らしくラスターの真鍮釘4本+ラバーの面積大き目☆

※イギリス靴は真鍮釘多め+ラバーの面積小さめが主流です。



P7262167.jpg

いい感じに仕上がったのではないでしょうか☆

アッパーの状態も良いので(さすがはフェラガモ、いい革使ってます)、まだまだ活躍してくれると思います☆













・飾りウェルト交換  ¥3,000~ (今回は¥5,000)

・オールソール レザーAプラン ラスターヒール  ¥22,000~ 

今回のお修理期間は、3週間でした。













工場に直接靴を送っていただいてのお修理も大歓迎です。 


How To Order :http://www.union-works.co.jp/contact/

Web Repair :
http://unionworksrepair.com/#!/ 

Web Shopping :
https://unionworks.stores.jp/#!/

UNION WORKS  Home Page : http://www.union-works.co.jp/


(工場 森田)










2016/08/01|メンズ靴修理コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ。

   ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード