2017/09 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017/11
 
革靴の世界で´不朽の名作´と称されるお靴たち。
作り手からすると最大級の賛辞でしょうか。

定義は難しいですが、Edwardgreenの202やChurchsのConsul、J.M.Westonの180など
修理屋から見ても大事に履かれているなと感じるお靴は多くございます。





IMGP5665.jpg 

CROCKETT&JONES
1879年、イギリス靴の聖地ノーザンプトンで創業した老舗シューメイカー。

数あるデザインの中でBOSTONと名付けられたモデルをご存知でしょうか。







IMGP5592.jpg 

誕生は1993年。
何と今から24年前の事。
その間ずっと変わらず作られ、履き続けられたローファー。

CROCKETT&JONESの´不朽の名作´と呼ばれるモデルです。










IMGP5630.jpg 




IMGP5623.jpg 



IMGP5575.jpg 

永く履き続けられたBOSTONですが
昨年、2016年は名作ローファーの進化の年。

ラストの変更が行われました。
CROCKETT愛好家からの声をダイレクトに反映させたラスト376。

ウエストラインから踵へ向け大きく絞り込み、
ヒールカップは相当小振りに仕上げられています。

踵が小さいと言われる日本人の足にフィットし、履き心地がより向上しました。

この新ラスト376を採用し、生まれたのがBOSTON2でございます。






IMGP5446.jpg 





IMGP5440.jpg 





IMGP5425.jpg 
 

2016年に誕生したBOSTON2ですが、
昨年は生産量が少なくご用意することは出来ませんでした。

今年からユニオンワークスでも取り扱えるようになり、
今週末より販売予定でございます!

詳しくは後日ブログにてお知らせいたします。

ありがとうございました!


新宿店  長谷川



2017/03/13|その他の靴コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ。

   ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード