2017/08 ≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017/10
 

DSC05179.jpg 


昨年末に銀座店の入る奥野ビル2階にオープンしたThe Upper Gallery。

週末のみの営業ですが、
今年はJames LockSoundmanとイギリス靴以外で魅力的なモノをポップアップショップという形でご紹介してまいりました。

第3弾となる今回は【ヴィンテージウォッチ】

期間:7月29日(土曜日)、30日(日曜日)、8月5日(土曜日)、6日(日曜日)の4日間。

場所:The Upper Gallery(銀座店奥野ビル2階)


経年変化が魅せてくれる表情など靴とも重なる面も持っているヴィンテージの時計。
 当ブログをご覧頂いている方もお好きな方は多いのではないでしょうか。


この度、The Upper Galleryでご紹介するお店は、火曜日のみ渋谷でひっそりと営業している

アドヴィンテージ
様。

イギリスのヴィンテージウォッチに特化し、ブランドネームには囚われない独自の視点と表現でヴィンテージウォッチの世界観を感じさせてくれる素敵なお店です。



それでは、以下アドヴィンテージ様より。




時計台 

ヴィンテージウォッチショップ〈アドヴィンテージ〉は、オメガやロンジンと言った名門ブランドだけでなく、それほど有名ではないブランドや、現在では存在していないメーカーが手掛けた腕時計を多数セレクトしています。

時計にとってブランドバリューは欠かせない価値であることは言うまでもありません。ですが、無名だからといって看過されてよい存在ということは決してありません。それらには一般には知られていない、秘められたストーリーが必ず存在します。同時に有名ブランドにも引けを取らない作りの良さと個性を持ち、何より美しい腕時計です。



ユニオンジャック 


革靴の面白さは、腕時計のそれと近い。私自身も革靴が好きで、今回ユニオンワークス様でトランクショーを開催するにあたりそんなことを考えました。その製造工程(ビスポークを除く)はもちろんのこと、ステッチやフォルムの細部にまで至るこだわりや、リペアしながら永く使うという独特の付き合い方まで、よく似ています。

そして同時に、大きく違う点も浮かび上がりました。それはブランドの存在感です。

革靴の場合、ブランドネームよりも靴自体のクオリティが前面に出ることが多いと思います。良質な靴は外見だけでもそれと分かります。ブランド名は靴の内側に記載されているため外からは分かりませんが、革の質感やステッチの仕上がり、全体のシルエットでブランドの見分けがつくと言う人も少なくありません。良い靴だなーと思って内側のブランドネームを見て、なるほど、と納得することも多々あります。

しかし腕時計はと言うと、何よりもまず文字盤に誇らしげに冠されたブランドロゴに注目が集まるようにできています。ブランドネームで良し悪しが判断されやすい分、良い時計でもブランドバリューに乏しいと見向きもされないことも多い。特に日本人はそのような傾向が強いように思います。



スミス 


アドヴィンテージの主な仕入先、英国では、皆さんが想像する以上に良質なヴィンテージウォッチが充実しています。それらは日本人には馴染みがなくても、現地では名の知れた老舗メーカーだったり、ジュエラーだったりします。とりわけ〈スミス〉という英国生まれの腕時計メーカーは、アドヴィンテージの世界観を体現しているブランドのひとつ。決して派手さはないものの、質実剛健にして上品、かつ個性的なラインナップは、腕時計の醍醐味を再認識させてくれる数少ない存在です。比較的保存状態が良いのも特徴で、これは英国人のモノに対する付き合い方に依るところが大きいのかもしれません。

巨大なホールディングカンパニーが無数の傘下ブランドを恣意的に操作して成り立つ現行品とは違い、各ブランドの良さが素直に表れているのもヴィンテージウォッチの魅力でもあります。アドヴィンテージが選ぶ、知られざる「本物」の味わいを是非お店で体験して下さい。


※アドヴィンテージで販売する腕時計は、すべてオーバーホールを済ませ、動作保証を付帯してお渡ししています。一本一本異なる性格を持つ各個体を丁寧にメンテナンスし、お引き渡しの際にも使用上の注意点や保証内容をわかりやすくお伝え致します。またヴィンテージウォッチに関するあらゆるご相談を受け付けておりますので、是非お気軽にお問い合わせ下さい。



ロンジン 






いかがでしたでしょうか。

当日は50本以上のヴィンテージウォッチが店頭に並び、実際に手に取ってご覧頂けることに加えて、アドヴィンテージ代表の方にも4日間全て店頭にお越し頂きますので、1本1本にまつわるエピソードを伺える良い機会になるかと思います。
ご興味ある方は是非お立ち寄りくださいませ。

それでは、後日商品紹介の記事もアップ予定ですので、どうぞご期待ください。

ありがとうございました。


銀座店 長谷川



2017/07/18|イベント、SALE情報コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ。

   ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード