2018/05 ≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018/07
IMG_5908.jpg  

おかげさまで大好評のBONCOURAジーンズ☆

全てに拘ったジーンズですが、今回注目するのは生地!!

BONCOURAデザイナーの森島氏は生粋のデニムマニア☆

・原綿の産地、配合
・紡績(綿花から糸を紡ぐ工程)
・ロープ染色
・旧式の力織機

等々、デニム生地作りに関わる全てにおいて拘っています!

綿花以外は全てメイドインジャパン☆
各工程厳選された工場・職人の手で作られているそうです☆

なんと100枚以上のサンプルを作り、1年以上かけて作り上げた入魂の生地になります☆












IMG_5901.jpg IMG_5906.jpg 

こちらはリジット(新品)の生地のアップ、白い細かい毛羽立ちが見えます。

勿論この毛羽立ちもヴィンテージデニムに見られる特徴、この毛羽立ち具合までも計算して作られています☆


以前BONCOURA発信基地である大阪の【SALON BONCOURA】に伺ったとき、
オリジナルLEVI'S XX(1950年代)デッドストックとボンクラデニムとを触り比べさせて頂きましたが、
毛羽立ち具合やザラっとした肌触りなどほとんど一緒!
新しいものを作るのも大変ですが、ここまでのクオリティーで古いものを再現するのも凄いことだと思います☆


デニムマニアにはわかると思いますが、すごい生地ですよ☆




と、前置きが長くなりましたが、デニムの醍醐味はやっぱり色落ち☆

BONCOURAデニムはくっきりと濃淡の出る色落ちが特徴。

色は森島氏こだわりの深い濃紺、ロープ染色ではオリジナルの染色濃度が決まっており独特の色落ちが再現されています☆
























IMG_5386.jpg

工場にてオールソールとメンズレギュラーを担当する馬場、一心不乱に作業をしています☆

履いているのはBOUCOURA66、ワンウォッシュから履き始めて5か月位 。
工場での作業着としてほぼ毎日履いています。




IMG_5388.jpg

普段から床に膝をついて作業することが多いためか、膝の色落ちが凄いですね☆





リアルワーカーのデニム、細かく見ていきましょう☆







 IMG_5898_20180605003538486.jpg 

馬場の受け持つ作業は小さい椅子に座ってのことが多く基本的にしゃがんだ様な姿勢が多いためか、
膝裏のハチノスはいい感じに癖がついています☆


また座っている時間が長いためか、お尻のあたりの色落ちが早いですね。



IMG_5335.jpg

作業で使うボンドやステインの汚れもリアルワークウェアならでは、いい感じです☆



IMG_5339.jpg

耳の当たりもいい感じに出てきていますが、もう少し頑張りたいところ☆



IMG_5337.jpg

少しゆったり目で履いているためかヒゲはうっすらと☆



IMG_5350.jpg

裾の当たりもいい感じ☆






ここからはリジット(右)と並べて見てみます。

IMG_5888.jpg 
IMG_5910.jpg 

ウォッチポケット



IMG_5887.jpg 
IMG_5913.jpg 

全体的に青みが増しています☆



IMG_5891.jpg

革パッチもいい味が出てきてます☆

特に手入れをしたわけではありませんが、艶が出てきていますね。

たまに無色のクリームを塗りこめばもっと良くなるかも!? 今度試してみます☆



IMG_5348_20180607021922114.jpg 

リアルワークウェアとして5か月ですが、大分いい感じになってきてるのではないでしょうか☆

これからが楽しみですね☆










このデニムですが、森島氏おすすめのお手入れ方法を実践しております。

①リジットのままは履かずに、1度洗濯をする。
→Boucouraデニムは洗うとリジットに比べて5㎝くらいは縮むので、
リジットのまま履いて膝のあたりが出た状態で洗うと せっかくついた膝のあたりがずれてしまう恐れがあるため。

②履き始めたら3か月位は洗わない。
→履き始めの硬い状態で長く履くことにより自分の体に合った癖(しわ)がつき、ヒゲやハチノスなどがくっきりと出やすくなるため。

③3か月経った後はできれば1か月に1度は洗濯をする。
→履く頻度にもよりますが、あまり汚れを放っておくと汚れが酸化して生地を傷めることがあり、黄ばんだり茶色く変色してしまう恐れがあるため。

④洗うときは裏返す。
→洗濯機の中で同じところばかり当たって部分的に色落ちしてしまうのを防ぐため。

⑤洗うときにはボタンをすべて閉じて洗う。
→ボタンの当たり(色落ち)が出やすくなります。

⑥洗剤は中性洗剤を使う。
→余計な色落ちを防ぐためにも漂白剤は使わないほうがいいと思います。

※あくまでおすすめのお手入れ方法で、絶対ではありません。

デニム専用の洗剤を使う人もいますし、一切洗わずにリジットのまま根性履きする方もいると思います。

凄く丈夫なジーンズですのであまり気にせず履かれるのがいいと思いますが、
長く楽しむためにも参考にしていただければと思います☆





店頭にはワンウォッシュサンプルがありますので、是非試着しに来てください☆



ウェブショッピングでも購入可能です☆

BONCOURA / XX
 Size / 26~34inch
 Price / ¥28,000+Tax


BONCOURA / 66
 Size / 26~34inch
 Price / ¥28,000+Tax











ヴィンテージを意識した本気デニムのboncouraとは対極のジーンズ、
しなやかな生地に洗練されたシルエットが特徴のヨーロッパ系デニム【RICHFIELD】もよろしくお願いします☆

RICHFIELD / J-1
 Size / 27~33inch
 Price / ¥22,500+Tax


RICHFIELD / J-2
 Size / 27~33inch
 Price / ¥23,500+Tax

























関連記事

・BONCOURA(ボンクラ) 始めました!
 
http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2406.html 


・BONCOURAデニム
 
http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2429.htm


・Boncoura デニム、XX(ダブルエックス)のエイジング。4ヶ月目!!
 
http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2451.html


・BONCOURA "66"
 
http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2423.html


・BONCOURA "XX"
 
http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2422.html


・BONCOURAの縮み「66」
 
http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2471.html























忙しくて店舗にご来店いただけない方も多いかと思います。

工場に直接靴を送っていただいてのお修理も大歓迎です。

ただいまDMを一緒にお送り頂ければお修理代金10%OFFになります☆
※期間が今月いっぱい(6/30まで)となっておりますので、ご注意ください!!


※DMですが、次回よりカスタマー登録済の方にのみお送りいたします。

カスタマー登録がこれからの方は弊社ホームページのCUSTOMER REGISTRATIONからお願いいたします。

カスタマー登録の詳細はこちらをご覧ください。

① http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2390.html

② http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2393.html


お手数をお掛けいたしますが、ご登録よろしくお願いいたします。



How To Order :http://www.union-works.co.jp/contact/

Web Repair :
http://unionworksrepair.com/#!/

Web Shopping :
https://unionworks.stores.jp/#!/





工場 森田

2018/06/11|ウエア、その他||トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ。

   ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード