FC2ブログ
2018/10 ≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018/12



IMG_5455.jpg



今回お持ちいただいたのはクロケットアンドジョーンズの『MORETON』。


オン、オフ問わず活躍でき、流行に左右されない普遍的なデザインが魅力ですね☆


では早速お靴を拝見していきます。



IMG_5456.jpg



IMG_5463.jpg



ソールはダイナイトソール。
凹凸により生み出される高いグリップ力と、側面から見ても凹凸が見えないデザインのため、カジュアルスタイルはもちろんのこと、ドレススタイルにも合うのが特徴です。



IMG_5457.jpg



つま先は削れてきていて、



IMG_5458.jpg



トップピースは、2層目のレザー近くまで削れてきています。



IMG_5459.jpg



IMG_5460.jpg



また、両足のカウンターライニングにダメージがあり、



IMG_5461.jpg



IMG_5462.jpg



ライニングの、おそらく小指が当たっている部分でしょうか。
左足の外側は小さく、右足の外側は大きく、穴が空いています。
破れに気付きにくい部分ではありますが、放っておくとアッパーまで貫通してしまうことも…


今回は、ソールのつま先、トップピース、ライニングのお修理をさせていただきます。


ここからはお修理後のお写真。



IMG_5464.jpg



IMG_5465.jpg



IMG_5475.jpg



IMG_5468.jpg



IMG_5469.jpg



つま先はソールと同じラバー素材で継ぎ足してお修理しました。
ラバーソールの場合、オールソールまでは基本的に、この方法でつま先をお修理していくことになります。



IMG_5471.jpg



IMG_5470.jpg



トップピースはオリジナルと同じ、ダイナイトヒールで交換しました。



トップピースの凹凸が蘇り、元々のグリップ力を取り戻せたのではないでしょうか。



IMG_5472.jpg



続いてはライニング。
カウンターライニングは、ライニングの色に近い新しい革を貼り、貼った革が剥がれてこないよう、トップラインのステッチを使って縫い留めて、お修理しました。


トップラインで縫い留める事により、脱ぎ履きの際に革が剥がれてくる事がありません。



IMG_5474.jpg



IMG_5473.jpg



小指が当たっていて破れがあった箇所は、革のパッチを貼ってお修理しました。


ただ革のパッチを貼るだけではなく、ライニングに近い色の革を、穴の大きさに合わせて楕円形に加工し、革のパッチの裏面の外側を、限りなくゼロに近い薄さになるまで包丁で漉いて、ライニングに貼っています。


そうする事により、ライニングと革のパッチとの境目が滑らかになり、剥がれにくく、足当たりが自然になり、革のパッチを貼っている違和感が無くなります。



アッパーの汚れや、ソールのつま先やトップピースのすり減りなどは、気付かれる方が多いと思いますが、ライニングは覗いてみると、気付かないうちに破れて、穴が開いている事が多いです…


たまに靴の中を覗いて、様子を見ていただくと、良いかもしれませんね☆


ライニングの破れ、またその他に気になる点や、お修理が必要そうな箇所があれば、お気軽にお持ち下さい☆



temp-for-output-7.jpg



ただいまDMとお修理品を一緒にお待ち頂ければ、お修理代金10%OFFになります☆
詳しくはコチラをご覧ください。



DMは、カスタマー登録済の方にのみ、お送りしております。
カスタマー登録がこれからの方はコチラからご登録いただけます。


カスタマー登録についての詳細は下記からご覧ください。


http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2390.html


http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2393.html


皆様のご来店、お待ちしております。


ありがとうございました。


渋谷店 新宿店 中田


2018/09/14|その他||トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ。

   ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード