FC2ブログ
2019/07 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019/09
 
010_20190131230418166.jpg

今年はトリッカーズが190周年の年。

190周年、改めてすごい歴史ですね。

まだ日本は江戸時代です。

現存するノーサンプトンのシューメイカーの中では一番古いようですね。















010_2019013123063996a.jpg 

もはやトリッカーズの代名詞と言えるほどのカントリーシューズ。

ブローグシューズはアイコン的な存在として、

多くの人に認知されているのはほんとに凄いなと思います。























005_201901312306317bd.jpg

今ではファッションアイテムとしての位置づけが強いかもしれませんが、

当初は、当時高級志向の強まっていた時代背景も伴い、

究極の田舎靴として人々の足元を支えていたようです。










007_201901312306343cf.jpg

ユニフォームやミリタリーなどにも通じるところがあるかもしれませんが、

それらは機能を考え、たどり着いた先にあった機能美というものが確立され、

長い時間を経ても残り続けている物がたくさんあるように思います。

この靴もそんな一面を持った靴なのではないかなと思わずにはいられません。

だからこそ、どこか惹きつける何かがあるのかもしれません。














002_201901312306273d0.jpg

先程ファッションアイテムという言葉を出しましたが、

ある意味では全くその分野には属さない物でもあるのかもしれません。

流行り廃りが目まぐるしく変わる中、

これらは変わらずに存在し、しばらく履かない時期があったとしても

またいつか引っ張り出してきても履くことができる靴というのも面白い靴だと思います。















004_201901312306307f7.jpg

機能という点においてはこのダブルソールとストームウエルトは、

未舗装の田舎道にはとても有効だったのだと思います。

その反面、重さや硬さ、馴染むまでの時間など初めから履きやすいとは言えないかもしれません。

しかしそれを超えて自分の物になってきた瞬間を感じられたとき、

きっとそれはお気に入りの1足になってくれていることと思います。















002_20190131230410007.jpg

そんなトリッカーズですが、別注などを始めて扱い始めてから

早10年が経とうとしていると記憶しています。

王道のブローグカントリーシューズや、











001_20190131230409244.jpg

ブローグカントリーブーツ。

定番のアイテムがいつでも買える場所を理想とし、

我々が思う当時のエッセンスを少しだけ加え、扱い続けております。










005_20190131230414e85.jpg

イミテーションキャップブーツ。

GRASSMEREとしてカタログにのっているものとデザインは同じですが、

アッパー素材やウイズ設定など、過去存在していた物を参考に変更し別注した1品です。

ブローグとはまた違った表情を持ち、

飾りが少ないからこその革の表情の変化を楽しむのも一つ、

という履き方も面白いのではないでしょうか。












003_20190131230412dba.jpg

キャップトウカントリーシューズ。

意外とありそうでなかった1品です。

シンプルなデザイン、かつシューズタイプというスタイルは、

なにかと便利に履きまわせるアイテムであると思います。










007_201901312304156f7.jpg

ジョージブーツ。

カントリーシリーズではありませんが、

別注を始めるきっかけになったこれらは外せない1足です。

細身の木型はトリッカーズのイメージの中では’らしく’ないかもしれませんが、

こういったものも作っています。

ジョージブーツは足元が不思議とカッコよく決まりますし、

裾のラインも綺麗に見せてくれるのも見逃せません。











008_20190131230416c57.jpg

最後にブローグカジュアルズ。

過去のアーカイブの中から制作をお願いした1足。

デザイン自体は昔からある靴だと思いますが、

近年あまり見かけなかったので別注をかけました。

スリップオンタイプですので脱ぎ履きが楽でクセになります。

ローファーとはまた違った表情のスリップオンです。













012_20190131230640a31.jpg

今回は、トリッカーズの190周年の年という事で改めて振り返ってみました。

日本の中で作られたイメージというものもあるのかもしれませんが、

イギリスの靴の中の一つとして、楽しめる1足ではないかと思います。

ぜひご興味ございましたら一度お試し頂けたらと思います。

本日も皆様のご来店お待ちいたしております。




新宿店 花田

2019/02/02|トリッカーズ||トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ

ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード