FC2ブログ
2020/07 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020/09
 
007 (2)

愛用しておりますラザフォードのミュージックバッグ。

なんとも使い勝手がよく、デザインとか大きさとかなんだかちょうど良く飽きも来ないので

気が付けば8年物になりました。










001 (2)

改めて比べてみたら、よく言えば表情が出てきたなと。









003 (2)

見る人によってはくたびれているだけなのかもしれませんが、

自分にとってはこの方が良いんです。







004 (2)

傷もどっかで付きました。

でも、これが自分の目印になっていたり。

味と言ってしまえばそうなのかもしれませんが。

それでもコバは綺麗にしようかなと写真を撮りながら思ったり。








002 (2)

ハンドルは常に持つところなので他とはまた違った表情にも。








006 (2)

ブラスのバーもよく触るところなので、

使ってきたなっていう雰囲気が出てきたかなと。

思い立った時に程度ですが油分補給を行って、また艶も出て、と。

まだまだ今後が楽しみになります。

もともととても丈夫な革なのでほっといてもいいくらいなんでしょうけれど、

たまにはケアしてあげたいですね。

特によく動くところや力がかかる箇所なんかはやってておくと安心ですからね。

いじっていると楽しくもなってきますし、愛着もでてくるのは革物の良いところです。











012 (2)

新品のブラックはこんな。

革はハリハリでビシーッとしてます。







013 (2)

バーを持ち手に引っ掛けるスタイルはアイコン的なディテール。

バランス悪そうですが、不思議とこれで大丈夫です。






014 (2)

バックスタイルもとてもシンプル。






016 (2)

ハンドステッチが映えます。

どんどん改良もされ、最近のはとても綺麗です。









017 (2)

中もシンプルに一室。

マチもこれだけありますので、いろいろ入ります。







020 (2)

開けるのがめんどくさいとき、挟めるものは挟んでみるのもあり!?







018 (2)

ブライドルレザー、リネン糸、ソリッドブラスバー、

オールUKでMade in England。

かつてのメーカーであるシャトルワース社は幕を閉じましたが、

それを伝え残そうとするラザフォード社。

長い間置き去りにされていた古い工具や型紙、機械などをオーバーホールし

かつて生産されていたのと同じ土地、チェスターにて生産をしています。

その始まりはこのミュージックバッグでした。








009 (2)

ただ今ご用意できます在庫は、

ジンジャーナット。







010 (2)

チョコレート。






011 (2)

ネイビー。

と、前述のブラック。







008 (2)

ユニオンワークス各店にてご用意いたしております。

Rutherfords Music Bag

¥55,000+TAX





カジュアルはもちろん、ジャケットを羽織るスタイルにもよく似合います。

とても便利に使っています。

当時の面影を今に伝えるラゲッジアイテムだと思いますので

よかったら使ってみてくださいね。

皆様のご来店お待ちいたしております。





IMG_7833.jpg

最後に!

こちらのDMでの修理代10%OFFが23日(日曜日)で最終日になります。

ご依頼物がありましたら是非この機会にご利用ください!




新宿店 花田


2019/06/22|ラザフォード バッグ 鞄||トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ

ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード