FC2ブログ
2020/07 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2020/09

IMG_9977.jpeg

 
ショーツやリネン素材等、真夏のリラックスした装いの
足元を彩るに欠かせないドライビングシューズ。
中でもイタリアのTodsのドライビングシューズは定番の1足ではないでしょうか。 
 


IMG_9980.jpeg 



屈曲性の良さ、足当たりの柔らかさ等、快適な1足です。
それ故、一度履いてしまうとそのはき心地がクセになり
休日はもっぱらドライビングシューズに足が伸びて
ついつい履き過ぎてしまう方も多いのではないでしょうか。

 
 


そんなドライビングシューズのお修理でよくあるのが 
 

 
IMG_9983.jpeg 
 
つま先が地面に擦れて色が退色してしまったり、
  
 


IMG_9979.jpeg  
 
かかと側が破れてしまっている例です。 

  

 
IMG_9978.jpeg 
 
ドライビングシューズはソールがアッパーの内側に控えられて設計されている靴が多いので、
履き込むと上記の様になってしまいます。

 
 
 
IMG_0070.jpeg 
  

ですのでオールソールを行いアッパーが地面に擦らない様にお修理させていただきました。
 
 
 

 
IMG_0071.jpeg 

新しいソールはアッパーが擦らない所まで張り出させていますので、 
 


 
IMG_0074.jpeg  

IMG_0073.jpeg  
 

 
IMG_0072.jpeg 
 
歩行時にうっかりアッパーを地面に擦る事もありません。
 


IMG_0079.jpeg 

ソールの張り出し具合も上から見ると全く分からなく、
 

IMG_0075.jpeg  

  
覗き込む様に見てようやくソールが見える位ですので、 
外観の雰囲気もあまり変わらないのでお勧めのお修理です。

 
 
 
IMG_9989.jpeg 

使うソールにはある程度のクッション性、
 
 IMG_9987.jpeg 
 
屈曲性の良いラバーソールを使用してますので、 
出来る限り足当たりの良さ、歩行のし易さは損なわない様に仕上げています。

  
 


 IMG_0081.jpeg 


今回お修理したオールソールはリピートされる方も多いメニューです。

お困りのドライビングシューズをお持ちでしたらお気軽にご相談下さい。

ご来店が難しい場合はご配送でのお修理も承っておりますので、
是非そちらもご利用下さい。


新宿店  フナヤマ





2020/07/08|メンズ靴修理||トラックバック(0)TOP↑
この記事にトラックバック
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ

ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード