FC2ブログ
2019/06 ≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019/08

IMG_2603.jpg

現在発売中の雑誌 「UOMO」


IMG_2610.jpg

本誌連載の「男子自身」、今回は外苑前の特集です☆


IMG_2604.jpg

その中で青山店を取り上げていただきました!

誠にありがとうございます。

外苑前の素敵なお店がいろいろと紹介されており、
休みの日に出掛けたくなる、とても面白い内容です!

ご興味ある方是非お手に取ってみてください。


連載の冒頭にもありましたが、青山店があるキラー通り

何やら物騒な名前ですが、諸説ある由来の一つに

「この通りに出店してもすぐにつぶれてしまうから」という理由があるそうです。



ユニオンワークスがこの地に店を構えてから今年で15年☆

キラー通りのジンクスに負けずにここまでやってこられたのは
ご利用くださる皆様のお蔭です。


日頃の感謝の意を込めて

7月中はお修理後の返送料無料キャンペーンを実施しております!

ご利用条件はカスタマー登録のみ。


弊社ホームページから

IMG_E2607.jpg

IMG_E2608.jpg

こちらの「CUSTOMER REGISTRATION」をクリックしていただくと登録画面に進みます。

※ご登録いただいても、営業メール等はございませんのでご安心ください。


詳しくはこちらのブログにて↓

http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2701.html


前述でも申し上げましたが、今年で青山店は15周年。

今後も皆様にご利用していただける靴修理店であり続けたいと思います。

IMG_2611.jpg

最後までお付き合いいただきありがとうございました。



青山店 新宿店 山田

2019/07/03|掲載記事||トラックバック(0)TOP↑
 
涼しい日の翌日は猛暑日になったりと、体調管理に苦戦しています。

皆様如何お過ごしでしょうか。


IMG_3021.jpg    

この度、日頃のご愛顧に感謝し

7月限定でお修理品のご返送料をサービスします!

ご利用条件は
カスタマー登録のみ。  


弊社HPよりカスタマー登録していただければ、お修理ご依頼の際にご返送料が無料になります☆

※沖縄・離島は対象外となりますのでご了承くださいませ



複数足ご依頼の際や、再度ご来店が難しい場合など

便利に使っていただければ幸いです。


配送にて、お修理ご利用のお客様も対象になります。

お送りいただく際は、これまで通り元払いでお送りいただきますが

返送時に掛かる¥810~¥324をユニオンワークスが負担します!


IMG_3019.jpg

 
この機会に是非ご利用くださいませ☆


カスタマー登録いただきますと、他にも様々な特典がございます。 

詳しくはコチラ


皆様のご利用を心よりお待ちしております!


工場あおき



2019/07/01|イベント、SALE情報||トラックバック(0)TOP↑
 
012 (2)

2カ月ほど前、

初のトリッカーズのイギリス以外の路面店が青山骨董通りにオープンしました。

そのオープニングパーティーにお邪魔させていただいた時の様子。







011 (2)

イギリス以外で初の出店がここ日本というのは大変嬉しく凄い出来事だと思いました。

そして更に凄いことに、

イギリスのジャーミンストリートのお店をそっくりそのまま再現してしまったこと。

ここ日本であの雰囲気を味わえてしまうのはトリッカーズ好きな方だけにとどまらず、

イギリス好き、靴好きにとっても盛り上がる出来事ではないでしょうか。







014 (2)

入口から雰囲気そのまま、テンションが上がりました。






015 (2)

様々なアイテムが見られて、お買い物ができるのは嬉しい限り。






016 (2)

フィッティングスタイルも本国のスタイルでおこなっていただけるのもいいですね。

ストックの表示の札は実際にトリッカーズのスタッフさんが一つ一つ書いてくれたそうですよ。

本国からの備品などがディスプレイで使われていたり、

いろんなものがたくさん詰まった空間です。

大きさもほとんど同じくらいですかね。



なんといっても今年はトリッカーズの190周年のスペシャルイヤー。

その節目の年に国外初の路面店オープン、

これを機に、トリッカーズしかり、靴、イギリスというものが

また一層盛り上がってくれることを願うばかりです。



そんな190周年ということもあって、

弊社もちょっと特別なものを仕込んでみましたよ~

実際の販売はもう少し先ですが、

ちょこっとだけ画像にてご紹介してみたいと思います。

正直かなりマニアックな内容ですがご覧くださいませ~






001 (2)




004 (2)




008 (2)





007 (2)






005 (2)






009 (2)

いかがでした?

また販売時期が近づいてきましたらお知らせいたしますので、

気になっていただけたようでしたらぜひお楽しみに!




さてさて、お楽しみは本日6月29日(土)にもございますよー

以前にも一度開催させていただきました、靴の買い取りイベント!

本日も銀座店2階 The Upper Galleryにて行います!!

あれやこれや、履かなくなってしまった靴がございましたら

ぜひご利用になっていただいてみるのはいかがでしょうか?

詳しくは ↓ 過去記事をご覧になられてみてください。

http://unionworks.blog118.fc2.com/blog-entry-2696.html



それでは、本日も皆様のご来店お待ちいたしております。



新宿店 花田

2019/06/29|お知らせ||トラックバック(0)TOP↑



最近持ち込まれる靴の中でよく見かけるようになってきたのがローファーやスリッポン、サンダルなどの足元を軽やかに装ってくれるシューズ。


修理はもちろん、ヴィンテージスティールやハーフラバーソールの事前補強での持ち込みも多く、これからの時期に向けて梅雨が明ける前から準備をされている方が多いです。



IMG_8848.jpg



今回持ち込まれた『CROCKETT&JONES』の『CAVENDISH3』もその中の1足。
今シーズン気持ち良く履き始められるようにお修理させていただきました。



IMG_8850.jpg



まずはソールのつま先。
ウェルトギリギリまでソールがすり減っています。


つま先がすり減りすぎてしまうとソールの張り替え時にウェルトの交換も必要になり大掛かりな修理になってしまいます…
つま先はこまめに減り具合をチェックしておくと良いかもしれません。



IMG_8861.jpg


IMG_8862.jpg



つま先の補強方法はいくつかありますが今回はソールと同じレザー素材での継ぎ足し。
同じ素材なので良く馴染み、サイドから見てもほとんど継ぎ足した跡がわからないほどです。



IMG_8853.jpg


IMG_8852.jpg



トップピースもややすり減っているのでこちらも同時にお修理。



IMG_8863.jpg


IMG_8864.jpg



オリジナルと同じダヴテイルで交換。
飾り釘もオリジナルを忠実に再現しています。



IMG_8854.jpg



ソールだけでなくカウンターライニングにもダメージが。
脱ぎ履きを繰り返すうちにどうしても擦れてしまう所です。



IMG_8866.jpg



こちらは貼られていた革を外し、新たに近い色の革で交換させていただきました。
ライニングと同じスムース革でのお修理の方が馴染みは良いのですが、ローファーやスリッポンなどのシューレースのないタイプのシューズの場合ですとカカトが抜けやすいため、スエード地の革にしておくとスムース革に比べ引っ掛かりが良くなり踵が抜けにくくなるのでおススメです。



IMG_8859.jpg


IMG_8860.jpg



今回はソールのつま先の補強、トップピースの交換、カウンターライニングのお修理をさせていただきました。


お修理の内容によっては1ヶ月程いただく場合もございます。
履きたい時に履けるようお早めにお持ち込みいただくといいかもしれません☆



IMG_8905.jpg



また弊社では私も愛用しているチーニーのタッセルローファーが今年から新入荷しております。
これからの時期に活躍すること間違いなしのモデルなのでおススメです!


詳しくはコチラをご覧ください。


皆様のご来店お待ちしております。


ありがとうございました!


先日のブログにてとある疑惑をかけられ動揺を隠せない 青山店  中田



2019/06/26|メンズ靴修理||トラックバック(0)TOP↑
 最近、お修理と合わせて磨きのメニューのご依頼をいただく事がとても増えました。

中でもワックスにて鏡面磨きまでというリクエストが後を絶たないと言っていいくらい。

磨き専門のお店も増えて、今大注目の分野ですからね!

最近は毎日のように磨いてる気がします。

今日はその磨き、ケアということについて少し書いてみたいと思います。














005 (2) 

今回ご依頼いただいた2足のうちのこちらはエドワードグリーン。

赤めのワックスでの仕上げのリクエストをいただきました。









001 (2) 

もう1足はアルフレッドサージェントのVフロント。

こちらはまだまだ新しめな1足。








006 (2) 







002 (2) 

所々に擦れなどが見受けられます。













007 (2) 









003 (2) 

ヒール回りもしかりですね。











009 (2) 

それでは、まずは下処理&ベースケアを行っていきます。

ベースケアのクリームは、今回のブラウンにはこちらを使ってみたいと思います。








004 (2)

黒は黒のクリームで。

クリーム前の下処理は表面の古くなったワックスを落としていくのですが、

ワックスは艶を出すのに必要なものなのでクリームの中にも含まれています。

ある程度はクリームを馴染ませて拭きあげることで取り除けますが、

時々はしっかりと取り除いていただく事をおすすめいたします。

(面倒でなければ毎回行っていただくとベストではありますが)

「ワックスは使ってないから」という方も、意外とワックスが溜まってた!

なんてこともありますので、ぜひやってみてくださいね。

ステインリムーバー、もしくは最近ではハイシャインクリーナーというものがありますので

それらを使って落としておきましょう。









010 (2)





013 (2)

ということで、下処理とベースケアまで終えました。







011 (2)







014 (2)









012 (2)






015 (2)

スレやムラが落ち着き、滑らかですっきりとした表情になりました。

何より油分が革にいきわたり、しっとりと柔らかな手触りに。

靴を永くお履きいただくためにはここが大変重要な工程であると、我々は考えます。

いかに硬化を防いでしなやかな状態を保つか、

ソールが直せたとしてもアッパーが早くにダメになってしまってはもったいないですからね。

さて、普段のケアはここまでで十分ではありますが、

今回のリクエストは鏡面磨きまで。

弊社ではグラサージュというメニューでご用意いたしております。

磨き終わりましたアフターが以下になります。











004 (2)






006 (2)







007 (2)

分かりづらいですが、バーガンディーのワックスにてお仕上げしました。

ブラックはブラックのワックスにて。





008 (2)







009 (2)








010 (2)

皺が入らない芯が入ったつま先と踵を中心に

ワックスを薄く幾重にも重ねるように磨き上げていきます。

正直、お化粧要素が強い内容かとは思いますが、

ぶつけやすいつま先と踵、軽く擦れたくらいであればワックスの層が

アッパーの表面を直接擦ることから防いでくれることも期待できます。

とはいえワックスが塗り重ねられた層ですから、

ケアの際、油分や水分をしっかりアッパーに行き届かせたいときは

ワックスは取り除いてあげましょう。




本日ご紹介しましたケアや磨きも承っております。

靴をいつも以上に綺麗にしていきたいような

ここぞ!という時などにお試しいただいてみてはいかがでしょうか。

皆様のご来店お待ちいたしております。




新宿店 花田


2019/06/24|ケア用品、メンテナンス||トラックバック(0)TOP↑
プロフィール
ブログ内検索
キーワードを入れると関連記事が探しやすくなります。

ex Tricker's トリッカーズ

ダイナイト ベルトカット
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード